One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 20日

ありがたいですね

前日の荒れた天気とは打って変わって翌日の19日はすっきり晴れた気持ちの良い朝を迎えました。
しかし良い気分だったのもつかの間で床に置いてあったチャンデバを不注意にも素足で蹴ってけがをしてしまいました。
おそるおそるみると左足の薬指先端が割れています。
しかも結構深めに割れているではありませんか。
これで一気に気分はどん底です。

d0192112_23225357.jpg


そんな足をかばいながら午後から電車を乗り継いで青葉台にあるフィリアホールへ行きました。

この日は東京アカデミーオーケストラ(TAO)の定期演奏会です。

実はこの公演のことは自分で調べたわけではなく、
その週の初めにGRFさんからお誘いをいただいて初めて知ったというわけです。
ありがたいことです。
他にも私同様地元の横浜のvafanさんも誘っておられました。

d0192112_23225673.jpg

d0192112_23233266.jpg


少し早めにホール入口に着いたのですがそのときには数えるほどの人数しかいなかったのが、
開場時間直前の頃には可なり長い列が出来るほどでした。
しかし前の方に並んでいたおかげで全席自由なのですが前から5列目の中央の席を確保できました。

指揮者のいないオーケストラとはどのようなものなのか。
そういえば「指揮者というのはリハーサルをしっかりやっておけばあとはそれほど大変ではない」「本番はあちらこちらに行かないようにオーケストラの交通整理をしていればよい」などというような話を以前何かの本で読んだことがある。

なるほど。
ということは指揮者がいなくてもリハーサルでそれぞれの意見をまとめることが出来れば問題はないということなんでしょう。

音をだすタイミングなんかもみな慣れたもので遅れもさほど気にならない程度で演奏していました。
ただ各パートの人数というか音量バランスに少し調整が必要かナとはかんじましたけど。

d0192112_23243181.jpg


さてそのような(?)感じで演奏された音楽をこちらのオーケストラではDSD形式(1bit DSD)にて録音をしており、
その音源はホームページから無料配信されているのです。

d0192112_2325929.jpg


アマチュアのオーケストラでこのような超高解像度の音声ファイルを残しているのはとてもユニークですね。

d0192112_23255261.jpg


チケットは安価ですがとても素晴らしい上級な演奏を聴かせてくれます。
下のチビ介も行きたいといっていたので今度は二人で来てみようか知らん。

とても満足したコンサートも終わり3人でホールを後にしたのは5時半過ぎ。
駅前で車を拾い向かった先はIさん邸。

もちろん私はこれまで一度も直接お会いしたことはありませんが、
外にお出迎えしていただいたときお顔を拝見してすぐにわかりました。
以前雑誌に記載されていたお宅の方だったのですね。

通された部屋にはたくさんのアナログレコードが・・・
こちらの方は日本でも有数のレコードコレクターとのことです。
実はこの部屋にある私が見たレコードはほんの一部で、
その何倍もの数のレコードを他の部屋に所蔵されているとのこと。

その数多くの盤の中からIさんがお好きだと仰っていたバッハ以前の曲や、
マーラーの4番、ミケランジェリのドビュッシーなどをかけていただいた。
ご愛用のSPはモニターレッドのレクタンギュラーGRFです。
一聴して感じたのは雑誌などでも云われている硬質な音だということ。

しかしその印象も聴いていくうちにだんだんと変化していきました。
それは平面的ではなくとても奥行があり、
音が部屋全体に広がりそしてたっぷりとした低音がでるおかげで固めの音とのバランスがとれ、
最後には気にならなくなっているほどでした。

また聴かせていただいた音楽が50年以上も前のアナログレコードの音だということは、
教えていただかない限り全くわからないほど古さを感じさせない再生だったのにはオドロキです。

後ろ髪をひかれる思いでIさん邸を出たあとは4人で食事をしながらいろいろとお話を聞かせていただいたのですが、
その時改めてGRFさんも含めこのような方々と同じ時間を過ごせることに感謝したいと思いました。

最後にIさんが「来月になったら今よりももっと音が良くなっているからよかったらお出でください」と仰ってくださいました。
しかしその日は午前中がチビ介のクロスカントリー、夕方は学童保育のクリスマス会でリコーダーを披露する予定があったのです。
しかしチビすけ曰く「クロスカントリーだけ応援に来て!」とのこと。
そしてクリスマス会はお母さんだけで良いとのこと。

そうすれば午後からIさんのところへ伺えそうです。

因みにチビ介とのリコーダーの練習は運指やブレス、そして音符の長さを意識する吹き方など、
他の子どもよりレベルの高い練習(多分)を家で行ってきています。

間違いなくリハーサルは万全といえます。

本番はきっと指揮者がいなくても上手く出来ると本人も思っているのでしょうか・・・

まだ日はありますので時々チビ介に訊いてみて、
気が変わらない様であればお父さんは別行動をさせてもらいましょうか・・・

by pat_mthny7205 | 2012-11-20 23:34 | favorite | Comments(2)
Commented by 横浜のvafan at 2012-11-22 05:39 x
shigy65さん、お早うございます。

日曜日、楽しかったですね。こちらはまだ記事整理中です。
趣味で集まったメンバーでの飲食は、話題が尽きませんね。
金曜の夜だったらなあと、何度も思いました。

Iさんの音を聞いて、オーディオのスタイルの多様さを感じま
したし、スタイルを守ることも大事だなと思いました。
Commented by pat_mthny7205 at 2012-11-22 07:12
vafanさん
当日のことは出来る限り表面的な部分だけで終わらせることにしました。
ある意味で考えるところがありましたので。
それにしても日曜の晩にあのような時間の過ごし方をしたのははじめてです。
早く家に帰ることが出来また、家庭の雰囲気を壊さないことを考えると日曜もありかなという気がいたしました。


<< 年内にしたいことは      tube amp その後 >>