One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 29日

EV!!!

車検の時期が参りました
と、いうことでディーラーへ行ったのは2週間前のお休みのこと
代車の選択時営業サイドは代車表の上段にあるでキューブを勧めてきました
が、そこは見逃しません
その最下段には日本初のEV 日産「LIEF」があったことを

そこのところをついてみると、
「これは航続走行距離が・・・」とのことであまりお勧めできない様子
その理由が「距離」であることを知りそしてそこのところを分かっている私としては難なくかわし契約

ということでいよいよ今日がその日

d0192112_2195799.jpg


そういえばLIEFは発売直後のころ横須賀(追浜)にあるコース[GranDrive]で試乗して以来です

d0192112_2137689.jpg


その時の私のインプレッションはというと、
駆動がENGではなくモーターから来る加速の良さは当然のこと乍ら、
なによりもその遮音性に感動したという記憶が残っています

その記憶が蘇ることを期待していざ一般道へ

「・・・だれか窓開けてる?」

この一声から始まった試乗

d0192112_21363089.jpg


印象に残っている記憶とは違い、ロードノイズが可なり気になります
コース試乗時とのノイズの違いは路面状態の違いによるものだったということなのでしょうか

と、いうことで車内は他の一般車と同等にロードノイズをひろっているようです

はじめはラジオなどの音も出さないように、
というのは実はノイズの確認ではなくできるだけ電費(デンピ)を稼がなければという思いからきているのですが、
遮音性に関してはなんのことはない普通乗用車のレベルだったのですね

d0192112_2138719.jpg


最初の降車地点でのこと
ドアをしめる音ひとつとっても、
これまで私が思っていた(勝手に)この車両レベル(車幅、全長などのスペック)以上のグレードではないことがわかりました

これはあくまでも私の思いですが、
レシプロENGによる駆動のものではなく世界初のモーター駆動による電気自動車
結構開発費はかかったでしょう

d0192112_21384052.jpg


なかでもEVはENGのノイズがない分これまで以上の遮音性の向上が必要になります
なぜならエンジンのノイズがなくなったせいで、
これまで気にしていなかったその他のノイズ(ロードノイズ・風切音)だけが耳に入ってくるからです

それらを消すためには必然的にさらなる費用が必要になるのは当然のこと
しかしせいぜいライトの形状によるサイドミラーの風切り音の低減どまり

なぜならそれ以上の静寂を確保するためにはこの車のグレード(価格帯)を一段上げざるを得ません
果たしてそれでどれだけの客がこのEVに魅力を感じるのか

さて私のこの車に対する印象です

「惜しい」のひとこと

何が惜しいのかというと、
グレード(価格帯)を上げてでもこの車には遮音性を上げ車内の快適さレベルをあげて欲しかったですね

操作に関しては操舵性及び加速性などなんの不満も覚えませんでした

また内装についてもチープな印象は残っていません
シートやドア周りによるホールド感も申し分ないと思います

荷物はこの車の航続走行距離から考えると必要にして十分です

ボンネットに関しては開けることはないようです
なんせみてもせいぜいバッテリーくらいですからね

しかもその電気は通常のカバーされる範囲のみで、
実際の動力面に関しては車の下にあるのですから・・・

車検は明日には終わるのですが、
さて自分が乗ることをイメージできるかというと「アリ」ですね

条件付きで・・・

だって単純に充電満タンで3百円代
それで100㎞以上は走行できるのですよ
余った電気は環境が整っていれば家に使用可能ですし、
これはもう至れり尽くせり石川セリですね

発売当初と比較していまは航続走行距離も160㎞から200㎞に延ばし、
実用範囲が大分拡大されてきています

私のこの車に対する希望が盛り込まれたら是非購入したいと感じました

d0192112_21423032.jpg


d0192112_21393820.jpg


初期型LIEFのDC/DC CONVをみると発売直前のあの冬のころが思い出されます(笑)

by pat_mthny7205 | 2013-09-29 21:43 | iroiro | Comments(4)
Commented by smart-time at 2013-09-30 20:30
私も運転したことがありますが、その時の感想とほぼ同じ。
エンジン音が無くなり、暗騒音が気になり始めること。
そして肝心のクルマはというと、家電のようなイメージ。
これでシートにマッサージ機能が加われば、至れり尽くせりセリーヌ・ディオンであります。
そして結論。
エンジン音が好きな自分には最も縁遠い存在である(今のところ)。
何事も経験ですね(^^
Commented by pat_mthny7205 at 2013-09-30 21:12
やはり歳を取ったせいなのかもしれません
いまは車に求める内容が大分変わりました
若いころに乗っていた単気筒ENGのバイクの音を思い出すとつくづくそう思います
それにしても初めて日産のコースを走行したときのあのノイズのなさはなんだったのでしょう
気が付きませんでした
それにしてもセリーヌでくるなんてうかつでした・・・(汗)
Commented by TANNOY-GRF at 2013-10-16 09:38
反対にディーゼルの方は遮音性が良いのですか?どの機種がメルセデスのエンジンを使っているのでしょうか?
Commented by pat_mthny7205 at 2013-10-16 21:53
ディーゼルエンジンを停止した状態と静止しているリーフで評価した結果、
車外の音の聞こえ方に差がありました
ディーゼルENGのノイズはロードノイズも含めた車外の音よりも明らかに大きく、
そのため普通乗用車として使用するには遮音の優先順位が高かったのだと考えます
しかしマツダの乗用車のディーゼル音は日産唯一のそれと比べはっきり云ってとても静かです(苦笑)
M社のBLUEなにがしもそうですね
各社レベルが上がっているようです
>どの機種が~
そもそも事情通の方が「ディーゼルの開発はしていない」と云っていたところからの推測で、
ENG ブロックに刻印を見つけたわけではありません
しかし使用している周辺パーツにそれらしきもは確認できます
ところでM社のENGが搭載されているとしたら車種はひとつしかないと思われます
一度乗られたことはございませんでしたか?(笑)




<< ホルモン幸楽      カラヤンのベートーベン >>