One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 30日

若いピアニスト

d0192112_20171463.jpg

James Rhodes[Bullets & Lullabies]
disc:1
1. Ravel : Le Tombeau de Couperin : VI Toccata
2. Moszkowski : Etudes de virtuosit Op.72 : No.6 in F major
3. Beethoven : Piano Sonata No.18 in E flat major Op.31 No.3 : II Scherzo
4. "Chopin : Piano Sonata No.3 in B minor Op.58 : IV Presto, non tanto"
5. Grieg / Arr Ginzburg : In the Hall of the Mountain King Op.23
6. "Alkan : Grande Sonate Op.33, 'Les quatre ges' : I Vingt ans"
7. Blumenfeld : Etude for the Left Hand in A flat major Op.36

d0192112_22364419.jpg


disc:2
1. Rachmaninov : 10 Preludes Op.23 No.10 in G flat major
2. Debussy : La Plus que lente
3. "Grieg : Lyric Pieces, Book 2 Op.38 : No.1 Berceuse"
4. Chopin / Arr Balakirev : Piano Concerto No.1 in E minor Op.11 : II Romance
5. Ravel : Pavane pour une infante dfunte
6. Debussy : Suite bergamasque : III Clair de lune
7. Brahms : 3 Piano Pieces Op.117 : No.1 Intermezzo in E flat major

ジャケットを一見するとどこかの国のロックかポップスのアーティストのように見えますが、
実は彼はクラシックピアニストなのです。

disc1は盤名をAMとしテンポの良い曲を集めているのに対し、
disc2はPMとしゆったりとした曲ばかりの構成になっています。

それらの曲は協奏曲でも前奏曲でもその中の1曲を抜粋している形です。

さて感想ですが全体的に特徴のある弾き方をしているようなのですけれども、
曲によってはDisc2に限ってはやたらと間をとっている感のあるものがあり、
ザンネンながらこのアルバムを聴いただけでは正しい評価が出来るまでに至りませんでした。

このアルバム以外にも数枚の録音があるようですが、
「ライブ盤でピアノコンチェルトを全曲録音」のような作品でも聴いてみないと良くわかりません。
BGM程度としては問題はないようですがこの方の実力は如何に・・・

ところで昨日ある方のブログでエール音響についての内容があったのですが、
画像を拝見するとなんと1Fの工場にあの4WAYホーンSPが鎮座しているではありませんか。

もともと設置してあった2Fからどのようにして下したのかは不明ですが、
以前伺った際に建物の強度があのSPの重量にいつまで耐えられるのか正直心配しておりました。
確かに工場内部から上を見上げた限りでは鉄骨構造の建物だったような記憶があり、
可なりの耐荷重性があるのかと思われます。
しかし床材は木になりますのでそれなりのレベルでないと大変なことになります。
だってあのSPの重量はどれくらいか、またそれが2台あることを考えると相当なモノでしょう。
ちなみにサイズ(W×H×D)は1,100×1,370×750ということで奥行きは我が家のSPの横幅と同じです。

d0192112_22374751.jpg


いずれにせよ新たに再出発(?)というようなところが確認できてなぜかうれしい気持ちになれました。

by pat_mthny7205 | 2012-05-30 22:17 | iroiro | Comments(4)
Commented by かがみ at 2012-05-31 14:23 x
1Fに置いたのは、やはり 3.11 を経験したからだそうです。

あのエンクロージャは、上下に分解できるようですし、
工場の床には重量100kgのBASS HORN用ドライバー
(大型炊飯ジャーそのままでした)が置いてありましたので、
たぶんクレーンもあると思います。

群馬のメーカーさんからは完全に引き上げたそうです。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-05-31 17:34
かがみさん こんにちは
情報有難う御座います
そうですか・・・そうですよね
1Fは工場だったわけですが、基本的に壁がないあれほどの空間が1Fにある建造物は可なりの揺れが生じたものと思われます
(我が家では東西方向に揺れたようでしたが)
ましてや上の階にあのような重量物があればさぞかし恐ろしい経験をされたのでしょう
でも、移動は大変だったのでしょうね
Commented by 赤鬼 at 2012-06-09 09:14 x
こんにちは!

遠藤社長、いろいろとご事情を抱えておられるようですが、「最近、また仕事をやる気が出てきた」と明るくおっしゃっていました。

写真の4wayのエンクロージャ、ヤフオクで9万円台で出品されているのを目にした時、思わず買ってそのまま置いておこうかと血迷ってしまいました。。。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-06-09 20:59
赤鬼さん こんばんは
以前、遠藤さんから「営業時間は午後5時です」と云われた記憶がありますが、先週月曜か火曜日は6時近くになっても1Fの電気がついていました。見慣れない車があったのでお客さんがいらしていたのでしょう。
ところでこのエンクロは、あるオーディオショップで8万円台で出ています。カラーはナチュラルのようです。
[incennse]typeCという名前がついているようですが,
これだけの大物だと更に送料が発生しますので10万円を優に超えてしまいます。だってこのD寸は我が家のW寸なのですから・・・
でも、これはなかなか良さそうな箱ですね。
ちなみに我が家のEX-150はこれにはセットできません。
なぜならMではなくCなんで(涙)


<< Maurice Ravel その2      Maurice Ravel >>