2012年 06月 17日

調整不足

暑いですね。
午前中はいつもの買い物に行ったのですが、
天気予報で暑くなるといっていたので半袖で出かけたところとても寒かったのに午後になった途端これですもん。
昼前に帰宅してからというもの汗をかきつつ掃除機をかけ(韻を踏んでいるわけではありません)、
その後仏様(位牌はありませんが)の周りとオーディオ周りの掃除、
そしてTVの裏にある配線の整理をしなんとか終わりました。

その頃ちょうど3時を過ぎていたので子供たちはおやつの時間。
お父さんはビールの時間(また飲んでる)となりました。

さて昨日ある方のブログに小林悟朗さんの音についての内容が書かれていたのを見ました。
その内容は
「しかしホーンだらけの4ウェイspがあれほど、いくらデジタルタイムアラインメントを器械でとったとしても、ピタリと合わせられるのだろうか」というもの・・・
2001年というのでいまから10年前のシステムについなのですが、
その頃と今とで何が違うかというとミューオンのスーパーツィーターの有無ですかね。
それはともかくわたくしの場合そのツィーターがある音しか聴いていませんので当時の音はわかりませんが、
「ピタリと合った」という表現がまさにピッタリと合っている音だった記憶があります。

ではそのマルチにとって重要なタイムアライメントの調整に対して、
我が家のオーディオ(チャンデバ)はどの程度合わせられているのか。

距離を計測したのはそれこそ小林さんが我が家を訪れてくれた日の数日前。
そういえば簡単にそれぞれの長さを測ってその差を入力しただけだったことを思い出しました。

本日改めて3WAYそれぞれのユニットの距離を測定。
その結果振動板がイチバン奥にある中音に対してウーファーと高音ドライバーそれぞれの位置が1センチほどずれていました。

そこで早速数値の修正をしました。

d0192112_1758377.jpg


調整は至って簡単です。
さてそこに至るまでその他の家人は静かだったのですが、
いざ音出しの段になったころはみんなまた動き出したため調整後の微細な音の変化まで聴きとることはできません。

また、夜にでも聴いてみることにしましょう。

*今日は父の日ということで子供たちに父の日の会なるものを開いてもらいました。
最後に寄せ書きまでもらったりしていやはやありがたいいことです。
でも下のチビすけは夕方にはまたワルさをしてゲンコツをもらっていましたが・・・

夜の7時を過ぎたころ今年初の遠くで上げられている花火の音が聞こえてまいりました。
それにしてもきょうは一日暑かったです。
午後6時で気温26℃ 湿度68%とのこと。
この湿度はもうちょっと何とかならないですかねえ。

by pat_mthny7205 | 2012-06-17 18:05 | audio | Comments(2)
Commented by 赤鬼 at 2012-07-13 23:16 x
こんばんは!

好奇心は強いのですがオーディオはド素人です。
写真に写っている機器は何でしょうか?
「振動板がイチバン奥にある中音に対してウーファーと高音ドライバーそれぞれの位置が1センチほどずれていました。」
「調整は至って簡単です。」

うわー、全く理解できませんorz
Commented by pat_mthny7205 at 2012-07-14 23:24
赤鬼さん こんばんは
コメント有難うございます。
ご近所のようですので今度ゆっくりお話でもいかがですか。
よろしかったらこちらまでご連絡ください。
[shigy65@gmail.com]


<< あたりまえのこと      ぜんぜん関係ありませんが・・・ >>