2013年 06月 28日

toko furuuchi 176.4kHz

リビングにオーディオを設置せざるを得ない身の私にとって、
家に家族が誰もいない時間というのはとても貴重であります

今日の午前中がそんな貴重な時間というわけで、
朝から電源を入れておいてスタンバイしておりました

ここ最近のKORG AUDIO GATEによるコンバート後の音にとても感動しているわけですが、
そういえばボーカルものを聴いていなかったので久しぶりに日本人モノをチョイス

d0192112_10222622.jpg


先ずはいつもの 村上ゆき 夢で逢いましょう から
「港が見える丘」

いつも合わせているボリュームの位置では音がボヤけて聞えたので、
少しずつ絞っていったら思いのほか下がったところで丁度良く感じられました
大体9時と10時の中間だったのが8時チョイ過ぎでも不足なく聴こえてきます

ボーカルとピアノの音量バランスがあっていないのが気になりますが、
そのような録音の可能性もあるのでその辺は無視
ツィーターのきつさを調整してもそれぞれの音がつぶれて聞えることなくなかなか良好です

d0192112_10224862.png


つぎに平原綾香 ODESSEY から
「明日」
前半そして中盤と音の変化にこれまでと大きな違いはなくこんなものだろうと思いながら聴いていましたが、
後半になってからのE BASSがなかなかのものです
曲自体スローなのでベース音も弦が大きく歪むほ指ではじくようなドンとくる迫力のある音ではありません
由紀さおりの「夜明けのスキャット」的なノリですかね
そんな楽曲なので正直これまでベース音は一度も気にして聴いたことがなかったのですが、
これまでとの違いはライブな部屋での音としっかりとしたデッドな部屋による音ほどの差があります
「こういう風に鳴るかあ」的な感動ですね

d0192112_1023542.jpg


つぎに中島美嘉 BEST から
「STARS」
2001年リリース(当時18才)ものではなく2005年にボーカルだけ入れなおしたバージョンのようですが、
これははっきり云って違いがわからなかったですね
なんででしょう…
楽曲及び楽器の構成など自分の好みとしては結構上位に入るのですが、
音の深みや奥行き感など期待していただけにガッカリです
録音の問題なのかわかりませんがオリジナルも聴いてみようか知らん
この曲を感動できるほどの音で聴いてみたいものです

d0192112_10241124.jpg


さいごはこれ
古内東子 Distance から
「逢いたいから」

ん~、困りましたねェ
やはりこの頃のアルバムというかSONY時代がダメなんでしょう
せっかく良い曲を創っていたころ(私的には彼女はキャニオンまで)なのにザンネンです
全体がベタッとしていながらなぜかボーカルだけは高域をかなりあげすぎで耳障り

彼女の声をあのようなカタチにしたら台無しです
アルバム SLOW DOWN , Distanceはミキシングエンジニアは同じ方々の様です
とてもまじめに取り組んだとは思えません

3rdは違う方でボーカルこそ聴きやすくなったとはいえ全体的につまらない仕上がりです

d0192112_11513367.jpg


とあきらめかけていたとき4thがやってくれました
Strength
これは海外での録音、ミックスダウン及びマスタリングですが、
そんな情報は抜きにしても誰が聴いても一聴して素晴らしさがわかるアルバムに仕上がっています

ピアノ独特の音の広がりや奥行き感などばっちり入っています
なにより彼女の声が雑味がなくとても素直で魅力的に聴こえるのが最高ですね
名前はRay Bardaniという方の様で調べてみたらそれなりに知っているアルバムを手がけていたようです
とそこまで調べていたらアルバム最後の曲で聴いたことのあるアルトサックスの音

クレジットにはやはりDavid Sanbornとありました
お金かかってるなあなんて感心しながら他のミュージシャンを見てみると、
Trp:Randy Brecker
T Sax:Michael Brecker
そして 
Piano:Bob James
因みにE Guitarには4名参加していたようですが、
そのうちの2名がDavid SpinozzaとChuck Loebでした

'95といいますから可なり有名になっていた頃です
気合の入り方が違いますね

どうでも良いことですが古内東子の棚は1stからずぅ~っと来て「透明」で終わっています
いまの感じでは今後は購入してまで聴くことはないでしょう
長年アーティストをやっていたら楽曲の雰囲気や歌詞など変化して当然ですが、
歌唱力やその他が今の状況では受け入れられません
過去の作品を聴きなおすとそのあたりははっきりわかりますね

とはいえまだこうして過去のアルバムを聴いても十分楽しめるので、
今後手持ちが増えなくても問題はありませんね

それに彼女の棚が一列いっぱいなのでそんな意味でも丁度良いのかも(笑)

by pat_mthny7205 | 2013-06-28 10:16 | audio | Comments(1)
Commented by pat_mthny7205 at 2013-06-28 12:59
その後も続けて聴いたのですがアルバム Hourglass の音も良いですね
デビューしたてと売れ出したあと・・・
それも原因かも知れませんが、
良いアルバム創りはめぐり合わせのような気がします


<< 5.6448MHz/1-bit      ・・・の日 >>