2011年 05月 03日

収穫其の二

昨日の続きです。
d0192112_17422780.jpg

サド・ジョーンズ/eclipse
サドメルのサドです。
trpでかっこ良いのですがなかなかLPでは見つかりません。
これはと思い買ってきたのですが、
家に帰ってからよく見てみるとなんと本人は吹いてないのです。
ザンネンです。

d0192112_17424531.jpg

マイルス・デイビス/DIG
あえて説明はいらないというか私はあまりよく知らないのです。

以前この盤は聴いた(仕事で)記憶はあったのですが、
その当時(25年前)はいまほどこの年代のジャズに興味はなかったせいか内容までは憶えていません。
ジャケットにマイルスとロリンズのクレジットを見てそれなりに期待して買ってみました。
未だ一曲もまともに聴いてませんが、思いっきり風呂屋のエコーバリバリでちょっと笑ってしまう音ですね。

d0192112_1743157.jpg

チェット・ベイカー/CHET BAKER&STRINGS
もちろん再発盤ですが、ジャケットうらを見ても録音の年代が載っていません。
メンバーにラス・フリーマンがいるようですので、53年から55年くらいの間かその前後でしょう。
CHET BAKERはお気に入りのトランぺッターですが、70年代後半から80年代の亡くなるまでが一番好きです。
その間の彼の録音について、
「薬代を稼ぐためとはいえあまりにも録音しすぎ」
という意見を読んだことがありますが、
そんなことどうでもよいのです。
内容が良かろうが悪かろうがその時代の記録が詳しく残る結果となったことはとても貴重なことです。
でも本当に良くないかと云えば決してそうではなく、
どちらかと云えば私はこのころのCHETの方が彼の絶頂期だったのではないかとさえ思っているくらい、
素晴らしい演奏が録音されています。
ちなみにボーカルよりTrpのほうが断然Goodです。

by pat_mthny7205 | 2011-05-03 18:29 | iroiro | Comments(0)


<< 復活      収穫 >>