One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 05月 27日

EQ

きのうの続きのようになるかもしれませんが・・・
SPのセッティングを正確に行うということはそのSPの性格とそれが置かれている部屋とリスニングポイントにおける関係を一致させることになるのではないかと勝手に思っているのですが、
それはリスニングポイント以外で聴くことによりリスニングポイントでは聴くことが出来る音が聴こえなくなってしまうことが起きてしまうことからわかるように、それぞれの整合性をとることは必要な事になります。

そこでそれらが完全に一致した場合は私には想像付きませんが、
きっとそうでない場合と比較するまでもなく良いだけでは表現に物足りなさを感じるほどの素晴らしい音を聴かせてくれることでしょう。
(想像してますが・・・)

で我が家で活躍しているDG-28ですが、
これはポン置きのSPでも音を格段に向上させてくれると思っていますが、
SPのセッティングを追い込んだ場合はさらにもっと音に磨き(古いですね)がかかるのでしょうか。

逆にベストな位置にあるSPの場合は音場補正後のEQ/ONと同レベルのためさほど変化は感じられないのでしょうか。

d0192112_22242578.jpg


このセッティングについてですが以前ブログにも載せましたが、
我が家の場合SPの設置位置から見ると部屋の形状がシンメトリーではないため、
頑張って合わせてもきっと左右のSPの位置は見た目が悪いくらい非対称になってしまうような気がしているのです。

そんな予感がするほどの部屋なので、自力で位置合わせをしようとしても果たして出来るのかどうか・・・

考えれば考えるほど何もしていないうちからいろんなことが問題になってきます。

d0192112_22251491.jpg


あらかじめ想定しておくことは必要ですが、
この件に関してはかえって何もできなくなりそうな気がしております。

by pat_mthny7205 | 2011-05-27 22:25 | audio | Comments(0)


<< 明日は・・・      市販or >>