One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 22日

ダブルヘッダー

昨夜は気温が丁度良い具合でとても過ごしやすくまたまたビールが進み・・・
というのはウソ。
本当のところ逆でして、
今月になってワインを飲む回数が増えたおかげで(せいで)ビールが美味しく感じられなくなってきたというのが正直なところ。
たとえばコーヒーの場合。
砂糖やミルクを入れて飲んでいても、
何もいれない味を続けて飲むようになったのちに一旦美味しいと思うようになった途端それまでの好きだった味では飲めなくなります。
食事も同じで脂っこいものや濃い味からだんだんと素材の味を好むようになり、
漬物や味噌汁などで苦も無く一回の食事を済ませることが出来るようになります。

やはりワインもその理由からくるのでしょう。
はじめから好きだったわけではありませんが、
一旦それを美味しいと感じられるようになるとビールの味があれこれ混ぜて作られた飲み物ということが感じられてとても飲みにくくなりました。
ということで昨日は何を飲んだのかというと、翌日のことを考えてビールにしたのです。
翌日に何があるのかというと・・・

d0192112_20472211.jpg


こちらはご存知の方は知っている(当たり前)横浜のvafanさんの家です。

先月vafanさんからお会いする切っ掛けをいただいたのですが、
ついに来たという思いでこの日を迎えることが出来ました。

部屋のサイズは6、7畳ほどとのことでその空間に[Vienna Acoustics Beethoven Baby Grand]はありました。
それはいつものブログで見慣れた空間です。
そのSPは見るからに重量がありそうに見えます。

3way 4spバスレフ型。
低域をカバーするウーファーは152ミリ×2発。
サイズ的には決して大きくはないそのサイズからは想像できないほどの音がはっきりと聞こえてくるではありませんか。
しかもはじめ部屋に通されたときとても品が良い程度の音量で音楽が鳴っていたのですが、
その比較的音量を抑え気味にしているのにもかかわらずしっかり出ているこの低音は素晴らしいの一言。

はじめはCDをリッピングした音源から。
ジャズボーカルからフュージョン、そしてクラシックを聴かせていただいたのですが、
音の広がりやダイナミックさ、そして音質どれをとってもspのサイズからは想像できなかったほどの再生能力です。
決してポン置きでは真似できません。
vafanさんの追い込みと愛情があってこそのこの再生音に間違いありませんね。
それにしてもここまでの本格的なシステムによるこのサイズのspの音は初めて聞きました。
stereo sound誌No.184 Step5に、
「トールボーイタイプのspは、横幅をできるだけ小さくすることで音波をスムーズに回り込ませ、できるだけ広帯域に球面波を輻射できるように設計したもの」
とあるように回り込んだ音による全体的に包み込むような再生音は感心させられっぱなしでした。

d0192112_21403991.jpg


その後はこのシステムの中でイチバン目立つコイツです。
アナログではジャズと日本のポップス+歌謡曲を聴かせていただきました。
ご本人は盤の外周部と内周部との差が気になるとのことでしたが、
いやいやここまで安定していて全体的に厚みの増した再生音はなかなか得られるものではありませんよ。

d0192112_2154552.jpg


何を聴いても「これってこんな音楽だったんだ」(笑)と再認識しっぱなしの2時間半でした。

その後はそれぞれが車に乗って蕎麦屋へ。
そこでは私からの何の脈絡もない話もvafanさんは黙ってきいてくれ、
今思えば同い年とは思えないほど落ち着いた方だったなあという印象があります。

私とは全く正反対でした。(反省)

その後は私の家で第二弾。
2時過ぎから5時ころまで我が家のシステムの音を聴いていただきましたが、
vafanさんにはどのように聞こえたのでしょうか?

今日はあっという間の一日でした。ありがとうございます。

また、機会がありましたらゆっくりお聞かせください。
その時はデジタルについてご教示願います。

by pat_mthny7205 | 2012-09-22 21:59 | audio | Comments(5)
Commented by GRF at 2012-09-23 03:38 x
相互訪問は昨日だったのですね。行きたかったです。相変わらず、きれいな配置ですが、肝心のVAのスピーカーが写っていませんね(笑)。内外周の音の差が大きいときは、インサイドフォースキャンセラーが少し甘いとそうなります。針圧より目盛り一つ分ぐらい多く掛けると良いようです。Vanfanさんの感想が楽しみですね。
Commented by 横浜のvafan at 2012-09-23 10:54 x
pat_mthny7205さん、お疲れ様&ありがとうございます。

ダブルヘッダーは新鮮で面白かったです。音場に慣れるの時間が
かかりましたが、視覚的な印象も入っていたのかも知れません。
慣れてからは音楽に浸ることができました。

ツィマーマンと平原綾香は、買おうと思っています。

ワインよりはビール・焼酎なのですが、こちらも、いつか
お願いします。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-09-23 12:46
GRFさん こんにちは
このように他の方の音を聴くと冷静になれます
分析のための比較をするということ
それは以降の自分の音づくりにプラスになると考えています
その作業はあくまでも良い音で音楽を楽しむためということは敢えて申し上げるまでもありませんが・・・
ところでコンシーケンスの次の公演はいつ頃になりますか
Commented by pat_mthny7205 at 2012-09-23 12:56
横浜のvafanさん
昨日は久しぶりに古巣エリアに来て如何でしたか
田舎も遅い時間ですが過ごしよく(?)変化しているのを感じていただいたかとおもいます
クリスチャン・ツィマーマンはわたくしの中では上位ランキングピアニストの内のひとりです
可能であれば他のピアニストによるショパンのバラード№1を聴いてみることをお勧めします
この方の表現の素晴らしさがより一層伝わってくると思いますから
アルコールの会は年内実施になりそうですね
Commented by GRF at 2012-09-25 10:53 x
>ところでコンシーケンスの次の公演はいつ頃になりますか

やはり、11月以降の寒くなってからです。


<< どの辺がクリーン?      とんぼ返り >>