One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 11月 30日

ブレンデル BACH


d0192112_21530723.jpg
 


J.S.BACH・“ITALIAN”CONCERTO・ALFRED BRENDEL
PHILIPS・412 252-2

だいぶまえから所有しているCDで、
中でもBWM659の冒頭部分は以前使用していたユニットのLE14Aのチェックで良くかけていました
この曲はオルガンのアナログ盤を20年以上前から良く聴いていて好きな曲ですが、
それ以外ではこのブレンデルのピアノ版がとても自分にはしっくりくる演奏なんですね

ところで分かってはいたこととしてこの盤がMADE in JAPANだということがあるのですが、
あることに気づかされて以来機会あるごとにW.GERMANY盤を探していました

それを先日オークションで見かけたので入札したら最後まで参加者は自分だけのまま落札と相成りました

外観はジャケット自体に目立った違いはないようです

d0192112_19081595.jpg

CD本体はこのようにドイツ盤(上)に対し日本盤(下)は白地部が多く、
そして《JASRAC》の文字があります

もちろんドイツ盤には《GEMA》ですね

ということで聴き比べです

そもそもこれ以前に日本製と本国製(?)の音の違いに注意が行くようになってから、
どうもこの日本盤バッハの少し曇ったように聴こえる音が気になって仕方がありませんでした


それでも本国盤とはきっと違いがあるだろうという思い(期待)がありました

しかしこれが思わぬ結果となったのです
そう、双方の音にあまり違いが感じられないのです
録音年が‛76年と古くオリジナルがアナログ《ADD》というあたりも関係するのでしょうか
それでも若干ですがドイツ盤の方が解放感があるように感じられます

もう少しじっくり聴く必要があるようです

こちらは最近手に入れたCDで珍しいと感じたモノ
d0192112_19085893.jpg


ドイツ民謡集/ペーター・シュライヤー
〈PETER SCHREIER SINGT VIOLKSLIEDER〉MRC-003
ホルスト・ニューマン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

 
d0192112_19135966.jpg


何が珍しいかというと製造元が「東ベルリン シャルプラタン社」と記されているところです
しらべてみると下記のことが判りました

〇レーベル:ARS VIENDI
〇シリーズ名:EVERGREEN CLASSICS 10
〇#3
〇録音:DDD

録音や発売の年は判明していませんがDDDというからには古くても80年代ということになるでしょう
似たタイトルでピアノ伴奏ものがあるようですがこのオーケストラ版は見つかりません

もともと日本語の帯がテープで貼られておりましたが、
良く見ると「東ドイツ直輸入盤」とあります
発売元は三協商事株式会社のようです

一見してチープな印象を受けたこの盤の肝心な中身はというとこれがまたなかなかの盤なんです
なんといってもオーケストラの音がやわらかく聴こえるところが素晴らしいですね
全曲で42min程度しか入っていませんが最後まで飽きのこない良い選曲といえます

因みに盤の番号がMRC-003でシリーズ名がEVERGREEN CLASSICS 10とあるのでこのほかに9枚はあります
他はどんなのがあるのか

オペラのオムニバス盤があるところまでは分かりましたがそのほかは不明です

これはもう既に廃盤となっているので手に入れようとしても無理でしょうね



by pat_mthny7205 | 2013-11-30 21:25 | favorite | Comments(2)
Commented by GRF at 2013-12-01 23:17 x
このブレンデルのバッハは名盤ですね。おともアナログ録音特有の柔らかい音がします。私は、デジタル録音のクリアなブレンデルも好きですが、この演奏は、柔らかな音とあいまって愛聴盤です。
Commented by pat_mthny7205 at 2013-12-02 21:17
GRFさん いつもコメントありがとうございます
前回伺わせていただいた際にこの盤があるのを知っていたら聴かせていただきたかったです
本家ではどのように聞こえるのかとても興味があります
きっと我が家の力不足という結果になりそうですが・・・
この盤は今ほどクラシックを聴いていないころから手元にありました
ブレンデルの盤はこれしかなく、
最近まで彼のバッハは希少だということを知りませんでした(笑)


<< 今月のライブ      グレードアップ? >>