One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 10月 15日

こんなに良い曲だったんですね

日曜は7時前に起きてすぐにオーディオの電源を入れました。

d0192112_2156262.jpg

Symphony No 2 Resurrection

先週の金曜からずっと車の中で聴いているのが、
小沢征爾指揮/サイトウキネンオーケストラ マーラー交響曲第2番から最終楽章です。

このCDは大分前に購入し車のHDに入れていたが録音しただけで聞いていた訳ではありませんでした。
そのため後半の第4、第5楽章などは全くといってよいほど知りませんでした。
たとえ前のトラックを聴いた流れでこの曲がかかったとしてもこれまでであれば違う曲に変えていたのが、
金曜日に限っては何故かそのまま流して聴いていました。

第4楽章もアルトの独唱が入りますが第5楽章の20分程経ったところから合唱が聴こえ始めるあたりから大きく雰囲気を変えていきます。
この楽章で歌われる歌詞はフリードリヒ・ゴットリープ・クロプシュトックというドイツの詩人がイエス・キリストの復活を書いた詩を引用したもののようです。
ソプラノ、アルト、合唱とがその歌詞を歌い、
最後はまるで映画音楽みたいな雰囲気で、
特に鐘のように聞こえる音が希望を与えてくれるかのように鳴り響きフィナーレです。
この楽章だけでも30分を優に超える演奏時間です。
とても素晴らしい曲でこの楽章だけでもとても聴きごたえがあります。

とはいえ車の中ではさすがに小さい音は聞こえにくく、
私の車がディーゼルENGなのが更に聞こえなくしてしまいます。

それでもこの二日間だけで何度聞いたことか。

ということで今日はこの「復活」最終楽章を家で聴こうという試みです。
スィッチを入れてそれほど時間もたたないうちに早速音を出しました。

始めに第5楽章の10分程経過したあたりに始まるティンパニを聞きました。
しかし結果はカーオーディオの方が迫力があると思われるほどの貧弱な音です。
何しろ下が出ていません。

やはり機器が温まっていないせいなのか。
いずれにせよこれでは聞く気になれないのでそのまま電源を入れっぱなしにして買い物に出かけました。
そして帰宅したのは午後1時半ころ。
それから家の中の用事を済ませて椅子に座ったのは2時過ぎです。
いつもならここでアルコールを飲んでしまうのですが、
そうすると耳の方がいい加減になってしまうのでここは少々我慢です。

さすがに朝聞いた音と比べれば奥行きが増した音になっています。
それはそれでよいのですが今日はあまり良い音でなっていません。
音に厚みが感じられないのです。

日によってとても良い音に聞える場合もあるのですが、
これもセッティングがきっちり出来ていないからなのでしょうか。

良く聞こえるCDばかり聴いていて満足しているようではだめで、
良く聞こえないCDを良い音で如何に鳴らすかということでいうと、
このCDはこれから何かにつけて鳴らすことになるのでしょう。

もっとも中身が入っていないCDは何も聞こえないのと一緒で入っていない音は聞こえません。
入っている音しか聞こえないのです。
その入っている音をすべて出せるようにしなければという意味です。

しかし車の中は吸音材だらけのせいかまあまあの音で聞かせますね。

ところでそのあとは久しぶりに今年4月30日の訪問時に録った音を聞いていました。
暫くは音も出さずにホーンSPやその他周辺機器の説明です。
中でも特にAccuphaseについてはとても評価が高く、
ホーン+マルチを組む為にならこれしかないといったような発言もありました。

そのほかCDやSACDそれぞれについての話などがあり自分でも忘れてしまっていた内容も聞くことが出来ます。
そんな中チャンデバの話になりクロスオーバーはいくつで設定しているのかという話になりました。
すると以外にも中低音(MB-90)の帯域はそれほど広くはないことに気づいたのです。
自分とは受持ちの帯域が違うのでクロスを落としてみることにしました。

するとこれまである周波数部分になると音が薄く感じられる部分があったのですが、
それが改善されてるようになったではありませんか。
中低・高音それぞれのレベルを調整したら更に自然なつながりになって聞えるようになりました。

実際に訪問した際に私に貸して上げよう仰っていた本を忘れてきてしまったのですが、
それを熟読していたのならば今更こんなことに驚くことはなかったのかもしれません。
しかし結果的にこれは(二度目ですが)ご本人からご指導をいただいたと同じことであり、
とてもありがたいことです。

結局最後まで聴かないうちに晩御飯の時間になったのですが、
時間にして2時間54分分収録されているようです。
残りは何が入っているのか・・・

ちなみに肝心なピアノ演奏の音はたぶん入っていないものと思われます。
いや~、これはとてもザンネンですね。

by pat_mthny7205 | 2012-10-15 21:52 | audio | Comments(0)


<< 不安      お別れ >>