One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 03月 01日

everything happens to me

d0192112_2129892.jpg

KIRK LIGHTSEY TRIO WITH CHET BAKER/EVERYTHING HAPPENS TO ME

お気に入りのLPを紹介いたします。

録音は1983年3月14日です。
このころのCHETはやたらと録音をしており、何かの記事には薬代が欲しくてなんでも引き受けていたとか。
だからと云ってアルバムの出来が良くないかというと、私には大変素晴らしいと思えるものが多く、未だ手に入れていない作品があることを嬉しく思っております。
そんな私の所有している数少ない後期のCHET BAKER作品からMY FAVORITEアルバムです。

全6曲中、CHETが参加しているのは
[RAY'S IDEAS]とアルバムタイトルの[EVERYTHING HAPPENS TO ME]
の2曲のみとなります。
中でも[EVERYTHING~]はCHET作品の中でも最高傑作ではないかとさえ思えるほどです。

これはかつてフランクシナトラが唄っていたことで有名ではないかと思います。
歌詞はとても不憫に思えるほどの運がない(だけではないのかな)男のうたですが、これをCHETが唄うことにより更に切なさを帯びた内容になり、聴いていて本当に笑ってしまうほど悲しくなります。

また、何よりもワンコーラス(これが長い)ものトランペットソロは、何度聞いてもため息が出てくるインプロヴィゼーションです。
アーティストそれぞれにあると思われる、一生に一度の最高のPLAYがこの作品ではないでしょうか。

ちなみに私の所有しているアルバムは国内盤のため、ジャケットの写真がちがっています。
どちらかといえばこの国内盤の方がジャケットは良いと思うのですが、音質面を考え、何れはオリジナルを手に入れたいと考えています。

一枚のアルバムに対して参加が二曲だけと少ないようですが、この曲を聴くとそれ以上の価値が十分あると思います。

by pat_mthny7205 | 2011-03-01 22:05 | favorite | Comments(0)


<< 追悼      雨の月曜日 >>