One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:favorite( 62 )


2012年 06月 10日

Maurice Ravel その2

ラヴェルの作品は今のように好んでクラシック音楽を選ぶようになる以前の比較的早い段階から好んで聴いていました。

d0192112_1423274.jpg


Gaspard De La Nuit
1 Ondine
2 Le Gibet
3 Scarbo
4 Pavane Pour Une Infante Defunte
5 Valses Nobles Et Sentimentales

Composed By– Maurice Ravel
Engineer [Sound]– Simon Eadon, Stanley Goodall (tracks: A1 to A3)
Piano– Vladimir Ashkenazy
Producer– Andrew Cornall

その中で特に気に入っていたのがこれです。
録音は'82,'83とのことなので購入したのもそのころになります。
その頃の私は交響曲や協奏曲よりもピアノソナタが気に入っていたようで、
ラヴェルのほかドビュッシー、シューマンそしてバッハ(グールド)などを聴いていました。

その中でもラヴェルの「夜のガスパール」がとても気に入っていました。
それはドビュッシーの風景や描写をそのまま音にしたような作品よりも、
更に人間の奥底にある心象風景を表したような印象をうける作品だったところにとても惹かれていたようです。

話はそれますがその頃はアパートに一人暮らしの生活をして数年経ったころで、
仕事以外の人との交流がないため休みの日は一人で過ごしていました。

稀ではあるがひとことも言葉を発しないような日もあったので、
休日よりも仕事をしている時の方がよかったと思っていたほどです。
なのでその頃は正直寂しい思いだけがそこにありそんな日々に不安がありました。

そんなときだったからなのでしょうか、
好んで聴く音楽は今思えばひとつの傾向があったように思います。

d0192112_15185822.jpg


1. Highland Aire
2. Teiko
3. Slink
4. Mirror Of The Heart
5. Alaskan Suite: Northern Lights
6. Alaskan Suite: Invocation
7. Alaskan Suite: Ascent
8. Close To Home

#8 [Close to Home]が良いです。

そして、

d0192112_15244160.jpg


1. Barcarole
2. Are You Going With Me?
3. Au Lait
4. Eighteen
5. Offramp
6. James
7. The Bat Part II

こちらからは#2と#7ですね。

そのほかどんな曲をよく聴いていたのかは思い出せません。
しかしこれらの曲は聴いていただければわかると思いますが昔を懐かしむまたはとことん沈み込む気分になる(なれる)曲ばかりで、敢えてそんなのばかりを選んでいたように思います。

d0192112_1761461.jpg


そんな選曲の中にはラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」もありました。
それはこれまでずっとピアノによるものだけを聴いていたのですが、
先日Classic FMで管弦楽によるものが流れたのをきっかけに、
我が家にあるCDを探しだしました。

ピアノも良いですが管弦楽のヴァージョンもとても素晴らしいです。
わたくしは昔管楽器を鳴らしていました。
そのこともあるせいか木管よりも金管の音、
特にホルンやトロンボーン(ユーフォニウムも)の音(音色や和音)はとくに美しいと常日頃から思っています。
しかしこれまでこの曲はピアノでしか聴いてはいませんでしたのでわかりませんでしたが、
好きな楽器の音によるこの曲が最近のオーディオの音の向上があったこともありその良さに気づくことができました。
改めてラヴェルの作曲のセンスがわたくしにマッチすることに気づかされました。

d0192112_177677.jpg



ちなみに我が家のジャケットはこちらの画像のものになります。
クリュイタンスの管弦楽(EMI)です。
'62の録音で、25年ほどまえの国内盤です。

さてこれ以外にもクリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団のCDはあったのですが、
ある理由から2枚ほど手元にはなくなりました。
そのある理由というのは当時暮らしていたアパートに空き巣が入り、レコードやCDを持って行かれたということです。

d0192112_1672953.jpg


その中にこのボレロが入った盤があります。

この曲は改めて説明を述べる必要もありませんが、
実は自分にこの曲をじっくり聴く機会があったかというとそうでもなかったような気がいたします。
なぜならあまりにも有名すぎて自分から選曲しなくても耳に入ってくる機会があったということもありますが、
それ以外に最初から最後まで同じリズムで15分もくり返される曲にはあまり興味がなかったということもあります。
なくなった盤のうちどうしても聴きたい曲が入ったものは改めて購入しなおしたのですが、
このCDに関しては先ほど申し上げた通りさほど興味がないこともありこれまで家にはない状況が続いてました。

しかしパヴァーヌを聴いて管弦楽の良さに気付いたのをきっかけに、このCDも改めて探してみました。

d0192112_16264015.jpg

THE DECCA SOUND CD16
この16曲目にボーナス曲としてボレロが収録されています。

先ほども載せましたがこれが初めてじっくり聴くボレロです。

聴き終えた感想は、
何のことはない一定のリズムにのせて繰り返されるだけの、決して単調な曲なんかではありませんでしたね。
繰り返しだということに間違いはありませんが、
その繰り返されるたびに主旋律を奏でる楽器が変わっていくのですが、
それに絡んでくるその他の音がまたラヴェルっぽくて気持ちい良いです。

特にトロンボーンとサクソフォーンそれぞれが主旋律を吹いた後の和音が素晴らしいですね。
トロンボーンのあとのフルート(ピッコロ?)の旋律なんかははじめ音程がつかめないほどでした(楽)

「音の魔術師」でしたっけ。
上手いこと云ったものですね・・・

by pat_mthny7205 | 2012-06-10 16:49 | favorite | Comments(0)
2012年 05月 17日

とつぜんですが

最近少し体調がよろしくなかったのでこちら(ブログ)の更新も怠けていました。
本日医者に診てもらいましたが、結果が結果なので明日はお休みすることにしました。

さて、そんな感じなので明日は一日ゆっくり横にでもなっていれば良いのでしょうがそうはいきませんね。
せっかくなのでここ最近届いたCDでもゆっくり聴こうかと考えています。
ところでそれら最近のCD購入の決め手はもっぱらinternetradioのclassic FMです。
特に毎週日曜の深夜、日本では日曜の朝に放送される番組がgoodです。

[The Full Works Concert with Jane Jones]
d0192112_2202058.png

presenter;Jane Jones
これがその番組ですが、
先日の番組でとても興味深い曲が流れてきました。

Piano Concerto No.1 in E minor Opus 11 (2), by Frederic Chopin
Composer:Chopin, Frederic
Soloist:James Rhodes
Record Label:Warner Classics and Jazz
Catalog:5052 498358328
それは日付が変わったばかりの13日 0時23分にかかった曲です。

d0192112_21594787.jpg

(画像のアルバムにその曲は収録されていません)

ピアニストのジェイムス・ローズは若手で注目度の高いアーティスト。
聴いてすぐにそれはショパンとわかるフレーズだが何かが違うというか、
とても個性のあるひき方をします。

「個性的」ではわかり辛いので今回聴いた曲でいうと、
普段クラシックを聴かない人でも選曲しそうなショパンみたいな感じ。
まあ一度聴いた限りですがひき付けられる魅力のある音楽を奏でる人のようです。
これは未だ届いておりませんので楽しみです。

下記はyoutubeのURLです。
http://www.youtube.com/watch?v=jXdSl15IHv0&feature=player_embedded

明日聴くCDのハナシからちょっとそれてしまいましたが、
数えてみると4枚(内2枚組が1枚)ほどありますのでゆっくり聴くことにしましょう。

それと先々週からSP位置が大幅に変わりました。
(画像はアップしませんが・・・)
それに伴いpriのEQも調整し、今はゆっくり時間をかけてその音の評価中です。

良い方向に向いているようなら載せてみようか知らん。

by pat_mthny7205 | 2012-05-17 22:09 | favorite | Comments(0)
2012年 01月 02日

ジャズトランぺッター

先月はブログの更新がとても少ない月でした。

d0192112_20395186.jpg


今月からまた少しずつ戻していけたらなぁと思っています。

d0192112_20391153.jpg


さて、この冬休みに入ってからというものヒマを見つけては(ずっとですけど)CDをHDDへ入れる作業を行っています。
とりあえず何からというと、
先日のブログにもあります通りDECCA SOUNDとDG 111のYellowlabelです。
途中特に確認もせずにひたすら作業を続けてきたので本日はその成果を確認する目的も含め一枚一枚聴くことにしました。

そうしたら中には異音が混じっていたり音が途切れたりしているアルバムもあったのでその都度リッピングのし直しをすることになってしまいました。
原因ははっきりしたことはわかりませんが、
リッピングの最中にすでに終わった音源を再生していたのが良くなかったように思います。

それでもこの二日間で終えたアルバムの枚数をすべて聴くことは出来ないので、
途中でその作業はやめて今度はジャズのCDをリッピングすることにしました。
まずはART FARMER、 BLUE MITCHELL、CHRIS BOTTI,
そして大好きなCHET BAKER
と特に好きなTrumpetもののジャズから順に始めました。

Trpは自分も吹いていたこともあり好んで聴く楽器ですが、
他の楽器同様プレーヤーによって(マウスピース、楽器も)大きく音色が変わります。
同じB♭管のラッパでも、
先に挙げたブルー・ミッチェルは明るめで輪郭のはっきりした(唇に対しMPをあてる位置が下気味なのでちょっとグジュグジュしていますが・・・)音色で、
極端に丸みのある音色のアート・ファーマーとでは全く違います。
また、チェット・ベーカーともなると口の中で上下の歯をあけて吹くことが出来ない(入れ歯のせいで)ことから、
タンギングが上手くできないのでバルブに頼った形での音階の調整になっていて音程が定まらないプレイがときどきあります。
その結果大体においてタンギングをしない唇とバルブだけの演奏の為か、
かすれて(よく言うとダーク)雰囲気のあるチェットの人生を感じさせるかのような音色を出していました。

ちょっと余談ですがチェットの演奏で面白いインプロビゼーションがあります。
Daybreak(SteepleChase)という曲です。
Trpのソロの前におなじみのスキャットで3,4コーラスほど歌っていますが、
はじまってすぐ誰が聴いても「おや?」と違和感を感じると思います。
それはチェットの音程が半音ずれて聴こえるのです。

盤を聴いて自分で感じること以外は確かなことはわかりませんが、
タイミング(リズム)がずれていないことから彼はほかのミュージシャンの音を聴いていないわけではないことだけは間違いないと思います。
それなのに終始半音ずれたままで歌い終わるということはやろうと思っても簡単にできることではありません。
ある意味すごいんですね、これが・・・

そんなどうでもよいことを除いても彼の演奏はとても素晴らしく、
特に優れているのはメロディーラインです。
ジャズミュージシャンのソロ、インプロビゼーションで高い評価を得られるのは、
よく言う「歌心のあるソロ」が出来る人です。

日本人では日野皓正さんそして原朋直さんが私のマイフェイバリットです。

そして最近気になるのが木幡 光邦さん(クニゾーさん)です。
この方の演奏はGRFさんのお宅で初めて耳にしました。
聞くところによるとGRFさんが杉並公会堂の小ホールを貸切って録音を依頼した時の音源だとのこと。
その時聴いたのは2曲ほどでそのうちのそれぞれほんの一部だけでしたが、
枯れた感じでも芯はしっかりあってしかもカドのとれた丸い感じでとても好みの音色でした。 

あいにく肝心のインプロビゼーションまでは聴けなかったので、
次は是非最後まで聴かせていただけなければなりません。

しかしそれ以前に未だこの方のリーダー作を聴いたことがないので、
久しぶりにジャズのCDでも頼んでみようかな。

d0192112_20402037.jpg


by pat_mthny7205 | 2012-01-02 18:55 | favorite | Comments(0)
2011年 10月 22日

Frederic Chopin

先日このようなCDを購入しました。

d0192112_929214.jpg


Chopin: Solo Piano, Vol. 2

Etudes
Nocturne
Polonaises
Mazurkaを複数のピアニストによる演奏が収録されています。
ピアニストは以下の通り
Vladimir Horowitz
Edward Kilenyi
Ignace Jan Paderewski
Alexander Brailowsky
Ferruccio Busoni
古い録音は1917年のもの(Ignace Jan Paderewski)がありさすがにノイズが目立ちますが、
これはもう音質云々ではなく、本来ある「音楽を楽しむ」ことを教えてくれるCDです。

そしてクラシックの演奏がどれほど高度な技術を要求されるものなのか、
そして演奏者のそのレベルは100年前にはすでに完成されていたということがこれでわかります。

これまでFrederic Chopinは私の中では特に好きでも嫌いでもない作曲家でした。
Chopinだけではなくクラシック音楽初心者といえる私にとって全てが同じ位置にいるといっても間違いはないでしょう。
いまは何かのきっかけでその曲または作曲家にスポットが当たり、
同じ曲または他の曲を所有しているCDの中から探したりAmazonで購入したりして聴いている今日このごろです。

そもそもChopinを聴きだすきっかけはバラード 第一番 ト短調 OP23です。
しかしバラードはこのNo2にはありません。

d0192112_13502145.jpg


こちらのNo1に入っているようです。
演奏者リストでは
Alfred Cortot
Ferruccio Busoni
Ignaz Friedman
Artur Rubinstein
Arturo Benedetti Michelangeli

聴きたい曲がたくさん出てきて毎日が大変です。
来月にはシステムの一部変更、というよりも全体の音への影響が大きい変更計画が待っています。

ゆっくり音楽を楽しむのはもっと先になりそうです。
でも、こういう時って子供のころの遠足または連休前みたいなものでとても楽しみですね。

by pat_mthny7205 | 2011-10-22 13:58 | favorite | Comments(0)
2011年 08月 04日

あっ

d0192112_19152939.jpg


d0192112_19154476.jpg


d0192112_1916919.jpg


d0192112_19162691.jpg


d0192112_19164046.jpg


久しくこんな穏やかな夕焼けに会えていなかったような気がします。
月もきれいですね。

明日からまた暑くなるのかな。

by pat_mthny7205 | 2011-08-04 19:20 | favorite | Comments(0)
2011年 05月 20日

どちらが主役?

クラシックを本気で聴くようになって日の浅い私にとってまだまだわからないことだらけではありますが、
いま、またしても聴いているお気に入りのCD
d0192112_2212331.jpg

Helene Grimaud ベートーベン ピアノ協奏曲第5番を聴いていてふと疑問に思ったことがあります。

クラシックで交響曲の場合表現の仕方を含め主導権は指揮者にありますが、
協奏曲、この場合はピアノになりますが主導権はどちらなのでしょうか。

現時点で自分は、
どちらかといえばピアニストにあるのではないかなと思っています。
とはいえ指揮者の表現に対するこだわりというのも大事なことです。

もしかするとピアノの演奏がある部分に対してはオケがピアニストに合わせ、
それ以外のオケだけの部分は指揮者の自由みたいなものなのか?

またもう一つの疑問も主導権のことなのですが、
オーケストラのみによるコンサートの曲選びは主に指揮者にあると想像がつきますが、
その指揮者が協奏曲をやりたいと思った場合はいったいどうなるのか?

ひょっとして場合によってはピアニストが指揮者に対して要望を出すようなこともあるのでしょうか。

それにしてもここまでクラシックが好ましく思えるようになったのははじめてです。
といってもCDやLPを全く持っていなかったかというと決してそうではないのです。

ではどんなモノを持っていたかといいますと、
ラベルやドビュッシーのピアノソナタや管弦楽。
シュッツやバードの宗教曲(合唱)。
バッハのオルガンやグールドの演奏したもの等々。

今思えばすごく範囲が小さく極端な選び方や聴き方(好み)をしていたと思います。
そんな私が飛躍的にクラシックを聴くようになったきっかけは、

d0192112_222857.jpg

ブラームスやフォーレのレクイエムです。

もともと声楽は声によるハーモニーが気に入っていたので好んで聴いていました。
(とはいってもオペラなどは入っていませんが・・・)
上記のレクイエムはそこにオーケストラが伴奏またはメロディーを奏でているわけで、
何度か聴いているうちにオーケストラの音(音色)の素晴らしさにさらに感動させられるようになったということです。

そこから交響曲にたいして興味を持ち始め、
そしてもともと好きだったピアノと交響楽団による協奏曲へとすすんできたというわけです。

いまでも記憶に残っていることがあるのですが、
「ピアノソナタは聴いても、交響曲は多分聴かないなぁ」
なんて思っていた時期がありました。

「わからないのに否定する」
これは今思うに若いころの私の良くない部分です。
 
反省反省。

by pat_mthny7205 | 2011-05-20 21:36 | favorite | Comments(0)
2011年 05月 16日

なつかしい音楽

うちの奥さんの職場にロック好きで私と同年代の方がいて、
今でも夫婦で一緒にコンサートへ出かけていると聞かされたことがありました。
そのコンサートは以前私も良くきいていたミュージシャンのものだったのですが、
25年ほど前のライブを収めたレーザーディスクを持っていることを思い出したので、
今日会社へ行ったらそれを持っているか訊いてくるようにおくさんに言いました。

そして帰宅後その結果を聞いたら見たことがないとのことなので、
早速DVDへダビングしました。
d0192112_22443763.jpg

その作業中確認の意味も含め久しぶりにライブの模様を見ていたのですが、
感想を一言でいうと、
「・・・」
です。

正直言ってよい印象は残ってないのですが、
むかしは好きでよくきいていたモノに対して良くない評価はしたくないという気持ちがあり、
どのコトバも当てはまらないように思ってしまいます。

どう考えても今はクラシックがいちばんで二番はジャズを好んで聴いていますので、
ある意味仕方がないのかもしれません。

これはごく普通に歳をとっているという証拠でしょうか・・・

by pat_mthny7205 | 2011-05-16 22:33 | favorite | Comments(0)
2011年 05月 08日

Grimaud/Bach

d0192112_1673992.jpg

HELENE GRIMAUD/4 ALBUMS ORIGINAL
と同時にオーダーした、
HELENE GRIMAUD/BACH
が昨日届きました。

今聴き終えたばかりです。
このブログに感想を載せられるような聴き方をしていなかった(アイロンをかけていました)のでそれは機会があったらということにして、
ひとつだけ嬉しかったことがありました。

約22、3年ほど前にアナログ盤で聴いてとても気に入っていたのですが、
それから一度も耳にすることがなかった曲がこのCDに収録されていました。

Prelude&Fuga in A minor BWV543
です。

ピアニスト名ははっきり憶えていないのですが、
ヨウラ ギュラー
とかいう名前だったと記憶しています。

まえに荒井由実のことについてブログをつくったときの内容にもある上から2番目の姉の良く聴いていたアルバムに、
スクリーンミュージックものがありまして、
そのなかにアランドロンのシシリアンという映画の曲が入っていたのですが、
これが先程のプレリュードとフーガにそっくりなんです。

だれが作曲したのかは憶えていないのでわかりませんが、元の曲(多分)がバッハなので良くないわけがありません。

久しぶりに聴いたのでとてもうれしかったです。
でも、最初に聴いたスクリーンミュージック編(?)を聴きたいと思わないのは、
聴いたところでなんとなく「ふ~ん」で終わりそうな気がするからです。

そんなのを聴くよりはGRIMAUDをもっと聴かないと・・・

by pat_mthny7205 | 2011-05-08 16:07 | favorite | Comments(0)
2011年 04月 25日

grimaud

先日注文していたCDが早くも我が家へ着きました。

先日のcredoに引き続き

またもや
helene grimaud です。

今回は4枚分がパッケージングされているものですが、
すべてオリジナル録音モノらしいです。

先ずはじめは
d0192112_228173.jpg


credoです。

これは先日購入したばかりなのですが、
今回のはDGオリジナルで先日のは日本国内盤です。
国内盤のCDが果たしてオリジナルとどう違うのか、
非常に見(聴き)ものです。

そして、
d0192112_221945100.jpg


chopin/rachmaninof
これはショパンとラフマニノフのピアノソナタが収録されています。
来日中に誰か(忘れました)のコンサートへ行った際にそれまで弾いていなかったショパンを聴き、
「自分もショパンを弾かなければと思った」
といった内容の話を聞いたことがありますが、
これはその影響を受けた後の作品なのでありましょうか。

次は
d0192112_22205035.jpg


reflexion(reflection)
クララ&ロベルト シューマン及びブラームスの作品集です。
協奏曲とチェロソナタなどが入っているようですね。
彼女の協奏曲は、
アルバムcredoではオーケストラの中で圧倒的な存在感を示しており、
とてもすばらしいそして聴きごたえのあるピアノを披露しておりましたのでとても楽しみです。

最後は
d0192112_22275193.jpg


beethoven

出ました
という感じですね。

empereur(emperor)
が入っています。
どんなベートーベンを聴かせてくれるのでしょうか。

ちなみに未だもう一つ注文をしているCDが届いていません。

それが来る前にさらにもう一枚欲しい作品が・・・
というか出来る範囲で一枚でも多く彼女の作品を聴きたいと思っております。

ジャズからだんだんとクラシックに好みが変わってきてしまいました。
いろんな意味でタイヘン(楽しみ)です。

by pat_mthny7205 | 2011-04-25 22:17 | favorite | Comments(0)
2011年 04月 24日

想像

今日のお天気は昨日の大雨(最終的には横浜は警報までになりました)とは大きく変わり、
朝から雲ひとつない(多分)素晴らしい晴天でした。

外に出かける時の服装も半そでTシャツの上に、これも長袖Tシャツの重ね着でした。
風もほとんどなくとても過ごしやすい天候でした。

そのせいか、近くのズーラシアや四季の森公園に行くと思われる車がたくさん信号待ちしているのを見かけました。

本日は日曜日恒例、
一週間分の食材の買い出しです。

それは午前中で済み12時台には帰宅する事が出来ましたので、
午後からは久しぶりのレコード鑑賞です。

d0192112_1924549.jpg

メニューは中古で良く見かける
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ヴラディーミル アシュケナージ(ピアノ)
アンドレ プレヴィン(Cond)
ロンドン交響楽団
です。
(アナログ盤の画像がありませんでした)

第二楽章と第三楽章に聴かれるあの有名なメロディー

バッハの
平均律クラヴィーア曲集 第一巻
第一番 プレリュード
とともに好きな曲。

しずかにそして流れるように少しずつ変化してゆく川面のような旋律。
または太陽の光が時ととも角度を、色を変え反射して行くさま。

想像するのは季節でいえばやはり冬でしょうか。
よく晴れた午後3時ころ。
森ではなく林の中を歩きながらふと足を止め空を見上げたその時、
自分が静寂のなかにいることに気付く。

そんな時、このメロディーが自分のあたまの中で流れ出したら、
きっと懐かしい過去のこと・・・
それは小学校くらいでしょうか。
不安や悩みなど全くない、
今思えば特別な何かがあったわけではないけれども、
とても楽しい日々を過ごしていたあの頃を思い出したりするかもしれません。

そういえば最近、ロマンティックな気分になっていませんねェ。

若いころはよく何かをきっかけに(すぐ)スイッチが入ったりしてました。

それも最近は全くといってよいほどにスイッチが入りにくくなりまして。
原因はやはり一人になる機会が非常に少ないからだと思われます。

d0192112_19413991.jpg

来週からはいよいよ連休に入ります。
d0192112_1943443.jpg

28日の初日は久しぶりに一人きりの時間が持てます。

でも、
そんなロマンティックな気分になっているヒマがあったら、
SPの耐震対策のために丸ノコを使って工作をしなければ・・・

by pat_mthny7205 | 2011-04-24 19:46 | favorite | Comments(0)