2011年 03月 06日

おやっ

先日L側中低音の音が出ない症状が出たのですが、DENON POA-1500入力のRCAケーブルの接触不良との内容を昨日のブログにも載せましたけれども、その後また同様な状態になり少し不安な気持ちになりました。
しかし既に夜も遅かったので、布団に入ってあれこれと策を考えようと思っていましたが、あっという間に寝てしまいました。

そして目が覚めて早速オーディオがあるリヴィングに行く前に1F寝室の隣の部屋へ行き、以前使用していたSONYのTA-F505ESDを2Fへ担いで行きました。

そしてDENONとSONYを入れ替えてみる前に現状のまま音出しをしてみました。
昨日は左側の音量が若干低い状態でしたが、今朝はまったく出ませんでした。
d0192112_1935458.jpg

で、アンプを入れ替え早速音出しっ。

出ました。

何が原因かは正直いってわかりませんが、その時点で買い物の時間になったのでとりあえずそのままの状態で出かけることにしました。

その後帰宅し何をしたかと申しますと、
以前にもブログに載せましたが我が家は外から帰ったらまず風呂に入り花粉を落とさなければなりません。
それから家中掃除機をかけ、エアコンのフィルターのホコリ取り、それが終わったころにはみんな風呂から出ていたのですかさず風呂掃除。
そしてこれで終わりかと油断したらすぐに洗濯機が「ピ~」っと鳴ったので干す手伝い。

まだまだ続きまして、次は私のワイシャツと娘のブラウス、そして息子の給食当番の白衣をアイロンがけ。

ここまでやって終了です。

やっとオーディオの続きにとりかかるのですが、風呂に入る前にはL/R共に全帯域が鳴っていたのにもかかわらず、なぜかまたもやL側の中低音だけが出ないのです。

さてそこでRCAケーブルやSPケーブルのL/Rを変えてみたり、チャンデバのUNITを左右入れ替えてみたりと消去法で確認してみたところ、今回はSPケーブルのアンプ側端子の接触不良だったらしく、別のSP端子に差し変えたら、何事もなかったようにまたもや音が出始めました。

何か少し腑に落ちないところがあるのですが、現状音が鳴っているのでとりあえずこのまま使用し、POA1500は近いうちに修理に出そうかと考えております。

今もオーディオは問題なく鳴っておりますが、このSONYのアンプに変えてみた感想は、なぜか「濃い」印象です。
d0192112_1933622.jpg


CD PLAYERといいこのPRIMAINといい、これまでのSONYに対しての私のイメージが全く違って聞こえます。
単に他のシステムの影響が大きいためこのように変わってしまったのだろうことは予測できますが、それにしても一つのものの性格とでも申しましょうか、見(聴き)極めるのは大変難しいことです。

ですから、組合せ一つでこうも単体の音がかわってしまうのなら、音は人が創り上げるというのは間違いないと思います。
(部屋の影響はもっと大きいかな)

暫くおとなしくしたかったのですが、またまた出費です。

by pat_mthny7205 | 2011-03-06 19:54 | audio | Comments(0)


<< 不安な・・・      toko Ⅲ >>