2012年 01月 31日

低音

昨日も引き続き少しの時間ですが調整をしました。
その前に曲を選ぶ段になって思い出したのが原朋直の[iland]です。

以前からこの曲のベースとドラムのユニゾンの再生には苦労していました。
今回はその再生担当となるウーファーの変更になるのですが、
径が14inchから18inchへ4inch(101.6ミリ)も大きくなったことで期待は大きいです。
因みにこの曲のどういう部分が再生に苦労しているかというと、
ベースのリズムとバスドラのタイミングが同じなので、
バスドラの音の余韻がベース音を聴こえにくくしてしまうのです。
別な言い方をすると音が混じるというか濁るような音で聴こえてきます。

その曲を聴く前にチェットベイカートリオの[my old fashioned]をかけました。
相変わらずクリアなんだかくぐもっているのか分らないでもお気に入りのチェットのボーカルです.

ペデルセンのベース音が心なしかボヤけた印象を受けましたがそれとは別に気になったのは異音がときどき出ることです。
それはたとえれば電車がカーブを曲がる際レールと接触しているかのような金属音的な音です。
同じ間隔で同じような音が鳴るのですがはじめは何かまったくわかりませんでした。
そこで確認のためひとつずつアンプを消していったら結果どれもこれも同じ音が鳴るのです。

もうこれはそれ以前の問題と思いあるモノを切り替えたとたん異音が止みました。
そうですそれはPCにため込んだ曲をメディアモンキーで再生していたのが原因だったのでした。
切り替え後はCDプレーヤーにて再生しとりあえずは良かったのですが、
PCによる曲の再生は楽なようでいろいろとわからないことばかりです。
そういえばHDDに曲を入れる作業が全くと言ってよいほど出来ていません。
まあこれは後でも良いかな?なんて正直思っています。

元に戻します。
昨日クラシックを再生しながらの調整でジャズを再生した結果は良くはありません。
どうしても中域から高域あたりの音が弱く全体的にバランスの悪い薄っぺらな音です。
それで改めてダイナミックレンジの広いというかレコードで云うカッティングレベルの高い盤も再生してみたが、
それでもやはり前に出てくる感が薄い感じでした。

数曲かけながらプリのEQでの調整となり
結局C33のEQは30Hz、500Hz、10kHzで音がだいぶ改善されました。
特に30Hzは目いっぱいブーストさせた結果タイトでありながらも下の周波数が出てくるようになりました。
loudnessやcompandorは一切効かせずEQだけです。
500Hz、10kHzは2時の位置です。
その後の先に述べた原朋直の曲をかけた印象は今までにないほど音が分離して聴こえたのです。

これはとても効果ありと見受けられたのでまたもやサンサーンス交響曲第3番を再生です。

ん~、まあまあってところでしょうか。
いやもう少しですかね。
でもそこそこ低音が地を這ってこちらへ流れてくる様子がうかがえたので3日目としては評価に値しますね。

by pat_mthny7205 | 2012-01-31 12:57 | audio | Comments(0)


<< 変な音      調整 >>