2012年 01月 23日

SPunit

本日次なるステップへ踏み込みました。
ハートレーには及びませんが、
今のLE14Aの14インチから15,16,17を飛び越え18インチへ。

jblモノになりますが推奨クロスは800Hzとあり、
このサイズのアッパーがどの程度の音を出してくれるのか大変気になります。

d0192112_2001222.jpg


JBL 4345に搭載されているユニットですがこの場合2245Hと2122Hのクロスは320kHz。
しかし、いかんせん我が家のチャンデバの上限が280Hzです。
まあなんやかんや云っても仕方がありませんので、
現状のまま鳴らしてみることにします。

さてエンクロージャーのサイズはというと、
幅700mm×高さ1014mm×奥行612mm
(因みに4345は幅765×高さ1096×奥行470mm)

高さは今までより30センチ以上も高くなります。
問題は更にその上にエール音響製[EX-150]が乗っかることです。
こればかりは自分でセットしなければなりませんので今から試案中です。

そしてそれに加え問題は重量です。
80㎏(unit含)です。
それにEX-150+ドライバーを合わせると大体110㎏。
左右合わせると220㎏です。
これはとても重そうですが、
考え方を変えると仮に60㎏の人で4人相当になります。
これは非常にわかりやすく且つ想像し易いです。

しかし総重量はそれだけではありません。
そのほかシステム全体及びCDやLPも同じエリアに置いています。

それらを合わせると一体・・・

昨晩の夢は家が傾いてしまう内容(本当)だったので不安なのは否定できません。

ちなみに対面にはキッチン(2,400㍉)があり食器類を含めると相当な重量になる筈です。
それを考えるとそんなに気にすることはないかな?(と思いたい!)

搬送予定は今週中です。
さてどうなることやら・・・

by pat_mthny7205 | 2012-01-23 19:23 | audio | Comments(0)


<< さむい      le14a >>