2011年 07月 18日

クルマの中から水が

先週クワガタをつれて帰る日のことですが、
途中右カーブを曲がる際に「シャー」という水がまかれるような音が聞こえました。
あれっ、とは思いましたがそれ以上は気にせずにそのまま子供を迎えに学童保育へ。

そして子供を引き取り車に戻り、クワガタを見せる為に助手席の足元付近をよく見たら、
コンソールボックスの下辺りが濡れているのです。

クワガタを入れている段ボール箱をみても水気のあるものはなく、
原因はわかりませんでしたが特にそれ以上は追求しませんでした。

そして翌日朝、
会社へ行く途中の右カーブの際にまたしてもあの水をまく音が・・・
そこからカーブを意識してハンドルを切るようにし、
次の右カーブのとき少しためてからきつめにハンドルを切ったら
「ジャー」とはっきり目で確認も出来ました。

会社の駐車場でコンソールボックスの下というか裏側へ手を入れたらびしょびしょに濡れていました。
「???」
「ENG系の水が車内に漏れるのは考えにくいのでエアコンだろう」
断定は出来ませんがその時点ではそういう結論にしてすませました。
そしてその日のうちにディーラーへ確認をとったら、
「エアコンのドレンホースが詰まっているのではないか」
とのことでしたので翌日対策を実行してみることに。

翌日はお休みです。
材木店へシナアピトンを引き取る為に外出。
エアコンはかけられないので窓を全開で走りましたが、
9時すぎの保土ヶ谷バイパスは結構な渋滞。
皆さん窓を閉め切って快適なご様子の中我慢して渋滞の中を走行。
狩場で下りて国道一号経由井土ヶ谷方面へ

その際保土ヶ谷橋で赤信号の為停止していたのですが、
川に沿って吹く風のなんて気持ちのよいこと!
エアコンをかけていたら気付かないことです。
暑かったけどちょっと得した気分でした。

そして引取り後エアコン対策の為そのまままっすぐに会社へ行きました。
早速ドレンホースへむけてエアブロウ。
2,3回行ったら下に吹き付ける風を感じ、無事対策成功となりました。
これでエアコンをかけても水はこぼれるようなことはなく快適なドライブができるようになりました。

エアコンではなく窓を全開の状態ですごしてたら、
外気とのギャップがあまりないせいか以前は結構汗をかいていたのが、
その後はその量も少なく不快な思いをしなくなりました。

エアコンに頼りすぎると体にも電気の使用量(この場合はガソリンかな)にもよろしくないので、
それからはできるだけ窓を開けて過ごすようになりました。

d0192112_835823.jpg

(なんか暑そうなんでのせてみました)

by pat_mthny7205 | 2011-07-18 07:56 | iroiro | Comments(0)


<< 寒い一日      SPベース変更 >>