2013年 03月 10日

2012.04.30-2

音を聞き分けるためには「絶対音量」が必要ということ。
その「音」という種類の中にCDとSACDの音があります。
PCMとDSDで考えると後者の方がやはり音質が優れているということになるのでしょうが、
とは云えCDの音はどうなのか・・・

***********************************************************************

いまのCDとSACDをパッと聞いて違いが判る人は先ずほとんどいないと思う

d0192112_2144438.jpg


SACDのシングルレイヤーのほうが音がイイのは、SACDは6㏈上と下にダイナミックレンジが広いんです 
ハイブリッド盤の時代になると器が小さいのでその部分が生かされないんですよ
だから6㏈を生かしたマスタリングをしなくてはならない 
生かしたマスタリングをしないと生きないんです

EUは2ch(ツーチャン)はCDで十分だと思ってんですよ 
SACDはマルチの器、サラウンドの器と考えているんです
だからCDですらも音がよすぎるって思っているわけ

自分も2chCDは十分音がイイかなと思っている
もちろんSACDのほうが器としてはいいけど・・・

「CDの器とか能力はそんなに低いものじゃあない」

これぐらい突き詰めたら変わらない
B&W800Dで聴いたらそんなに変わらない

「CDとSACDを聴き比べると、普通の人(という云い方をしている)の9割以上の人がCDをSACDと云うでしょう」
***********************************************************************
それで、SACDの方はぼやけているっていうんですね
聴感上情報量が少ない方が情報量が大きく聴こえるんですね   
普通、画面を見ているときってある一点だけをみているんですよ、案外・・・
一点だけを たとえばボーカルの口だけをfixでみている 

そうするとくっきり見える

写真でいうと画素数が多ければ大きいほど情報量が多くて細かく見えるから一見ボケて見える 
情報量が多いってことはウォーリーを探せになってしまう
人がいっぱいいるわけだから・・・

だけど最初から「A」をみたいっていう人にとっては人が少ない方がイイワケ

情報を整理するってこと自体が録音っていうことなんですけどね

映像とかでもすごく面白いのは、そういうマニアの人はアップをみちゃうんだよね
たとえばその・・・DVDのね、プレイヤーとか評価するのに解像度、アップのね、例えばニコール・キッドマンの唇の色なんかをみようとするワケ。

アップってことは情報量が少ないってことなんですね
要するにアップにするってことは一定の情報量の中から一部を切り取っているわけですから

自分たちは解像度を見るときはプロジェクターの良さとか、引きの画を見ているワケ
どこまで引いて、例えば顔のアップがあってウエストショットがあって全身があってもっと引きがあって
カーナビでだんだんにこう・・拡大、縮尺するとどこまでワイドショットになった時に顔が見えるか

そこで決めているワケ

バストショットで顔が見えるのは当たり前でしょ
それが10人100人になってもそのひとりの顔の表情をみようとしたときに見えるかどうか
それが解像度なんだよね

だけどそういう風に見ないからね・・・

だから音もそういう聴き方をするとSACDとCDの差はもう多分・・・   
一回この味、味の違いをおぼえてしまうと先ず間違えないんだけど、
あんまり普通はそうは思わないみたいね、クッキリ聞こえた方が情報量が多いと思っちゃうんだよね
なんていうの、エッジが立つっていうのかな
要するにあの、字幕なんか一番良くわかるんだけど白のところに黒のフチをつけるとクッキリ白が浮き上がるんだよね
そういうモデリングっていうか・・・

一度わかればわかるんだよね。味のちがいみたいなもんだから・・・
***********************************************************************
これがコントラバスマリンバのCD。家でかけるとビンビン天井なんか鳴りますからね
こないだ何かのオーディオの人が来てかけたんです、久しぶりに・・・
そうしたらさっき点けた電球があるじゃないですか、真ん中の・・・あれが切れていたと思ってたの、球が・・・
だから消えてたんですよずっと

これ球切れて変えなきゃいけない、めんどくさいって思ってたときコントラバスマリンバをかけたらパッってついちゃった。

CDの初期はやっぱりこういう、なんて云うのかなあ、限界に挑戦するようなのもあったんだけど、やっぱり装置壊しちゃうんだよね。

***********************************************************************

「でもね、CDはほんと不幸だと思うよ」

要するに、CDが出た時に、あっ、まず最初にCDプレイヤーが出た時に見切り発車っていうかイイCDプレイヤーがなかったんですよ
あとやっぱり当時のオーディオの人たちが変てこな音で鳴らしてましたから、要するにそこにいきなりCDみたいな周波数特性がビシって揃ったのを鳴らすとアラが出てしまうんです
あとCDっていうのは夢のメディアだったんだけど結局出てみたら何だこりゃみたいなことになっちゃって
理由をつけなくちゃならないじゃないですか

「そうしたらフォーマットのせいにしてしまったんですよ」

だから、いまでもそうなんです
オーディオのヤツは要するに雑誌もディーラーも一個だけできないことがあって、ユーザーにあんたの腕がしょぼいからイイ音出ないって言えないんです

d0192112_7115467.jpg


それが真実なんです

だけど雑誌もそうかけない。だから何かをワルものにしなくちゃいけない

北朝鮮みたいに・・・

で、CDフォーマットがそれのやり玉にあがっちゃったんです。

「だけど44.1kHz/16bitてそんな悪いフォーマットじゃないんです」

ではなぜそれをユーザーに云えないのか

やっぱりそれは趣味だからじゃあないんですか
だからゴルフとかカメラとかはね、たとえばカメラがいくら良くってもやっぱりウデじゃないですか  
ゴルフだってクラブがいいからっていい成績が出せるってもんじゃないでしょ

でも事オーディオに対してはそういう風な認識のされ方をしていないんです
でもほんとうは大事なのは自分はウデだと思うワケ

だから自分はオーディオはウデだって云っているんだけど一般にはそういう考えは普及しない・・・
自分はマルチサラウンドなんか普及しなくたって全然構わないんだけど、普及するってことはレベルが下がるってことなんですからね

「だから芸術に普及なんて概念は無縁だと思うんだけど」

2chすらもうまく鳴らせない人が5個のSPを使ってうまく鳴らせるわけないと思っているんです
ただ2chももう突き詰めちゃってもっとすごい世界に行きたいと思ってやってくれれば良いんじゃないのかなと思うんだけど・・・
でもなかなかそういう風に受け取られないんですもんね

みんななんかのせいにしちゃうわけでしょ・・・  

1:28:32

by pat_mthny7205 | 2013-03-10 21:44 | favorite | Comments(13)
Commented by TANNOY-GRF at 2013-03-11 06:39
今日はずばりと直球勝負で良いですね。こちらの書き方の方が、良いですね。どんどん言ってください。皆さんはCDの本当の音をまだ聴いていないと!
Commented by pat_mthny7205 at 2013-03-11 10:37
本人が既にいないといっても「これ載せてイイのかな?」と思う部分は省いています
反面、もう一度聞きなおして、
もっと「ゴローさんの言葉」として伝えた方が良いのかなとも思っています
Commented by 横浜のvafan at 2013-03-12 06:28 x
これは、とても貴重な記録を、公開いただきました。
ほぼ音源がCDの私としては、力になります。
Commented by Ponta at 2013-03-12 06:57 x
初めまして。m( _ _ )m Pontaと申します。
普段断片でしか言わないことを、ゴローさん、こんなにまとめてコメントしてたんですね。驚きました。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-03-12 12:06
横浜のvafanさん
なぜ今になってこの録音のことを思い出したのか分りませんが、
このように文字にする作業をすることでゴローさんの伝えたかったことが更に良くわかります
vafanさんのD/A conv計画もこれで勢いがつきますでしょうか(笑)
Commented by pat_mthny7205 at 2013-03-12 12:26
Pontaさん こちらこそはじめまして
私の場合お付き合いが短かった為ゴローさんのことを良くは存じ上げません
無知な私にいろいろ教えたかったのでしょうね(笑)
録音時間からして約半分ですがこの後何が残されているのでしょうか・・・
今後ともよろしくお願いいたします
また来てくださいね
Commented by Ponta at 2013-03-12 18:13 x
いやぁ、怖ったんで、べったりお付き合いさせて戴いたのは1年にも満たないと思います。
こんなにまとまったお話されたのは、意気投合出来ると判断されたからでしょう。
私なんぞゴローさんから見れば、おもちゃですから‥。
Commented by GRFmemory at 2013-03-17 12:24
SACDプレーヤーの無い私にとって、ものすごく刺激になる記事でした。いまだにレコード中心で音楽を楽しんでいますから!
もちろん、CDプレーヤーはありますが・・・
Commented by pat_mthny7205 at 2013-03-17 12:48
要するに本当のCDの音を鳴らせるようになればSACDは要らないのかも知れませんね
もちろん2chに限りますが・・・
私は逆にアナログは上手く鳴らせていないのに気が付き、今はCDのみの再生です
しかし決してあきらめたわけではありません
いずれは再開するつもりです
Commented by Ponta at 2013-03-17 19:42 x
う~ん‥。 ゴローさんは、そういうふうには言っていないと思いますが。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-03-18 10:49
>本当のCDの音を鳴らせるようになればSACDは要らないのかも知れませんね
SACDプレイヤーを所有していない私とコメントを頂いた方にとってはということです
それほど本当のCDの音はすばらしいというだけのことです
Commented by 赤鬼 at 2013-03-20 11:30 x
こんにちは、ご無沙汰しています。

技術的なことはわかりませんが、以下の言葉は「なるほど」と思いました。

>聴感上情報量が少ない方が情報量が大きく聴こえるんですね   
>普通、画面を見ているときってある一点だけをみているんですよ、案外・・・
>一点だけを たとえばボーカルの口だけをfixでみている 

>そうするとくっきり見える

>写真でいうと画素数が多ければ大きいほど情報量が多くて細かく見えるから一見ボケて見える 

もしかすると、アナログレコードもSACDと同じことが言えるんのでしょうか・・・
Commented by pat_mthny7205 at 2013-03-21 23:12
赤鬼さん 遅くなりまして申し訳ありません
そうですね これらのことは普段何気なく自分でもそうしているような気がします
>アナログレコードもSACDと同じことが言えるんのでしょうか・・・
このあたりは今度お会いしたときにでもゆっくりお話いたしましょう


<< これがきっかけで・・・      2012.04.30-1 >>