2013年 05月 04日

AIT LAB 

平日の私だけ休み最終日の5月2日
その日は朝からやけに寒さが身にしみます
暖房もつけずに私以外は出かける前の支度を淡々とこなしている様子
確かに寒いと云って暖房をつけてゆっくり暖まっているなどという時間はないのだから仕方がない
休みの人間は黙って居ることにしよう
ということでそれぞれが時間になって出ていくのを見送ったり送らなかったりで最後のチビ介もとうとう出ていった
さてっ、ということでまあ何はなくともとりあえずスィッチON

ソフトは購入の翌日から7,8回は取り出して聴いている[Chris Kase/six]
久しぶりにへヴィーローテーションというやつですね

考えてみればこのように繰り返し聴きたくなるCDがでてくるというのはそうはありません
まあそれも購入する数にもよるかもしれませんが
しかも先月まで比較的遠のいていたジャズのアルバムでなんて!
(「なんて」っていっても別に悪く云っているわけではないんです)

29日のライヴやお気に入りのCDなどの影響でめっきりジャズを聴く回数が多くなりました

ちょっと話はそれましたがそのCDをかけながら出かける準備をしていたが、
ふと外を見ると空に雲はなく青空が広がっているではありませんか
起きた時に寒かったので少し服装も若干季節を逆戻り気味にしたので、
これでは少し暑くなりはしないかと不安がよぎりましたが面倒なのでそのままお出かけ

それでも外に出たら日差しは暖かいが風が冷たく感じられたのでちょうど良かったのかも

お宅訪問の際にいつも寄るケーキ屋さん[Pose Café]でいつものケーキ「ぽっちーず」を買って目的地へ

向かった先は緑区
少し混みはしないかと思い少々早めに家を出た後にあることに気が付いたのです
それは世間はお休みではなかったということ

案の定ナビに表示された通りの所要時間で目的地に到着
20分程度早かったがたかが20分されど20分ということで近くの本屋で時間つぶし

その後あらためて目的のお宅の前に到着
今日の訪問先は先日ライブにお付き合いいただいた横浜のvafanさん邸

d0192112_21203755.jpg


今回で二度目になります

d0192112_2123421.jpg


しかし今回は前回とは違いとても興味深い機器が加わっています

d0192112_2122316.jpg


それは当人のブログにもあるD/Aコンバータ

決して有名ではないと思われるこのコンバータのイチバンの特徴はやはり使用しているチップです

ESS社製ES9018

しかもPCM音源をリアルタイムにてDSDに変換して出力できるとのこと

しかしこのES9018は従来では高精度変換(AIT LABではロック外れと称している Fs=192kHz)で使用するには動作が不安定らしく、
途中で止まってしまう症状がでるらしい
確かに同じチップを搭載しているコンバータのホームページにそのような症状に対する質問と対策がFAQとして記載されているのも見かけました

今回vafanさんの導入した機器はその高精度の場合でも音が途切れることがなく再生できるようにしたAIT LABO製 dualES9018DACです

さて当日はvafanさんのお宅へ到着しましたが
そのまま徒歩で予約して頂いているというオーガニック素材を私用した料理を出してくれるというレストランへ

比較的ゆっくりとした時間を昼食にあてた結果になりましたが、
とても美味しく満足できる食事をいただくことが出来ました

そしていよいよ音楽を楽しむ時間です

私の目的はやはり先に上げた導入したてのD/A CONVです
これがvafanさんのお宅のシステムの再生音にどのような変化(効果)をもたらしたのか
という部分が今回のイチバンの興味というか確認したかったことでしたが、
残念なことに以前伺った際のエソテリックの音の記憶がありません

しかし今の音を聴かせていただくことで何かしらの違いは確認できるのではないかとのことで早速聴かせていただきます

d0192112_2156224.jpg


はじめはグリモーのモーツァルトピアノソナタです
1. ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310(300d) 第1楽章:Allegro maestoso

聞き始めの曲の前半でこのコンバータの能力の高さははっきりとわかりました
この曲は音数の多い曲でほぼ16分音符でメロディーで、
まったくの当てずっぽうですがテンポはM.M=120程度でしょうか

先ず感心したのはその程度の速度によるピアノ演奏でも音が崩れるようなことがないということ
しかも高音と比べ125Hz以下の濁りやすい音程でも粒だったそれぞれの音がはっきりとSPから部屋中にあふれてくるのです
この時点で以前の音がどうだったのかなどということはすでにどうでもよくなりました(笑)
かわりに今再生されている音の良さを理解するために
今流れている音楽からひとつでも多くポイントを掴もうという気持ちに切り替わりました

空間表現は素晴らしくいわゆる演奏(録音)されている部屋のサイズをも想像することができそうなほど
素晴らしいのはピアノだけではなくヴァイオリンも同様です

そしてさらにジャズも素晴らしいのひと言
細かい音が再生されるようになるとクラシックには有効だがジャズには物足りなさを感じるというのをよく聞きます
しかしこのコンバータを通過して出てくる音に関してはそのようなことはないですね
これはあくまでも好みの問題になるかもしれないが、
パワフルさも欠いておらず各楽器の再生音もクッキリして、
まさに部屋でライブ演奏をしているかのような気持ちよさです

気が付いたらvafanさんに購入時のお話をあれこれ訊いていましたが、
試聴用に機器の貸し出しもあるんですよということをvafanさんに云われた時に我に返りました
我が家のシステムにそれをいれたら・・・などということを考えただけでも居ても立っても居られないのがオソロシイですね

vafanさんが仰っていた通りこのような機器は新機種が出るのが早く慎重に考えた方が良いのはわかりますが、
このAIT LABの製品を聴いてその良さが間違いのないものという事実を知ってしまうと話は別(!)なんて考えになり、
帰り道はさてこれからどうしようかなどということをあれこれ考えていました

おまけ

d0192112_21245677.jpg


翌日はあれこれ用事を済ませながら午後は山下公園の仮装行列をぼんやり眺め、
関内駅までてくてく歩いていると神奈川県庁の全館が一般に開放されているのに気が付きました

d0192112_2127584.jpg


d0192112_2129421.jpg


d0192112_21303532.jpg


滅多にないことだからということで館内を歩いていた時のスナップです
(後ろの県知事は写真です)

d0192112_213183.jpg


d0192112_2139537.jpg


d0192112_2133581.jpg


あたりはゆるキャラだらけ

そのゆるキャラ5体のカードすべてを集めると粗品がもらえるとのことで外まで捜し歩き、
最後の1体を見つけるため再度館内に戻ったところ階上から下りてきたこの方とツーショット

d0192112_21334964.jpg


あとでチビ介に誰だったのか訊いたら「わかんない」との答えでした(笑)

by pat_mthny7205 | 2013-05-04 21:27 | audio | Comments(11)
Commented by TANNOY-GRF at 2013-05-04 21:33
良い時代になってきました。問題は送り出しの方です。ところで、ちび君はもうチビ介君ではなくなってきましたね。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-05-05 06:23
GRFさん コメントいただきありがとうございます
改善したい点はたくさんありますがぼちぼち楽しんでやっております
ちびは仰るとおりです
これはまあ親から見ればいつになってもという表現ということで・・・(笑)
Commented by 横浜のvafan at 2013-05-05 09:09 x
先日はお疲れ様でした。
この時期の、山下公園や中華街の雰囲気はとても好きです。
好天でよかったですね。それにサプライズも加わって。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-05-05 12:12
vafanさん こんにちは
当日は歩いているだけでも暑いのに、
更に中華街の人の多さで暑さも倍増でした
本日も同じようにとても良い天気ですが、
富士山が見えないのだけはザンネンですね(ゼイタク)
Commented by pat_mthny7205 at 2013-05-05 12:29
そういえばvafanさんのお宅で聴いた音について何がどう違うのか考えてみました
ピアノでいうと弾いた瞬間とその後にのびている音とは違いますが、
そのハンマーで打った瞬間の音がはっきり再生されています
その結果あのように16分音符の音が濁っておらず、
それぞれの音がハンマーの打音ですっきりと区切られて聞こえるんですね
Commented by ponta at 2013-05-05 17:19 x
そのDAC、とても気になります‥。( ̄^ ̄)( _ _ )( ̄^ ̄)( _ _ ) 聴いてみたい‥。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-05-05 17:37
pontaさん こんにちは
コメントどうもです
連休はどのようにお過ごしになられましたか?
このAIT LABのDACは導入されている件数としては未だ少ない方かもしれません
システムの構成が違うとDACの効果も違う変化する可能性もあるかもしれませんが、
vafanさんのシステムは我が家とは違い信頼のおけるメーカーで構築されたシステムです
現存しているメーカーでこのチップの不安定要素を排除したDACは他にはないかもしれません
Commented by smart-time at 2013-05-07 18:17
黒岩さんが知事になられてから、はや2年。
すっかり知事色もついてきたのに、こんなに気さくに対応されているんですね。
流石はテレビ出身!
Commented by pat_mthny7205 at 2013-05-07 19:12
smart-timeさん コメントありがとうございます
階段の途中でバッタリ会ってそのままスナップでした
そうですか、もう2年にもなるんですね・・・
仰る通り他の知事職の方と比べるとイメージを大切にしているのでしょうね
印象はとても良かったですよ
Commented by ponta at 2013-05-11 06:03 x
アキュのDACは、同じパーツを使っているのですね。検索して知り、驚きました。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-05-11 08:35
おはようございます
チップだけでいうと他にもあるようですね
しかしAccuphaseとAIT LABO両社ともに安定した動作を保障されているところが何よりです
どちらが良いのかは選ぶ人のいろいろな条件があるので何とも云えませんが・・・


<< にぎやかになりました      親子でジャズ >>