2011年 01月 15日

あこがれ

最近の話題といえばやはり気温ですか。

全国的にみると日本海側を中心に大雪が降っている状況が続き、その影響による事故や交通機関の乱れが起きているとのこと。
また、15,16日でセンター試験が行われるが、受験する側にとっては不安があるだろうと思われます。
天気の影響で到着が遅れそうでも必ず会場には来るようにとの案内があります。
スタートの時間を遅らせる場合があるので、とにかくみなさん諦めずに会場まで行ってほしいものです。

そんな寒い日が今年になって続いておりますが、私はというと風邪をひいておりません。
30代まではよく風邪をひいていて、最高では35,6歳のころに39,8度という高熱を出していたのを憶えております。
それが40代になったくらいから不思議と風邪をひかなくなり、いまでは年に一度あるかないかまでになりました。
これは何が原因かは全くわかりません。
40歳のころに何があったかと考えると先ず
○家を建てた
○オーディオ熱が再燃(笑)
などがあげられます。
(上記はあまり関係なさそう)

最近は冬でも勤務中は薄着で仕事をしております。
上は半そでヒートテックにワイシャツ。
下もヒートテックにチノパン。
これは昨年くらいからかと記憶しておりますが、とくにヒートテックを意識しているわけでもなく、何となく自然にそのようなスタイルになったのです。
あっ、薄着になった原因のひとつに、仕事用として支給された作業着がどうも好きになれずあまり着用していなかったのが挙げられます。
まあいかなる理由があったとしても今は風邪ををひかない日が続いていますので、この薄着も効果があるのかなあと考えております。

さて、本日我が家のシステムを構成している中から紹介するのは、
リーフツィーターのTechnicsEAS-10TH800Aです。
d0192112_750363.jpg

これは125Hzの広域特性を持つ、全面駆動式のリーフツィーターとのこと。
なぜリーフかというと、以前使用していたSPがTechnicsのSB-8000だったからになります。
違う云い方すると、JBLのツィーターあたりが欲しいのですが、「使えているから」を理由に購入の順番がなかなかまわって来ないからです。
将来的にはこのリーフは、4WAY+ONEとして使うようにしたいな と考えてます。(いつになることやら・・・)

ついでにエンクロージャーも紹介します。
d0192112_84234100.jpg

こちらも特に変更などとは考えもせず、ただツィーターと同様な理由からTechnicsのSB-8000の箱をそのまま使用しています。
ただ、こちらを使用している理由がもう一つあるのですが、それはやはりLE14Aが入っているからということもあります。
d0192112_8435324.jpg

このユニットに関しての最近の出来事についてはブログに載せているので省略いたしますが、ではなぜこれを採用したのかというと、これもまたツィーターと同じく「なやんだ」とか「いろいろ試聴した」とかではなく、単にユニット交換の選択枝が非常に少なかったからなのです。
当初、箱を変えるという考えはなくただ、ユニットを変えたらどんな音の変化があるのだろうかというのと、それよりもなによりも「JBL」に対するあこがれが一番強かったですね。
そうすると我が家の箱は少数派で天下無敵(?)の14inch。
なんの資料を調べてもLE14Aしか御座いません。
ということで現在のカタチになっていまに至っております。

しかし最近の我が家の音は、これまでと比べて(これまでがよろしくなかったせいか)大変素晴らしい音を奏でるようになりました。
今もブラームスの交響曲第一番がかかっていますが、体全体に浸みわたるような、多分その時の自分は穏やかな顔で聴いているのではないかとも思える(想像ですが)ストレスのない(少ない)音になっています。
私にとってこれは大変幸せなことです。
人気のあるブログの方が使用されているSP(コンシーケンス)がいま
「神様が舞い降りた」音になっておられるとのことです。
http://tannoy.exblog.jp/
このような表現の出来る音は非常に興味がありますが、きっと今の私と同じ(音は比較にはならないと思いますが)で穏やかな気持ちで音楽を楽しめているのだろうなという気持ちです。

これからもずっと音をよくする努力(楽しみ)は続けていこうと思います。

by pat_mthny7205 | 2011-01-15 09:17 | audio | Comments(0)


<< 何事も体力が必要・・・      POA-1500 >>