One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 22日

ひさしぶりに

大変強い台風が過ぎた今日は、昨日と一変してとてもきれいな青空のスタートです。

9時半過ぎまで音楽を聴いていたのですが、
最近2426jの音に慣れてきたせいかはじめのころほど違和感を覚えるようなことはありません。
ただリーフツィーターのやわらかめの高音とは違う強烈な音はなかなか馴染めないので、
なんだか聴くたびに調整しているような気がしています。

ところで今日は久しぶりに古内東子ネタを。

d0192112_20514394.jpg


Hourglass 1996.6.21発売

1. いつかきっと
2. 誰より好きなのに (Album Remix)
3. ルール
4. 心を全部くれるまで
5. かわいくなりたい
6. おしえてよ
7. ユラユラ
8. 置き去りの約束
9. あの日のふたり (Album Remix)
10. 星空

このアルバムを購入する前にベストアルバムを聴いたのです。
そのせいかその後このアルバムを購入してもあまり熱心に聴くようなことはしていなかったのですが、
今日何とはなくこれを手にしたのでどんなものかと久しぶりにというか改めて・・・

いきなりですが一曲目の「いつかきっと」はすごいですね。
何がというとメロディー、コーラス、テンポ(スピード)、リズム、
どれをとっても聴いていて気持ちが良くとてもgroovyなんです。
とくにかっこいいのはコーラスとリズム(ドラム)ですかね。

このアルバムには「誰より好きなのに (Album Remix)」と「 星空」と代表作が2作品も入っているので、
彼女の音楽を聴いたことがない方はこの辺がイチバンよろしいのではないでしょうか?

そのほか

d0192112_21165896.jpg

「フツウのこと」 2004.03.10
d0192112_21194644.jpg

「コートを買って」2005.11.16
と続けて聴きました。

ん~、それにしても「九時からのリリィ」はイイですねぇ。
阿久悠作詞 都倉俊一作曲でコピーになります。
「♪夜の九時からなら古いクラブにいるわ 目立たぬ片隅でピアノを弾き歌ってる まるで何年もしているように
「♪九時からのリリィ 真夜中のリリィ 別にふしだらな呼び名ではないけれど
なんかとっても昭和ですねぇ。
アレンジがとても雰囲気が出ていてGoodです。

彼女の場合はほとんどがオリジナルなのですが全体的に古内東子節が漂う雰囲気なのであります。
それが好きになればこれははまります。

元気な曲やしっとりとした曲といろいろですが、
私の場合どれを聴いても「さみしい」気持ちが残ってしまいます。
彼女の曲は好きですがけっしてさみしいのが好きなのでは・・・

d0192112_21295384.jpg

と、いう感じで夕方まで聴いていたところ
「ん?」という感じであることに気がつきました。

それは修理に出していたリーフツィーターが今日戻る予定だったのです。
玄関に行きアルミ缶のポストをのぞいたら不在配達の紙が入っていました。
それもびしょぬれで。

明日は一日不在なので本日中の再配達を時間指定なしで依頼したら、
一時間以内に配達に来てくれました。

そんなこんなでとりあえず復活です。

d0192112_21473562.jpg


なんか最近自然な音を目指しつつあるような気がしています。

だからリーフというわけではありませんが・・・

by pat_mthny7205 | 2011-09-22 21:49 | audio | Comments(0)


<< 待望の訪問の日      記録的な >>