One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 02日

更に上質な音に

先日オーディオネタを発見して調整してからというものそれ以前と比べ少しの時間でも更なる追い込みをするようになりました。
昨日はというと車のディーラーへ行く用事がありショールームで調整の上がりを待つつもりでいたのですが、
作業時間が3時間以上との予測らしいので代車を借りて帰宅することに。
終了したら家まで持ってきてくれるとのことなのでゆっくりオーディオの時間がとれますね。

ということで以前から気になっていたSPの位置です。
SPを現在の位置に設定したのが昨年の5月ですが、
部屋の横幅いっぱいのところまで広げたうえに更に内振りへ変更しました。

d0192112_2236515.jpg


今回は左右に広げる前の位置(1,820ミリ)に近い2,100ミリの場所まで戻しました。
X軸方向を変更した理由としてはそもそも左右に広げた理由が内振りにして良い音を出す為なので、
以前の低音が楽に鳴っていた位置に戻すというところから来ています。

Y軸はというとこちらは以前と同じになりますが、
左右の位置を変えたので床下に幅900ミリピッチで入ってある根太の上にX-Yで載せることが出来ました。
そもそも我が家は計画ミスで床の強度が高くないので、
このように根太がクロスしている上に設置するのはとても有効ですね。

平行法で左右にある壁ギリギリにSPを置くのは問題があると考えたのもあります。
折角後ろの壁から話して設置出来ているのですから、
ホーン以外の音の回り込みの経路を多く作ってやるのも大事なのでしょうから。

その後チャンデバの調整です。

SP位置を変更した結果音の厚みに変化が出ます。
しかし満足とは程遠いところにあるので今回は曲を鳴らしながら細かく音を聴き分け、
どの音に不満があるのかを一つ一つ耳で拾って調整することにしました。

上昇や下降するフレーズが判り易いのですが、
駄目なところは音のカラーが他の音色と違って聴こえます。
声で言うと声質というか敢えて発声の仕方を変えているかのようにその部分だけ違って聴こえます。

楽器ではピアノが判り易いです。
他の音色と違い良くない部分だけが硬く薄い音に聴こえますね。
あの「ホーン特有の音(なき)」にも似ているところがあります。

その音が聴こえるCDの同じ部分を何度も流しながらチャンデバの調整を繰り返します。
前回低音部の調整の際にレベルだけではなくクロスオーバーも調整した結果持っていきたい方向に変化したので、
今回は早い段階からクロスオーバーを確認。

今回は中低音と高音です。

低音同様ここも久しぶりに弄ることになりますが数値を表示してびっくりです。
先ずは中低音と高音との周波数の値が揃っていなかったということと、
中低音ドライバーのMaxの周波数の値よりもクロスオーバーの数値が上で設定されていたということです。

いつからこのような設定だったのかはわかりませんが今考えてもとてもキモチわるいモノです。

それらを修正したのちにまた細かい聞き分けをしながら調整の繰り返しです。

d0192112_22304657.jpg


白井 光子/BRAHMS 21 LIEDER op.19 No.15
はじめてGRFのある部屋に通されて一曲目に聴かせていただいた曲です。
ピアノの低音部多分Fになるかと思いますがこの音がどのように鳴るか(聴こえるか)で決まってきます。
イメージとしてはやはり初めてGRFさんのお宅で聴かせていただいた音ですかね。

あの低音を出そうと思えば出来なくもないほど重量のあるそして高い倍音部分まで出るようになりましたが、
そのボリュームを出そうとするとボーカルが聴きづらくなります。
耳につく音を絞ろうとすると低音に影響が出てしまうのです。
なかなかうまくバランスが取れずしばらく時間がかかりましたが、
そういう場合は一旦別の曲をかけて別のアプローチから調整し直しです。

d0192112_22281137.jpg


クリスチャン・ツィメルマン/Chopin Ballade No.1 in G minor.Op.23
低音部もそうですが中・高音部に至るまで一音一音を聞き取り、
音色の違いがないか探し出します。

この一曲は全曲通してのバランスがとても良くとれた調整結果でした。

その後改めて白井光子をかけてみるとピアノとボーカルのバランスが良い音で聴こえます。

残すは微妙な調整です。

最終的にこのような結果になりました。

d0192112_22415899.jpg


クロスオーバー

d0192112_22422921.jpg


レベル

d0192112_22451956.jpg


AD9624のレベル

全体的に耳につく音はなくこれまでよりも立体的な鳴り方をするようになりました。

あと少し低音を少し絞ればパーフェクトでしょう。

オーディオのスウィッチをOFFにするのが惜しいというか、
朝起きたらすぐにでも音楽を聴きたいと思うほどの気持ちになったのは久しぶりです。

この変化をどのように表現すればよいのでしょう。

イイです!

by pat_mthny7205 | 2013-02-02 22:43 | audio | Comments(3)
Commented by smart-time at 2013-02-05 20:55
こんにちは。
何度もコメント頂き、ありがとうございます。
掲載されている記事をみていると、私には真似のできないような聴覚をお持ちのようですね。
BOSEのwave radioで満足している身から見ると羨ましい限りです。
これから色々勉強させて下さい!
お気に入り登録させて頂きました<(__)>
Commented by pat_mthny7205 at 2013-02-06 19:28
お越しいただき有難うございます。
特に変わったことをやってないんですよ。
きっと文字にすると大げさに感じるんですね(笑)
BOSEはわたくしも欲しいと思ったことはありました。
何れの製品もサイズから想像する以上の音で再生してくれる素晴らしさがありますね。

いつも優しい空気を感じを感じさせていただき有難うございます。
これからもよろしくお願いいたします。
Commented at 2013-02-07 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< いよいよ回転系のはなし      久しぶりの調整ネタ >>