One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 20日

どちらが主役?

クラシックを本気で聴くようになって日の浅い私にとってまだまだわからないことだらけではありますが、
いま、またしても聴いているお気に入りのCD
d0192112_2212331.jpg

Helene Grimaud ベートーベン ピアノ協奏曲第5番を聴いていてふと疑問に思ったことがあります。

クラシックで交響曲の場合表現の仕方を含め主導権は指揮者にありますが、
協奏曲、この場合はピアノになりますが主導権はどちらなのでしょうか。

現時点で自分は、
どちらかといえばピアニストにあるのではないかなと思っています。
とはいえ指揮者の表現に対するこだわりというのも大事なことです。

もしかするとピアノの演奏がある部分に対してはオケがピアニストに合わせ、
それ以外のオケだけの部分は指揮者の自由みたいなものなのか?

またもう一つの疑問も主導権のことなのですが、
オーケストラのみによるコンサートの曲選びは主に指揮者にあると想像がつきますが、
その指揮者が協奏曲をやりたいと思った場合はいったいどうなるのか?

ひょっとして場合によってはピアニストが指揮者に対して要望を出すようなこともあるのでしょうか。

それにしてもここまでクラシックが好ましく思えるようになったのははじめてです。
といってもCDやLPを全く持っていなかったかというと決してそうではないのです。

ではどんなモノを持っていたかといいますと、
ラベルやドビュッシーのピアノソナタや管弦楽。
シュッツやバードの宗教曲(合唱)。
バッハのオルガンやグールドの演奏したもの等々。

今思えばすごく範囲が小さく極端な選び方や聴き方(好み)をしていたと思います。
そんな私が飛躍的にクラシックを聴くようになったきっかけは、

d0192112_222857.jpg

ブラームスやフォーレのレクイエムです。

もともと声楽は声によるハーモニーが気に入っていたので好んで聴いていました。
(とはいってもオペラなどは入っていませんが・・・)
上記のレクイエムはそこにオーケストラが伴奏またはメロディーを奏でているわけで、
何度か聴いているうちにオーケストラの音(音色)の素晴らしさにさらに感動させられるようになったということです。

そこから交響曲にたいして興味を持ち始め、
そしてもともと好きだったピアノと交響楽団による協奏曲へとすすんできたというわけです。

いまでも記憶に残っていることがあるのですが、
「ピアノソナタは聴いても、交響曲は多分聴かないなぁ」
なんて思っていた時期がありました。

「わからないのに否定する」
これは今思うに若いころの私の良くない部分です。
 
反省反省。

by pat_mthny7205 | 2011-05-20 21:36 | favorite | Comments(0)


<< 問題発生      残響音 >>