One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 02日

想定外の出来ごと

天気は良いです。
昨日関東地方へ来るはずの台風はそれたせいなのかそれほど影響はなし。
そして次の台風は関西圏へ向かってそのまま日本海へ抜ける見込みとのこと。
それでも関東地方はこの後雨風が強くなるとの予報ですが、
いまの状況を見る限り「本当?」という感じです。

あさ奥さんを仕事場へ送った後下の子どものお薬が無くなりそうなので病院へもらいに行き、
その後家に帰ってみたらこんな状態でした。

d0192112_12184471.jpg


めだかと一緒に水槽で暮らしている貝ですが、
今日になってたて続けに水槽外へ出てきています。
しかも3ついたはずが数えてみたら2つしかいないことに気付きました。

水槽内にいればよいのですがいなくなったとすればどこかできっと干からびてしまいます。
なんとかみつかればよいのですが。

d0192112_12293221.jpg


とりあえずいまはこれ以上の被害が発生しないよう注意をして見張っている状況です。

午後になって久しぶりにDVDを見ようという気分になりました。

d0192112_14432262.jpg


The Complete Tokyo Concert June 14,1987/Chet Baker
昭和女子大学人見記念講堂 
午後4時半開場 5時開演

1階 ス列 24番 S席 に居ました。
1987年といえば誕生日がまだなので21歳です。
この年Chetが初来日となり各誌で取り上げられていたことを憶えています。

同じ年か前年にあのブルータスでもインタビュー記事が掲載されていました。
2ページ見開きで横倒しの丸太の上にTrpのケースを持ったChetがたっていて、
「このまま飛行機に乗って日本に来てくれたら・・・」
のような文章だったと記憶しています。

この来日で何公演かのライブが行われましたがそのうちの渋谷パルコ劇場での出来事。

余裕を持って渋谷へ着きそのままパルコへ。
中へ入ると2Fへ行くEVが順番待ちが出来るほどの人だかり。
「まあ時間はまだ早いので少し周りでもぶらぶらしてこようかな」
と思い横を見たら業務用というかどうみても一般以外専用のEVがあったのでずるをしてこれで行くことに。

このEVは公園通りとは反対側にある出入り口からの直線通路の先にありました。
いざ行くと決めてはいましたが、
実際は従業員にみつかれば止められることになるだろうと思っていたのできょろきょろと周りを気にしていました。

そして先ほどの直線通路をみたら人影がこちらへ向かって来るではないですか。
これはまずいなと思いながらその人影を見たら背が高いのと低いのとの2人組み。

なぜかじっとその人影を見ていたのですが、近くなって顔がわかるようになった2、3メートルほどになってその人影が誰なのかわかりました。

そうです、Chet Bakerその人でした。

その時ちょうど待っていたEVのドアが開いたのですが、
一緒にのるなどということは出来ないと判断しその場に立っていたら
「一緒にのって良いですよ」
と隣にいた日本人の方がいってくれたのでもう遠慮する必要はないと思いそそくさとEVの中へ。

しかし緊張して顔を見ることなどできないでいたらまたしても
「握手してもらったら」
とありがたい言葉を言っていただきその通りにさせていただきました。

EVをでたら会場前にはファンの方がたくさんいて、
Chetの姿を確認したらにわかにざわついていました。

とても貴重な経験をしたのですがある意味もったいないことをしたなぁとも思える思い出です。

もっと何か話せていたら・・・

そうか英語が話せないので仕方がなかったのかな

by pat_mthny7205 | 2011-09-02 12:43 | iroiro | Comments(0)


<< はじまり      あらためて >>