2011年 09月 08日

SP再セッティング

我が家では月に一度髪を切るのですが、
先週後半がその一ヶ月目にあたる日でした。
行かなかった理由を申し上げますと台風が来そうだったからです。

そのため散髪は翌週に延ばすことにしたのです。

今日は午前中いつもの買い出し、
それと下の子ども用の学校へ持っていく何かの苗(花にしました)と奥様用のくるくるドライヤ-を買ったところで昼になりました。
散髪は子供たちも連れて行くのでこの後になります。
よって本日の音楽鑑賞は昼食後から2時までの約1時間半だけでした。

以前、SPを動かしたらそれなりに満足出来る場所を見つけられたのですが、
洗面所に通じるドアの開閉に問題が出る結果となったため暫定処置としてとりあえずSPをずらし回避しました。
その状態のままで今日まで来てしまったので、
本日は先ずその位置で果たして良いのかということの確認をすることにしました。

左SPと前後の位置を合わせるところから始め細かく調整、試聴を繰り返しました。
その間音にどのような変化があったのか。
一番わかりやすかったのは低音のなり方です。
いまのシステムはJBL LE14A一個なので大したレベルではありませんが、
それでも音が良く出ているときはフローリングの上を滑るようにこちらへ向かって来るような、
迫力があるというほどではないと思いますがそんな感じなのです。

そんな良いポイントが前後20mmの範囲でありましたが、
その中でも一番良く鳴る位置はリスニングポイントに一番近い場所になります。
しかしあまり前に出しすぎるとはじめに問題となったドアに干渉してしまいます。

結局考えても仕方がないのでぎりぎり前までだすことにしました。

d0192112_21135648.jpg

d0192112_21141337.jpg
d0192112_21142779.jpg


これが限界です。

d0192112_21303247.jpg


この場所で試聴した結果は、
やはり自分の耳にはこの音がとても低音が出てそして厚みがあり、
左右のバランスもすべて良く聴こえます。

カラヤンのベートーベン交響曲第7番と第9番を聴きましたが、
弦の音が柔らかく聴こえとてもリラックスして音楽を楽しむことができます。

そういえば昨日「エリクソンの合唱音楽の歴史」とディースカウの「The Great EMI Recordings」というものを手に入れました。

このセッティングで歌ものは第9以外聴いていません。
明日はこの辺でゆっくりとした時間を過ごすことにしましょう。

そういえば明日待ちに待った(ここまで引っ張った理由が特にあったわけではありませんが)HELENE GRIMAUDのCDも入荷します。
Youtubeの演奏を良く見ているせいで、
最近この音楽がず~っと頭の中で鳴りっぱなしなのです。
(そういえばオケの指揮者は誰なんでしょう?アバドなら良いのですが…)

明日聴いたら更に又頭から離れそうもありませんね。

今日はきれいな月が出ています。

d0192112_21311375.jpg

d0192112_21313267.jpg

d0192112_21314983.jpg


来週はいよいよ中秋の名月です。

めずらしくお団子でも買ってみましょうかね。

by pat_mthny7205 | 2011-09-08 21:37 | audio | Comments(0)


<< 良かったり良くなかったり      はじまり >>