One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 01月 20日

original?

最近、というか昨年の春頃からオーディオで音楽を聴く際に気を付けているボリュームの調整。
悟朗さんに「カメラのピントと同じだよね」と云われたのがきっかけです。
それを気にかけながら、
でも初めのうちは良くわからないままに弄っていました。

そのうちそのピントが合う場所というかボケとの隣り合わせた位置の微妙な違いが判るようになってきました。
その差とはそのポイントよりも低い位置ではレンジが狭くそれぞれの音が平坦に聴こえるのが、
そのポイントに合わせた途端ワイドレンジになり一気に音の厚みが増します。
声のサイズもイチバン小さくはっきり聴こえてきますね。

そしてそのポイントを過ぎるとその音のバランスは崩れ(まとまらない)ボーカルの輪郭がぼやけて大きくなりはじめます。

とはいえこの調整は楽曲によって難しいモノもたくさんあります。
判断が付き易いのは声モノ。

しかしオーケストラの弱音が続く部分が多い楽曲ではなかなかうまくいきません。
やはり第一楽章か最終楽章のフォルテ部などで調整後にアタマから始めるしかないんですね。
よく聴く盤のボリューム位置くらいは覚えておく必要があります。

ということで最近よく聴いているCeline Dionです。
ずっと聴いていたのがThese Are Special Timesというクリスマスの音楽を収めている盤です。
選曲は主に1,2曲目だけでしたがそれも最近ではやはり時期外れということでチョイスしなくなってきました。

そこで最近はというと以前まとめて購入した中からALL THE WAY…A Decade Of Songを頻繁に聴くようになりました。
こちらはベスト+7つの新曲を収録した盤になるのでしょう。
これまで聴いたことのある曲などもチラホラあるようです。

そんな盤を聴こうとしたある日のこと、
久しぶりにThese Are Special Timesを聴いたあとにALL THE WAY・・・をかけました。
するとALL THE WAYの音のまとまりが全体的に弱いように感じたのです。
気になってCDの裏ジャケを見るとSony Music Entertainment(Japan)Inc.の文字があります。
These Are Special TimeをみるとSony Music Entertainment(Canada)Inc.と記されています。
Celine Dionはカナダ出身なので少なくともこちらの音源の方が良さそうな(?)気がします。
あらためて比較の目的で聴いてみるとやはりThese Are Special Timesのほうが断然良い音がします。
全体的に音のまとまりが違います。

それに気が付いてしまったので早速ネットで新たに取り寄せました。
Sony Music Entertainment(Canada)Inc.盤です。

d0192112_1446535.jpg

d0192112_14463024.jpg

(左がCanada盤)

手に入ったら入ったで期待半分不安半分といったところでしたが、
まあ何かしら発見はあるだろうという気持ちでいよいよ聴いてみることにしました。

聴いてみると確かに違いはあるのですがさほど大きくは違わないといった感じでした。
まあ、強いてあげたらCanada盤のほうが中央に全体のバランスが良く音がまとまっているという程度です。
しかも2,3回換えて聴いてわかったくらいでした。
それほど期待したほどでもなかったなという気になった時ふとあることに気が付いたのです。
それはプリのボリュームは変えずに聴いていたのですが、Canada盤の方が若干音量が少ないということです。

そこでピントを合わせるがごとくポイントを探し当て再度きいてみると、
圧倒的に厚みがありレンジの広い音が聴こえだしました。

改めてそれぞれの盤をそれぞれピントの合ったボリュームで聴き比べてもCanada盤のほうが良いですね。

日本盤は高い周波数の音が強くボーカルの音もきつく感じられます。
ハイトーンのボーカルですがそこまできつくはないでしょうといったかんじですね。

あと気が付いたのは収録されている曲の違いです。
日本盤にある比較的好んで聴いていたBe The Man、All By MyselfそれにImmortalityがなくなり、
If You Asked Me To、Love Can Move Mountainsの2曲がかわりに収録されています。

3曲に対し2曲ということで1曲減っていますね。
しかし、All By Myselfがないのは残念です。

この曲のためにもう1枚かな?

by pat_mthny7205 | 2013-01-20 14:44 | audio | Comments(0)


<< 久しぶりの調整ネタ      想定外 >>