2012年 10月 21日

あらためての確認

最近というか本当は一、二か月ほど前からCDから出てくる音だけではなくintrnet radioから流れてくる音にさえも感動しなくなってきたというかつまらない音に感じていました。
それは何が原因なのかということについてははっきりとした原因がつかめていなかったので、
これまで何もせずそのままの状態で音楽を聴いていたのです。

とはいえ何をすれば一番効果的かというのは頭の中で考えてうすうす感づいていたので、
実をいうと後はそれを実行するタイミングを狙っていただけのことなのです。

ということで今日はSPの調整をいたしました。

最新号のStereoSoundにSPのセッティングについての内容があります。
それを読んで「キッチリとしたセッティングする」ということをしたことがないのにあらためて気が付きました。
ここでいう「キッチリ」というのはあくまでも寸法的な意味合いのことでそれ以外の何物をも意味するものではありませんが、
今回はそこに書かれていることをそのまま実行したというわけではありません。
しかし不満のあるいまの状況を脱するきっかけを与えてもらったのは間違いありません。

調整の内容はただ一つ、
平行方にする(戻す)ということです。

ではなぜ今また元の平行法に戻すのかというと、
自分の中で音の変化や音の種類、
また、音の良しあしが以前よりは確実にわかるようになってきている筈で、
以前の平行法時に正確に評価できていたのかというところが気になったのです。
ということでいまここでまた平行法に戻してみて改めてどのような音が出てくるのかを確認してみたいという気になったのでした。

d0192112_17292996.jpg


ピッチは依然と比べ多少広がっています。
SPの中心位置からボード端面まで720ミリ。
左右SPピッチで2,350ミリです。

d0192112_17352228.jpg

この画像は今年の5月初旬に撮ったものですが、
このころと比べ片側200ミリ。
左右で400ミリ程度外に広くとりました。

音出しをする前に内振りから平行にしたことにより想定していたことといえば、
音の密度感が薄れることです。

特に左右のSPの中心位置で聞えるボーカルの範囲に影響が出るのではないかと懸念していました。

しかし変更後に聞えてくる音はというと、
先ずステージ感が全く違います。

ホーンということでコーン型のSPよりも音がダイレクトに耳に入ってくる(耳の傍まで音が届いている)印象があるのですが、
その反対で音の広がりが上手く再生しにくい特徴があります。

それを更に内振りにすることにより直接音のみを聞くことになると考えます。

しかしホーンを使っていながらも音の広がりも得たいと思っている自分としてはこれはアリでしょう。

更に音の厚みや低音の出方はどうかというと、
意外に薄くなるというよりは逆に増したように聞こえたのです。

d0192112_18161478.jpg

いつものリファレンスCDとしているツィメルマン(ツィマーマン)の、
ショパン/バラード 第一番をかけました。

内振りのセッティングと比べても音の密度感は劣っていません。
それどころかなぜか音の輪郭がはっきりしているせいで低音が痩せて聞こえません。
低音の厚みというよりも低音の存在感が増した印象です。

そしてそれに加え更にひろがりが全く違うので、
SPからの音を聞いているというよりは空間の音を聞いているといった表現の方があっていると思います。

最近TVでも聞く機会がある[Sergei Prokofiev: Romeo and Juliet]も聞きました。
トロンボーンの敢えて歪ませた音とコントラバスとのユニゾンがはっきり聞き分けられて鳴り、
それにのせて奏でられる弦楽器の音のいつにもまして低い部分が良く鳴っているのがわかるようになりました。

このように一度試したことでも以前はその良さがわからないというか気が付かないせいで、
良い部分を見逃し、いや聞き逃してしまっていたということもあると思います。

いろいろ試しているうちに自分の耳も肥えてきているはずなので、
違う意味でいったん戻すということも大事だということがわかったのでした。

さて、今日は朝からとても良い天気で、
日中は過ごしやすいというよりも暑いほどの天候でしたね。

d0192112_1949187.jpg


夕方には真南の空にこのような月がぽっかり浮かんでいたので思わず「カシャッ」としました。

来月はいよいよ母の一周忌です。

費用面も考えまたしても車による移動です。

11月後半の時期なのでスタッドレスを購入。
スタッドレスの使用経験は新潟や京都などの高速、一般道であるのですが、
それもかなり前のことなので少しわくわく(?)しています。

そんな気持ちでいると却って雪が降らないなんてことになりがちです。
まあ、降らなければ降らない方が良いのは間違いありませんが、
ちょっとだけでも試してみたいと思うのは変でしょうか。

せっかく4WDってことでもありますからね。

by pat_mthny7205 | 2012-10-21 18:56 | audio | Comments(0)


<< 全ての人の上に・・・      不安 >>