2013年 02月 20日

いよいよ回転系のはなし

昨年末から不具合を起こしていたインターネット・ラジオは、
問題が確認できた時点ですぐにメーカーのホームページから内容を伝えるメールを送信し返信待ちの状態でした。
考えてみればそれぎりで回答がなく、
一方、私はというとそのようなことをしたことも忘れておりそのままの状態でした。

そんな放ったままの現状にふと気が付いた先日、
一度は設定内容の確認をしたけれど上手くいかなかったことを改めてチャレンジし直すことにしました。

前回と同じことをしてもまた同じ結果を導くだけなので、
今回は我ながらめずらしく説明書を読んで少しでも確実な手順を踏んでいこうという気になりました。

内容はつまらないのでとばしますが、
なんと結果は2か月以上ぶりに繋がってくれました。

久しぶりに聴くインターネット・ラジオの音はというと・・・
やはり先ずはクラシック・ラジオを選曲しましたが、
聴くことが出来なかった期間ずっと聴いていたCDとの比較はやはりこちらの方が良い音なのです。

いわゆる良く云う目の前の靄がなくなったとでも云いましょうか。
音がクリアになったけれどもそれは決して高音だけのことではないんですね。

しばらく聴いていたのだがやはりその質の違いに間違いはなく、
これではいけないという結論に達したのです。

[Classic Radio]はクラシック専門ラジオ局です。
メリットとしては様々なアーティストによるさまざまな楽曲を勝手に選局して聴かせてくれるということで、
自分が所有しているソフトからチョイスするより多くの音源を楽しむことが出来るということになります。
デメリットとして聴きたい時に聴きたい曲をかけられないということです。
何がいけないのかというと問題はCDの再生でクリア出来ていないということです。

さてintrnt radioはというと予想通り翌日電源を入れたらまた以前と同じように繋がらなくなっていました。

とりあえず前日繋がったことから機器にではなく設定に問題があるということと、
新たな問題としてCDで良い音質の再生をするにはどうするかということがわかっただけでも収穫です。

さて本題のCD再生の問題についてです。
これはCD Playerのグレードアップ、そうクロックアップが必要です。

d0192112_1932472.jpg


いま使用しているSONY CDP-X5000をグレードアップすることは出来ないのか?
そういえばSDサウンドでCDのクロックアップの受付の記事を読んだ覚えがあります。
ということで早速GRFさんに相談。

d0192112_19324051.jpg


しかし残念なことにSDサウンドで受けられるのは、
石田さんがSONY時代にご自分で手がけた機器にかぎられるとのこと。

d0192112_19331986.jpg


CDP-MS1や

d0192112_19341892.jpg


CDP-XA55ESなどになるようです。
云われてみればそれはごもっとも。

話は違いますがそういえば外部クロックとCDプレイヤー本体のクロックアップとでは音質に違いがあるという話を聞いたことがあります。

そこはやはり安くて音が良いほうがイイですよね。

さていよいよCDプレイヤーの改善をするんでしょうか。

でも、普通にCDをかけて最高の音が出てくるなんて夢のようですね。

by pat_mthny7205 | 2013-02-20 19:37 | audio | Comments(0)


<< あわやっ      更に上質な音に >>