2012年 02月 09日

今日のこと全部

昨年母が亡くなってからというもの宗教とは全体なんなのかということに考えが及ぶことがしばしばあります。
自分自身でそれを問うことは出来ても、決して答えは出てはきません。
そんな自分にとってインターネットは早い回答を得られるのでとてもありがたく思っています。

検索してみるとそれぞれの意見や学んできたことを見ることが出来ますが、
中には住職みずから不特定多数の人々に対して発信しているのも見受けられ、
それはそれでありがたいことと感じています。

宗教というものを考えると自分の中では仏の教えは人間形成になくてはならないものと思え、
いかに早い段階でそれの必要性に気が付くことが出来るかで差がでてきてしまうのだと考えます。
ありとあらゆるものがすべて自分の考え方、解釈の仕方であり、
その結果により自分がどうするべきかが決まるのです。

これはとても面白く、とても興味があります。

生前にいかにどれだけの知識と教養を身につけることが出来るか。
それはすべて信仰心の篤さによるものではないかと考えます。

あくまでも自分の家の宗派に基づいての教えについてであり、
それ以外の何物でもありません。
ご先祖様に対しての感謝の気持ちは常に持ちたいと思います。

さて、本日我が家の出来事として挙げられるのは、
下のちびすけと奥様がそろって風邪を引いたということです。

本日通っている小学校から「熱がある」との連絡で私が引き取りにいきました。
聞くところによると同じクラスで、
週の初めに休んだ子がインフルエンザ、そして昨日休んだ子が本日になってわかったのがインフルエンザ。
そうして本日我が家のチビが熱(37.8度)で途中退場。
発熱が確認できた翌日でなければ病院ではインフルか否かの判定が出来ないとのことで、
事実関係が明らかになるのは明日となります。

相変わらず熱を出した輩は、昼のうちは我が家ではリビングに寝るのですが、
そんな状況を見てなぜか今日はバロックをかけようと、普段聞かないジャンルをインターネットラジオで流しました。
先ほど普段聴かないと申し上げましたが、
全くと云ってよいほどそうなのです。
で、あらためて聴く機会が出来たので他のものが寝た後じっくり聴いたのですが、
これが意外に良い印象を受けました。
チェンバロの低音がこれほどまでのものとは思いませんでした。

いずれにせよ食わず嫌いは損をしますね。

もう一つの発見は{バッハはバロック}ということです。
当たり前のことなのですが、バッハはバッハとしか考えていませんでした。

そういった意味でもバロック音楽は聴く価値は十分にあります。

by pat_mthny7205 | 2012-02-09 01:01 | iroiro | Comments(0)


<< 少しずつではありますが・・・      変な音 >>