2011年 03月 24日

透明Ⅲ

3日目です
9、[蝶のように]
この曲の歌詞は、どのような関係で、女性に何があって、いまどのようなシチュエイションで・・・
なんてわかるようでわからないです
不思議です
で、サウンド面ですがギターが殆どアルペジオで演奏されていて、しかも、ディストーションが掛かっているなんて、妙にこのメロディーに合っているように思えます。
いろいろ考えてますね

10、[ear candy]
なんといいますか・・・
これは妙に色っぽいというよりも私には相当エロティックだなあという印象の一曲です

歌詞の内容とメロディーがベストマッチ
さらに彼女の歌い方(これが色っぽくてイイ)がプラスされて、さあどうしましょう
途中ちょっと酔いがさめてしまうような歌詞があって残念ですが、全体でみるとすごくgood

タイトルからしてまたなんというか・・・

サウンド的には、2コーラス目に入る前のピアノのリフですか
ちょっとしたところですが気に入ってます

11、[地図]
これはまた珍しいテーマではないでしょうか
メロディーはひさしぶりに彼女らしいというかなんというか
楽器でのソロの際によくある「ゆびぐせ」のようなもので、じぶんにとっては顔がほころぶ瞬間です
この曲はサビが少ない音数で構成されているのためでしょうか、
さらに繰り返しが多いのも加わってちょっとくどいようなカンジも受けますが、
2コーラス目と最後のサビとのつなぎ(こういうのなんて言うんだっけ)が非常に効果的なスパイスのように感じます
d0192112_2101916.jpg

12、[片思い]
「ごめん君は悲しいのに少し 嬉しい」
さて、嬉しいのはわかるけれどそんな自分がいやになるでしょうね 
あとできっと

これも「できない」同様
「ともだちのふりをしていつつ、じつは相手に思いを寄せているヤツ」みたいな内容になりますが、
前曲と違うのは、まだ思いを相手に伝えていないところです

そして、振られた彼女を慰めていながら少し喜んでいるなんて、こいつはすきになれないタイプですね

音の面では、エレピが耳のすぐ横で鳴るような感じで思わず笑ってしまいます

以前はメロディーとともに歌詞も聴いていたのですが、そのうち歌詞の代わりにアレンジが気になるようになり、今は音質・アレンジ・メロディーの三本立てが主に気になるところです。

そのため歌詞が記憶に残っている曲は、完成度と言ってよいのかわかりませんが、聴かせる詩になっているのかなあ、と思います。

AMAZONのカスタマーレビューをみていて気付いたことがひとつ
こんかいのニューアルバムについて
「今後あまり聴かないだろう」
とコメントしているかたは、DarkOceanもお気に召さなかったようです。

私はというと
[DarkOcean]は相当気にいっており、
それに[透明]が加わりましてNo1,2になるほどのお気に入りアルバムになりそうです。

by pat_mthny7205 | 2011-03-24 20:21 | favorite | Comments(0)


<< ALE      透明Ⅱ >>