2011年 08月 16日

転機?

つい先ほど(12時半)GRFさんが我が家を出ました。

今の心境です。
何か自分のなかでもやもやした気持ちがあります。

・・・・・・・・

言葉、今の心境を表す言葉が見つからず一時間ほど経ってしまいました。

改めて考えてみると、また先ほどとは違う心境になっているのがわかります。

我が家にいらっしゃったのは約2時間と少しでしたがその間なにがあったか。

まずGRFさんからSPのセッティングまた音場について、
視覚的な観点からの考え方を教えていただきました。

なぜ視覚なのか。
それは人間が身の回りの状況を判断(理解)する方法の中に視覚と聴覚がありますが、
その他の感覚と違いそれらには共通するものがあるということ。

そして視覚と聴覚を比べると目に見えることのほうが理解しやすいことから、
私のような経験の浅い人間にもわかりやすい視覚伝えてあげようというご配慮があったからだと思われます。

そのような内容のお話しを伺ったあといよいよ「音を聴かせてください」と云われたのですが、
その時点で私の音をおきかせするなどということはとてもあり得ないというか、
自分の手でプレイヤーのスタートボタンを押すということは出来ればしたくありませんでした。

しかしそうも言ってはいられません。
意を決して音を出しました。

その後更にGRFさんから要求が出ました。
「EQを外した音を聴かせてください」

そこからです。
GRFさんが席をお立ちになったかと思うとあれよあれよという間に音がどんどん変化していき、
最後には凸凹がなくストレスを感じさせない音を出す
"3WAY SP"
になりました。

実際何があったのか?

それは以下の内容になります。
●EQのOFF

d0192112_16245826.jpg


●ツィーターの角度変更:内振りから正面へ
●[R]SPの位置を向きは並行のまま10ミリほど外側へ移動

d0192112_16254337.jpg


●C33のバランスをRよりに2,3分ほど回す

d0192112_16261891.jpg


●同じく30Hzと150Hzを3時の位置まで回す

●そして中高音用ドライバーのOFF

中には自分では気がつかないこともありますが、
文字にしてみると決して想像もつかないことをされたわけではないと思います。
ではなぜここまで劇的な変化を感じる(残す)ことになったのか?

それは一番に「自分自身の思い込み」なのではないかと思います。

DG-28を導入する前と後とでは明らかに音が違いました。
それまでとは違い中音から低音にかけて音が厚くなったせいで、
一言で言うとシンプルではなく豪華な服装に身を纏ったようなそんな変化を憶えました。

その音に慣れてしまうとEQをOFFにした音はとても聴けるようなものではありません。

でもその後幾度となく音場補正またEQカーブの調整を繰り返していたのですが、
正直言って最近では何が何だか分からなくなってきていたのです。

でも自分の中には「DG-28を通した音は良い音」というのが基本としてあり、
そのせいでEQのON/OFFの違いを「痩せた音」または「薄っぺらな音」と感じていたのです。

OFFの音を「誇張されていないバランスのとれた音」と感じずに・・・

でもGRFさんはそんな自分に間違いを正すでもなくまた、説得するでもなく、
いま思えば「黙ってこの音を聴け」風な感じだったような気がしますが、
言葉少なくまた調整も軽い感じで行っていきました。

決して魔法を使ったわけではありません。
ただ自分の思い込みが本当の「良い音」を見つけられずにいただけといえるのでしょう。

そこにGRFさんの自分の音に対する自信が無言の説得力となって私に伝わったとしか云いようがありません。

すべてGRFさんはわかっていたのでしょう。
私のような者にたいしてはどのような伝え方をすれば良いのかを・・・

人は皆自分の考えまたは思いに自信を持って生きていくにはどこか不安が付きまとい、
「他の人はどうなのか」と気にしてしまうところがあると思います。
そこで自分の考えを確立している人はあくまでも参考程度にとどめることができますが、
多くの人が雑誌やネットでいろいろと調べては、
著名な方が進める方法や道具に自分の方向とは違っていても修正または全く逆方向にでも向きを変えたりしてしまいます。

自分は自分のことがわかっているつもりでも、
他人に言われるまでわかっていないことがあるのが改めてわかりました。

大げさではなく今日の数時間はオーディオの面だけの話ではなく、
色々な面で自分自身の方向修正に今後必ず役立つであろうことを教えていただいたような気がいたします。

GRFさん
本日はお忙しい中お時間をいただき本当にありがとうございました。

今後もオーディオはもちろんそれ以外でも色々とご教示いただけたらと勝手に考えております。

こんどは是非GRFさんの音もお聴かせいただきますようよろしくお願いいたします。

追伸
GRFさんが帰られた後音は出していません。
多少頭の中が混乱していたようでブログの文がなかなかまとまらなかったこともありますが、
本当の狙いは気持を落ち着けてから聴きたかったからです。
でも、そんなことをしているうちに愛する家族が帰ってきました。

改めて感動するのは明日になってからになりそうです。

by pat_mthny7205 | 2011-08-16 16:20 | audio | Comments(2)
Commented by TANNOY-GRF at 2011-08-16 19:04
pat_mthny7205さん

今日はみじかいじかんでしたが、いい音になりましたね。
素材も良いし、今まで、良く追い込んでありましたから、調整は楽でした。
知識ではなく、ご自分の耳や直感を信じて、気持ちいい音を出す方向で、熟成させてください。

またお伺いします。秋になったら、今度は遊びに来てください。
Commented by pat_mthny7205 at 2011-08-16 20:24
GRFさま
本日は本当にありがとうございました。
明日もう一度じっくり新生3WAYスピーカーを聴いた後、2WAY+ONEにした場合でどうなるのかも試してみます。
自分の耳や直感ですか・・・
仰る通り知識で音楽を聴いても楽しくありませんよね。
涼しくなってGRFが気持ち良く鳴るころに呼んでいただけるのを楽しみにしております。(生意気言ってすみません(-_-;))


<< 暫定期間を設けます      準備 >>