2016年 02月 07日

おとなりの世界 再び

ここのところ緩い毎日を過ごしており、
オーディオもただひたすら音楽を聴いて気になったらあれこれと弄って遊ぶという過ごし方です
なにか10年ほど前に戻ったかのような感覚がしており、
そんな時にだいぶ前からやろうと思い乍らもそのままにしていた作業にいよいよというかやっと手を付けたのです
d0192112_18014255.jpg
放置
だいぶ前に再導入を決めたはずのアナログプレーヤーでしたがこれまでとんと進めずに今に至っています
理由は取るに足りないことで、敢えて一言で申すならば性格のなせる業(?)
小さいころからの性格で気分が乗らないと全く手を付けずじまい

何もせずにいまに至る理由はそこのところなのですが、
それでもアタマの隅ではそのことが気になり、
仕事中高速を移動しているときなどは考えていたわけでなにから手を付けるべきかは決まっていました

理由
そもそもアクセサリー類改善の優先順位は低いというよりほとんど考えていませんでした
それより各機器、各ユニットの質(基)を良くすることを優先してきましたが、
機器以上のものは音としてでてきませんからこれは正解でしょう
まあ、アクセサリーともども変えていけたら良かったのでしょうけれども、
それは結局資金の問題
ということは理由はそこだったのか知らん

電源(ノイズ)
今更の根本的なことです
特にアナログを始めるにあたり目立つ部分
これをしずめることで快適な音楽の時間を過ごすことができます

ところでうちの機器はすべてが新設というわけではなく古いものもあります
そのため電源プラグまたはコードみぎ・ひだりがわからないものがあり、
これまで差し込み部の文字の向きなどでなんとなく区別し差し込んでいました

チェックのためのテスターは今回のために手にいれました
いま時ネットで頼めば家まで届けてくれ、
ましてや我が家は入った記憶がないプライム会員のお陰で夜に頼んでも翌日には家に届きます

でも今回は目的以外の何かが見つかることに期待して中古の工具が置いてあるようなガラクタがたくさんあるところへ
結局ビニールに密封された状態のアナログの新古品という掘り出し物が見つかり購入

慣れない作業を繰り返しすべてのコンセントのチェック終了
全部合わせたときはやはりなにかすっきりとしました

いよいよ核心
やっとプレーヤーに取り掛かります
以前と同様はじめはやはり音楽を聴こうとは思えないほどのノイズが耳に入ります
コンセントまわりを合わせる以前と変わっているのかは全く不明ですが・・・

アースのとり直しとフォノケーブル周辺の有害電波排除(最近は携帯電話やその充電器など普通に近くあるので)など、
考えられる対策を実施したら可なりノイズは小さくなりましたが、
抵抗が小さいカートリッジではノイズがわかります

その時屋外から直接持ってきているアース線に気付き、
早速それを繋いだら音のフォーカスが合う程度までボリュームを上げられるところまで抑えられました
d0192112_18005341.jpg
フォノイコライザーはプリ同様まえの主さん所有だったのをだいぶ前に譲っていただいたもの
(その節はありがとうございました やっと音が出せるようになりました)


記憶
決してパーフェクトではありませんが何かを聴こうと思える程度まで改善しました
ここで更に追い込んで・・・と行かないのが私のわるいところ
気が付いた時にはLPの棚をあけて聴きたい盤を探していました

ジャンルはもちろんクラシックです
しかし棚の中にあるのはほとんど知らない盤です

過去にアナログ盤で聴いていたのはほぼジャズ
クラシック音楽を聴くようになったの時にはCDだけでした
それでもいつかまたアナログを始めたときのことを考えレコード盤は買い続けていたおかげで在庫は増えていました

そのようにして買った盤はすぐに棚にしまっていたので何があるのかおぼえているわけがありません
途中思いがけず我が家に訪れた多数の盤もあったことから一枚一枚確認するたびに発見です

まるで中古レコード屋で掘り出し物を探しているかのよう
d0192112_18013136.jpg
そんな中以前オークションに出品されていて買おうか迷ったものが目の前に現れたものですからびっくりです

いつどのルートでここにあるのか全く覚えていないのですから困ったものです
d0192112_18012313.jpg
盤が赤盤にだったのもどこか嬉しさを誘いました
状態は多少汚れがある程度で、磨いたらほとんど拭き取れてしまい音にも影響がありません
d0192112_18015302.jpg
d0192112_18245382.jpg
計画
久しぶりにこうしてレコードに針を落として聴く音楽はまた格別なものですが、
LPをならせるようになると今後購入時の選択肢が増え大変楽になります

このように聴けるようになった今となってはこれまでのように調整がのびのびになることはないでしょう
現段階でとまっているのは自分の知識のなさが原因なだけでまだまだ改善の余地はあります

とにかくノイズを抑えることが課題でこれがクリアされるとデジタルとアナログの比率が大幅に変わってきます
そこにカートリッジの楽しみが加わり目指す音がみえてくることで更に楽しみは格段に広がります
d0192112_18011374.jpg
今でもこうやってデジタルでは聴かない(聴けない)音源をアナログで聴くことで発見があります

いつまでも終わりはなさそうです



by pat_mthny7205 | 2016-02-07 18:26 | audio | Comments(2)
Commented by smart-time at 2016-02-09 17:28
アナログ盤はジャケットを眺める楽しみもありますよね。
我が家には既にレコードを鳴らすような機材はありませんが、
フィルムカメラを使う時には似たような感覚になります。
不便だけど、昔を懐かしむように時間を掛けてゆっくり楽しむ。。。
普段何かと気忙しく暮らしている身には丁度よい間の取り方のように思います。
主題とずれたコメントで申し訳ありあません。
Commented by pat_mthny7205 at 2016-02-10 19:39
smart-timeさん コメント感謝です!
カメラもオーディオもフィルム、アナログとデジタルそれぞれに良さがありますが、
カメラの場合は季節や時間その他様々な要素を一瞬でとらえる感覚が要求されます
そういった意味では厳しさも必要なのでしょうか
でもsmart-timeさんのブログには良くほんわかとした優しい気持ちが写されていますね
きっとご家族の影響なのでしょう
とても癒されます 


<< Selmer      11月4日午後5時半すぎ >>