2012年 05月 26日

公開

d0192112_0301473.jpg

d0192112_7535671.jpg

先日来お伝えしていたことですが、
あらためて我が家の音について「キタなあ」という実感がわきました。

SPの感覚を拡げるということがこれほどまでに音に影響があるとは思ってもいませんでした。

あくまでもC33のEQ調整があってはじめてこの音が得られたことになりますが、
それはいまあるSPのセッティングなしでは得られなかったことは間違いありません。

これはほかのことにも共通することと思いますが、
何かを追及していてふっと目の前の現実が変わりだすことがあるのではないでしょうか。
それはそれまで目標を目指していたからこそ得られる結果に他なりません。

まだ、ジャンルや録音によって調整が必要な場面があるようなのでもう少し追い込みが必要かと考えます。

しかし、出来れば3wayではなく4wayだったら良かったのになあ~。
でも、きっとチャレンジするんだろうなあ・・・

by pat_mthny7205 | 2012-05-26 00:30 | audio | Comments(9)
Commented by GRF at 2012-05-26 07:36 x
「キタなあ」ですか!良かったですね。内振りにすると密度は濃くなります。その分だけ、スケールを拡げると、大きくステージが拡がりますね。次は、指向性の広い、スーパーツイーターですね。それによりウーハーの動きが見えるようになります。

まあ、楽しんでください。やるだけやらなければ、勿体ないですからね。人生が。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-05-26 20:07
>次は、指向性の広い、スーパーツイーターですね
改めてエール音響のカタログを見たのですが、スペックには指向性は記載ありません。気になるのでどのようなものがあるのか調べてみます
>まあ、楽しんでください~
ん~、またしても意味深なお言葉・・・
でも可能性があるうちはやってみます(まだあると思ってます 笑)
Commented at 2012-05-27 13:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-05-27 15:04
壊れたのちに修理に出したのですが、
元の通りにはならなかったので処分しました
今はひそかにエールの1750×××アタリを検討中ってところです
しかしまだ先のことなので出会いがあればいろいろ試してみたいですね
Commented by かがみ at 2012-05-29 14:40 x
お久しぶりです。いつ見ても大迫力の大型システムですねー。
音の方も着々と進化しているようで素晴らしいです。

拙宅も、エールの中音ドライバー用にオーダーしていた木製の円形ホーン(ex-150の導入は当面棚上げ)が先週届き、
4wayが鳴り出しました。

しばらくCDを聞いていてそれなりに満足していましたが、
昨晩レコードをかけてみたところ、激変といってよいほど、
遥かに音の密度が濃くなっていて驚きました。

こりゃ、全レコードを聴き直さないといけません。

あと、先日、使用していたYLのドライバーが断線したので、
修理と試聴を兼ねて、希望が丘のエールさんを尋ねてきました。

あそこは異次元の空間です。
同行した友人がブログに書いているので、
よろしかったら読んでみて下さい。

※拙宅の様子も書かれています。→

http://randonneur.way-nifty.com/bicycle/
Commented by pat_mthny7205 at 2012-05-29 20:05
かがみさん
コメントありがとうございます
早速ご紹介いただいたブログを拝見いたしました
ウーファーは15インチ2発ですか
迫力ありそうですね
ところでホーンについてはわたくしもどのようにされているのか気になっておりましたがなるほど木製ホーンですか
ホーンを受けている前面のパネルは幅が700ミリ程とのことで可なり大きいですね
さて、削り出しのホーンから出てくる音はどうやらレコードとの相性が良いみたいですね
長い間待ったかいがあったということで本当に良かったです
画像に荒井由実がありましたのでひとこと
好きな曲は松任谷になって初の「潮風にちぎれて」と「ナビゲーター」です
LPも良いですがEPはより密度が濃い音がしてより一層懐かしい気持ちにしてくれます
Commented by かがみ at 2012-05-30 11:34 x
端のウーハー(エンクロージャ)はつながっていません。
ただのスタンドと化しています。そのまま2wayで使用できますが、
いまさらなので、将来的にはウーハーだけ利用しようと考えています。
それには、アンプとチャンデバ(スピーカープロセッサ)への投資が
必要なんで「予定」だけです。

ホーンの直径は46cm。バッフルの幅は58cmです。
知り合いの推測違いですね。それでも大きいですが。

荒井(松任谷)由美は、普通程度に好きです。
LPを見つけると(中古屋さんで¥105)ついつい買ってしまいます。

EPはなかなかな見つかりませんね。
たまにかけると、回転が早くて目が回るようです。
Commented by kenji at 2012-07-06 02:12 x
先日は、私のブログに来て頂き、ありがとうございました。
凄いシステムですね。鳴りっぷりが良さそうですね。是非今度、聴かせて下さい&聴きに来て下さい!
Commented by pat_mthny7205 at 2012-07-07 21:05
kenjiさん こんにちは
コメントありがとうございます
kenjiさんのブログに行き当たり、
そしてその内容が近所の情報だったのでとてもうれしく思いました
そしてご趣味がオーディオでさらに部屋が石井式とあればこれはもうたまりませんね(笑)
SS誌を購読している人であれば石井式リスニングルームがどのような音を鳴らしてくれるのか興味がない人はいないと思います
私も家を建てるときに今ほどの嵌りっぷりを想定していなかったので後悔だらけなのですが、
そのうちのひとつが部屋づくりなのは言うまでもありません(悲)
今後ともよろしくお願いいたします


<< Maurice Ravel      判りつつ >>