2011年 05月 11日

気がついたこと

d0192112_2228711.jpg

電源ケーブル換装しました。

早速CD(FOURPLAY/BETWEEN THE SHEETS)を聴いたのですが、
結果は想定以上の効果でした。

これまで装着していたものはオーディオ用(というより質がそれほどよろしくないモノ)ではないだろうと思える品だったこともあると思いますが、
定価を考えるとこれもありかなというところです。

聴いた感じは先ずピアノの左手の音ですが、
以前はやはり右手が奏でる音にクリアさと音量の面で負け気味だったのに対し、
輪郭がはっきりして且つ奥行き感または立体感が出るようになりました。

そして何よりベース音です。
選択したEQの低音は軽すぎずしかしあくまでもタイトで重たくならないような設定です。
それでも換装後は以前と比べ明らかにダボついておらずリズム音との聴きわけがしやすくはっきりしている印象を受けました。

大して期待はしていなかったので結果は大変良かったです。

ところで昨日のブログについてですが、
そのことについてまたしても車による移動中に考えているうちにふとあることに気がつきました。

それは最新のSPの特性の通りにEQカーブを描いてDG-28で音場補正してみたらいったいどうなるのか?

昨年のStereoSound No.175にB&W 800ダイアモンドの周波数特性が記載されていることを思い出したら、気になってしょうがないのです。
帰宅後とりあえずチラッと見ただけで詳細の確認はしておりませんが、試してみる価値はあるかなと思いました。
そうはいっても反面心の中では
「そんな楽な方法なんてなく、
良い結果は得られないだろう」という気持ちもあるのです。

これをみてベテランのオーディオファイルの中には結果がお分かりになる方もいらっしゃるかもしれませんが、
自分にとっては次のステップにつながる作業になるものと確信しています。

何事も経験あるのみです。

by pat_mthny7205 | 2011-05-11 22:55 | audio | Comments(0)


<< SPセッティング      どんな音 >>