One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 02日

さてどうしましょうか

今日も自分だけお休みです。
ゆっくり好きなことができるのはこのような日だけです。

今日は一昨日の訪問先にてあることに気が付いたのでそれを実行します。

d0192112_2193979.jpg


このように小林邸のSPは内振りになっています。
そのSPから出ていた音はSPと自分との距離の中間地点辺りから聞こえてくる感じでした。
距離にして3mの半分ほどにあたる1.5mというイメージです。

小林さんにそのあたりを訊ねてみたところ、
ご自分で考えたある方法でリスニングポイントからごホーンの中やイコライザー部がきちんと見えるように角度を調整されたとのこと。

やはりドライバー+ホーンの指向性の特徴を考えるとリスニングポイントに対して内振りにするほうが有利なのか。

d0192112_21175084.jpg


まずこれが平行法によるセッティング。

ホーンSPでなければこの方法が音場をだすのに有利なセッティングのようです。
ホーンSPでなければというところが気になりますが、
あの見事な音場を聴いた(2011-09-24訪問記)以上少しでも広がりが欲しいのは当然です。

d0192112_2129367.jpg


軽く内振りにしてみます。
鳴っている音に極端な違いはないように思われました。
確認してみるとこれでは振り方が足りないようですので更に内側へ。

d0192112_2134541.jpg


ここまで来るとかなり間隔が狭く感じられます。
肝心な音は確かに迫力面は多少増したようでしたが代わりに全体的な音の広がりがなくなりました。

そこでいったん元に戻して基本的な調整をすることにします。

d0192112_214147.jpg


アイテムはこれです。
CDはなくアナログ盤です。
この中で特に調整したかったのは位相部分です。
理由はうまく合っていないと低音不足となってしまうからです。

d0192112_2225152.jpg


高・中・低音の三段階の状態が確認できるようになっています。
その中で正相と逆相の差が極端にはっきりしているのはEX-150+MB55の中音だけです。
その他の帯域は低音部はまあまあでしたが高音が全く駄目です。

さて差がほとんどない高音はSPセッティングに問題があるのでしょうが・・・
「あっ」冗談抜きで今思いつきました!
ツィーターの位置をそれぞれ内側に目いっぱい寄せたら解消されないかな。

ん~、気になるけど明日にしよう。

少し話がそれましたがそのような結果でしたのでツィーターのPHASEを[INV]に。
4,5回ほど聴き比べましたが結果はノーマル(正相)よりましってところです。

d0192112_22096.jpg


結局SPの振りを元に戻しました。

そのあとはスロープを48db/octから24db/octへ、そして高音と中音のクロスを2,240Hzから2,000Hzへ変更しました。

d0192112_2282463.jpg


中音と低音のクロスは224Hzのままです。

とここまで書いてやはり先ほどの高音の位相差が出ていないのが気になります。
このままでは明日師匠のところへ行ってもゆっくりと上質の音に浸ることができません。

やっぱり今からやっちゃおっかな。

あっ、洗濯機が終わっちゃった・・・手伝わなくっちゃ。

by pat_mthny7205 | 2012-05-02 22:13 | audio | Comments(2)
Commented at 2012-05-02 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-05-03 08:29
GRFさん おはようございます
今朝ツィーターの調整をしてみましたが殆ど変化はありませんでした
以前リーフツィーターを使用していた時は確実に変化があったのでトライしてみましたがやはりこれも使用ユニットの違いからくるものなのでしょうか・・・
後ほどご教示いただきたく(笑)


<< 昨日のこと      楽しみはあとに・・・ >>