2011年 11月 20日

ちょっと遊んでみました

d0192112_861821.jpg

ベルリンフィル デジタルコンサートホールの契約はしていないので(本当は好きなだけ観たいのですが・・・)画像と音との楽しみというものは我が家には皆無でした。
でも、先日届いたエレーヌ グリモーのモーツァルト(ドイツ盤の限定)にDVDが付いていたので、
ちょっと試しに遊んでみました。

何というのでしょうか。
音だけ聴いてそれはそれで想像の膨らむとても満足の出来る(最近良い鳴りなので・・・)ものなのですが、
それに映像が加わると更に目の前の世界が現実に近くなるとでもいいますか。

d0192112_8365392.jpg


このDVDはソプラノのmoja erdmannに注目です。
あの華奢な体つきであの声量。
そして当然といえば当然なのでしょうが、音階の正確さは何度見ても感動してしまいます。

d0192112_8372012.jpg


また弦や木管の楽器編成は映像を観て、
この程度の人数でこれだけスケールの音が出せるということがわかったところもあり私的にはとても勉強になりました。

それにしてもベルリンフィルは我が家で元がとれるほど観ることが出来るのか?
その辺はやはりリヴィングという場所の問題から、
家族の協力を得ている以上こちらとしても好き勝手に聴き続けるという訳にはいきません。

だからと言って決してこれを不満と思ったりしてはいけないことくらいはわかっています。
とりあえず今のところそんなに窮屈な思いはしていないところから、
環境面では合格点をもらえるレベルなのではないかと。

なんていったってリヴィングなんですから。

ところで最近特にインターネットラジオが普及してきているように思います。
ラジオを聞いていても手段としてPCを使用している方が多いような内容をよく聞きます。

ということでPioneer N-50を経由してインターネットラジオも聴くことも可能なので取説にあるオプション設定の中の
「インターネットラジオを聞く時のパスワード」をはじめ、
ネットワークの設定なるところを見ながら試してみました。

結果[Empty]の文字が出てしまい上手く接続できません。
やはりこのようなことになるということは基礎がしっかり出来ていないせいなのかもしれません。

パイオニアの方でどなたか私のブログを見ている人はいませんかねぇ。
是非教えてほしいものです。

思えばラジオの音をオーディオで聞いていたのはいつのことだったのか。
約一年ほど前テクニクスのT8080が煙をだして以降はナショナルの真空管ラジオでAMだけを聞いているような状態が続いています。

クラシック音楽はNHKFMで多くかかりますが、
スイッチをいれたらFM放送が流れる環境だったころはそれほど好んでは聴いていなかったので最近までそれに対し不便を感じてはいませんでした。

でも今は聴く音楽の9割以上はクラシックなので少しもったいないような気がしています。

インターネットラジオはAM放送もステレオで聞くことが出来ます。
15年ほど前、輸入車(ビュイック)にAMステレオチューナーなるものが付いていたので聞いてみましたが、
感想は無理やりステレオにしただけの「疑似ステレオ」のようなものでしたが、
PCから流れるAM放送はFM放送と何の違いもないステレオ放送です。

最近は土曜朝の「音楽の泉」をPCステレオで楽しんでいます。

ホントなんとかしなければなりません。

でも、「ラジオ深夜便」はAMモノラルに限りますね

by pat_mthny7205 | 2011-11-20 08:43 | audio | Comments(0)


<< 順番      いっしゅん >>