One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 06月 22日

StereoSound

ここのところStereoSoundの紙面には残念なことに追悼文が続けて記載されています。
今回の#179にも表紙の写真を撮られてきた安齋吉三郎氏の文がありました。
編集後記の染谷編集長の文にはとても寂しい気持ちにさせられました。

ところで氏は1967年の創刊2号から2000年まで毎号の表紙を飾ってきたそうであるが、
私が特に好きな表紙といえばこれになります。

d0192112_21395743.jpg


1971 No18 Spring 

このころの東京は今のように高層ビルが所狭しと立ち並んでいるような町ではなく、
この写真のように東京タワーがひときわ目立つ風景でした。
(サンシャイン60は確かOpenが77,8年くらいでしたが、当時は成増から余裕で確認できました)

この時代はすべてがゆっくりと流れていたように思います。
移動手段一つとっても新幹線は東海道線くらいで、東北へ行く電車といえば寝台列車のイメージがあります。
その他年代はバラバラかと思いますが
飛行機だってJALトライスターが1979年でしたかね。
SONYのTVトリニトロンもこの辺のハズです。
私の中でのマツダのルーチェは72年の2代目ですね。

70年代は私の生活レベルとしてはいろいろありましたが、
76年までは何事もなくとても良い年代でした。

ジジくさいですがい今は時間が過ぎるのがとても速いですね。
若いころは時間の流れが気にならなく歳をとってから早いと感じるのは、
感動をすることが少なくなったせいだと何かの書物に書いてあったように記憶しています。

オーディオもいつも感動しながら聴くことが出来るようにしたいですね。

by pat_mthny7205 | 2011-06-22 22:05 | audio | Comments(0)


<< ごねどく?      デジタルファイルミュージック >>