2011年 07月 15日

SPベース変更

さてきょうもたいへんよい天気で、
絶好のSPをバラす日和です。

d0192112_13344957.jpg
d0192112_1335684.jpg
d0192112_13352133.jpg
d0192112_13354012.jpg
d0192112_13355566.jpg

ちょっとだけ参加
d0192112_13365728.jpg


これで全部おろしました。

d0192112_1338689.jpg
d0192112_1338261.jpg
d0192112_13384876.jpg
d0192112_1339855.jpg
d0192112_13392590.jpg

d0192112_13412561.jpg
d0192112_13414017.jpg
d0192112_1341552.jpg
d0192112_13421135.jpg
d0192112_13422499.jpg
d0192112_13424328.jpg
d0192112_1343332.jpg
d0192112_13432154.jpg
d0192112_13433666.jpg
d0192112_13435134.jpg
d0192112_1344664.jpg
d0192112_13442214.jpg
d0192112_13443852.jpg
d0192112_13451659.jpg
d0192112_13453967.jpg
d0192112_13455517.jpg

とりあえず置いただけで音場補正をしました。

変更点は以下の通り。

横方向にそれぞれ75ミリ外側へ、また奥行き方向は25ミリほど前へ移動。

補正EQカーブは2kHzを-1㏈、またそれ以上を山なりの形状で7,1kHzをピークに22,4kHzまで+1㏈に変更。

これまで下は31,5Hzまでコンスタントにでていたのが、

補正を5回行った結果何と22,4Hzまで余裕で出るようになりました。

しかも左右ともに同じバランスです。
(これは偶然かもしれませんが)

でも聴感上は、軟らかく流れるようなストリングスや、それが空間に広がる様子が表現しきれていないというか胸躍るような感動を得られるような音ではありません。

じつはここから先がとても難しく、
今の私のレベルでは手段がないというのが正直なところです。

しかし100%ではありませんが基本的な部分は大体揃った感があるいま、
このままだまって手をこまねいているわけにはいきません。

GRFさんの過去のブログを今一度見直し、
セッティングの内容を自分なりに解釈して実行してみたいと思います

幸いなことに週2日の休みのうち1日は確実に自分だけの時間を確保できるのですから、
このチャンスを逃す理由はありません。

「・・・」
さて、どうしようか…

by pat_mthny7205 | 2011-07-15 14:14 | audio | Comments(0)


<< クルマの中から水が      シナ・アピトン SPベース >>