One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 07月 31日

The Summer Knows

暫く遠ざかっていたアナログ盤の演奏に昨年から改めてチャレンジしましたが、
この夏にナントカ間に合わせることができたようです

夏に間に合わせる(?)という言葉の意味はある盤のことを考えていたからなのです
音楽はその内容もいろいろありますがなかでも季節を取り入れた曲は多くあります
ジャズもまた同じようにカラフルな季節を背景にしたモノクロームな歌詞がシンプルなメロディーで歌われ、
さまざまな楽曲が私たちを楽しませてくれているように思えます

ジャズと云えばイメージは夏
夏のジャズと云えばやはり暑さをイメージさせてほしいものです

例えばこれ
マイルスの "We Want Miles"
d0192112_18391924.jpg
しょっぱなから変化球ですがマイルスバンド'81のボストン(6月)、ニューヨーク(7月)そして東京新宿西口広場(10月)からのライブ音源です
マーカス・ミラーの真っ黒いベース、そして極太音のマイク・スターンのギターなどで支えられた緊張感のたっぷりさ加減が伝わってくるこのアルバムは、
暑い野外ライブで自分も熱くなっていた20代のころの気持ちにさせてくれる気持ちの良さがうけてます

d0192112_18364488.jpg
そして同じトランペットで私にとって外してはいけないのがチェットです
これまで幾度かピックアップした彼の最高傑作として疑わない曲
"Everything Happens to Me"
トミー・ドーシー楽団のピアニストが作って、当時専属だったシナトラが歌った曲
これは夏に限らずいつの季節にも合いますが何かにつけて紹介したい最高の楽曲ってことで勘弁してください

d0192112_18361769.jpg
そんな私の中で最高の夏ジャズと云えばこれ☞
゛The Summer Knows / THE TRIP ”
alto sax:Art Pepper
piano:George Cables
bass:David Williams
drums:Elvin Jones
*September 15&16,1976 at Contemporary's Studio in Los Angeles

はじめてこの曲に出会ったのはかれこれ30年以上前のとっても若かった少年(?)時代
すでにチェットの魅力にとりつかれひたすらアンニュイな世界(笑顔)に浸っていたとき
ジャズとはこういうもんだ的なとこがあった頑固な私が素直にまいった曲です

夏の午後の浜辺、つよい日差しの場所とは対照的な日陰の蒸し暑い中にいる自分、
過去を思い出しているとも思い出さないともどちらとも云えない心情、おとなのつよさとよわさ などなど

当時これを聴いて更にがっくりとうなだれてしまったことは想像に難くありません
きょうの天気のようにそれこそうなだれるような暑さの日にはとても合います
炎天下の昼も、蒸し暑い夜も・・・

ところでこの楽曲は「思い出の夏」[ 原題 Summer of '42 ]という映画の音楽です
作曲は云わずと知れたミシェル・ルグラン
清い恋物語とは反対(でもないか?)の未亡人と10代の少年とのいけないお話しです
確かに少年期は年上の女性に憧れるものです
同い年の女子にはないもの、いやそれ以外の少年の思いを満たすすべてを持っている(と思っていた)とても危険な存在だったように思います
あとになってこんな考えを持っていたのは自分だけだったのかと気になりましたが、
私に限らず何を見ても誰に聞いても少なからずそういった部分があったようで少し安心しています

それこそ数日間だけと僅かな時間を過ごし、
その中で何か共有したりする秘密などがあったりするとそれこそそこに何かが芽生えたりしてしまいます
10代の少年はほんと単純でかわいいものです
いろいろな場面で昔の自分を思い出しながら息子と会話をするとなんとはなく理解することが出来たりするのは、
いまも昔も違うようであんまし変わっていないってことなんでしょう

いまでは名前すら思い出さない、というか自分の記憶からも消えてなくなってしまったような人々
それは相手から見れば私もそのうちのひとりなのでしょうけれど

そういえばあんな人がいたっけなぁなんて人はまだ逢おうと思えば会えるひとで良い方です
それ以外の人はすれ違ってもきっと気が付かないんでしょうから

なんてぼそぼそと何やら文字にしているうちにそとは薄暗くなってきました
8ビート、16ビートは昼限定
バラードは昼夜限らずです

d0192112_18363610.jpg
ここから先はちょっとレア盤なこれ
なんだかんだと結局チェットなんです




by pat_mthny7205 | 2016-07-31 19:17 | favorite | Comments(3)
Commented by smart-time at 2016-08-02 00:32
こんにちは。
ご自分でも演奏されるのでトランペット=チェットに惹かれるのでしょうか?
思春期の思い出と重ね合って作り出されるイメージが鮮明なのかもしれませんね。
そういった体験を更に息子さんの成長に重ね取れるなんて羨ましい限りです。
うちは娘だけなので彼女たちが何を考えてるか、さっぱりわかりませんσ^_^;
Commented by pat_mthny7205 at 2016-08-03 22:25
smart-timeさん こんばんは
いつもありがとうございます
smart-timeさんはジャズはお嫌いですか?
そうでなかったら記事にもありますアート・ペッパーの一曲は是非聞いてみてください
ただ単純に「良い!」と思えるのではないでしょうか
アートのパリッとしたアルトの音と全体的にダルさのあるリズムセクション
このギャップがとても素晴らしく聴く人それぞれの想像力を掻き立ててくれると思います
この夏のおともに、いやこれからのsmart-timeさんの夏の一曲に

さて子どもの件・・・
昔の自分を見ているようでどうにももどかしいです(悲)
わからないのが幸せにも思えます
Commented by smart-time at 2016-08-06 16:21
こんにちは。
ジャズは嫌いではないですが、中学生の頃より映画のサントラや洋楽のロックで育っていたのであまり聞いていないジャンルなのです。
それでも最近は自ら耳にする事も多くなりました。
年齢の変化と言うか、静かに音楽を聴くことが楽しく感じるようになってきました。
でも時々ハードロックも聴きます。
相容れないのは娘の好きなボカロ系です。
ここも、さ~っぱり分からん所です(笑
今夜はさっそくアート・ペッパーの曲で過ごさせて頂きますね(^^


<< 知らぬ間に      また来月お会いしましょう⁉ >>