One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:favorite( 62 )


2011年 04月 17日

GRIMAUD

d0192112_16573392.jpg

先週金曜日に入荷しました。
優秀録音で有名なライナー・マイヤールが手掛けている作品。
2003年9月録音です。
オリジナルが欲しかったのですが、私の確認不足で日本国内盤が届きました。
アナログ盤で言う帯(CDではなんというのでしょうか)には、
「原音サイズ 新次元の音 デジタル録音」とあり、
最近輸入盤好みの私にもすこし期待させる文句でした。

実際聴いてみるとライブ録音らしいダイナミックレンジ感を感じられましたが、
それよりも印象的だったのはGRIMAUD本人が作品中にある思いをインスピレーションとしてとらえ、
それを演奏でみごとに表現している部分です。

家族がいる時間はさけて、土曜の朝に一人で起きてPLAYERのスタートボタンを押したのですが、
はじめから自分には好ましいピアノの音色で、
また、これまで数々の演奏が録音されていますが、
それらのうちどれかに似た演奏ではなく、
自分の解釈をそのまま変えることなく表現した演奏に感じとられ、
とてもすばらしい作品だと断言できる作品です。
このCDを聴き終えて思ったことは、
このアーティストは芸術家、ピアニストという以前に一人の人間として自分自身が感じたこと(その中に込められた意味)を(それは音楽に拘らず)世に向かって表現したいだけなのではないかということです。

これは勝手な想像ですが、
彼女が今またはこれから伝えたいという願望(欲望)を表現するために、
幼少のころから無意識のうちにそれを必要と感じてピアノを練習していたのではないかとさえ思えるほど、
自分の過去をも含めた彼女の人生や思いすべて浸みこませた演奏になっており、
とても言葉では言い表せないモノが十分に詰まった作品で、
自分にとって初めての体験ともいうべき内容になっております。

表現が豊かで、且つやさしい中にどこか攻撃的な部分があり、
それは今世界で起きている争いに対し、
「無意味」
であることを知ってもらいたい、いや、知らせたいおもいが込められています。

演奏だけではなく作品に対しても評価は非常に高く、
完成度の高い作品だからこそ彼女がとり上げたのがとてもわかります。

どうも私にはGOULDの名前がちらつくのですが、
感じるのも、表現するのも、自分のスタンスを決めるのも、
すべて自分であることを私に教えてくれた方であり、
その演奏は彼の生きざまをそのまま音にしたともいうべき作品ばかりで、
GRIMAUDにも同じような魅力を感じることが出来たとてもうれしい作品です。

そんな高い評価のアーティストなので、
早速別のCDを頼みました。

注文したアルバムは5作品分になります。

連休前に届けば有り難いのですが・・・

by pat_mthny7205 | 2011-04-17 17:41 | favorite | Comments(0)
2011年 04月 14日

alfa

昨日仕事関係の方から最近の自動車関連の状況について話が聞きたいとのことで電話が来ました。
暫くその辺りの話をしたあとは趣味の車の話になったのですが、
聴くところによると最近車(中古)を購入したとのこと。

その方は現在トヨタの逆輸入ピックアップに乗っているのですが、
実はスポーツタイプも好きだという話は以前何度か聞いていはいました。
そしてついに念願かなって(?)国産のスポーツカーを手に入れたようです。
とはいえまだ納車は済んでいないらしいのですが、
でもある意味今が一番楽しい時かなとうらやましい気持ちになりました。

そんな話を聞いたので、久しぶりにネットで車を見てみようかなという気持ちになったのですが、
今の自分は何が欲しいのか考えた結果、すぐに思い浮かんだ車はこれでした。

d0192112_228129.jpg


どうしてめんどくさがりの自分がこんな手間のかかる車を好きになったのかというと、
ただ単にデザインがすばらしいからにほかなりません。

でも、仮にセカンドカーとして手に入れられる経済力があっても、
自分には乗りこなすというかベストな状態で乗り続ける自信はないので「一生無理かな」と思っています。

でも、相変わらずいつ見てもカッコいいなぁ~

by pat_mthny7205 | 2011-04-14 22:15 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 26日

合唱曲

インシュレーターの使用により、音の変化が確認されたか否か。
ですが、
本日午前中の出かけるまでのわずかな時間に、久しぶりにシステムの電源を入れCDを聴くことができました。

最初はブラームス交響曲第一番の4楽章を聴きました。

感想ははっきりした違いが確認できたわけではありませんが、今日聴いた限りでは、弦楽器がこもったカンジの音にならずずいぶんとはっきりした高音で聴けたような気が致します。

次はほとんど一曲だけしか聴かないCDです。

d0192112_17114926.jpg

orc;swedish radio symphony orchesta
cond;eric ericson
これは合唱曲(男声合唱)を集めたCDになります。
このアルバムはホールでの客を入れない状態(一部除く)での録音ではないかと思われます。
よって会場内で発生したノイズはありますが、ホールの臨場感が音として表現されている部分もあります。

これまであまり合唱をお聞きになったことのない方もいらっしゃるかと思います。
「男声合唱」だからと言って迫力のあるイメージをお持ちになる方もいらっしゃるかもしれませんが決してそうではありません。
高音部のパートは想像以上の澄んだ声でうたっており、
全体的に上から下まで芯が太く厚みのあるクリヤーな合唱曲になっています。

5.Kung Liljekonvalje - D Wikander
その中でもこの曲は私のお気入りの曲になります。
一言で言うと、外国の曲で歌詞ももちろん日本語ではありませんが、
懐かしくもありさびしい印象が残る曲です。
最初から胸にしみるコーラスを聴かせてくれるのですが、
なんといっても終わりの所で、各パートの絡みそうでなかなか絡まない、
そうしてじらすだけじらした結果最後にやっと絡んだハーモニーを聴かせるところがあり、とても感動します。

みなさん、
eric ericsonのアカペラの男声合唱を
だまされたと思って一度は聴いてみてください。

最近、不安に思う毎日が続いています。
そんな時には安らぎを与えてくれるかもしれませんよ

話が大分それてしまいましたが、
この曲を聴いた感想は全曲同様やはり高音部が澄んだ感じに思えました。
そして、低音部も輪郭がはっきりとした印象です。

しかし、ここである問題に気付きました。
ラックそのものの剛性が低く、振動に非常に弱いということです。

やはりがっちりした「タオック」あたりでないとだめなのですかね・・・

by pat_mthny7205 | 2011-03-26 17:13 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 24日

透明Ⅲ

3日目です
9、[蝶のように]
この曲の歌詞は、どのような関係で、女性に何があって、いまどのようなシチュエイションで・・・
なんてわかるようでわからないです
不思議です
で、サウンド面ですがギターが殆どアルペジオで演奏されていて、しかも、ディストーションが掛かっているなんて、妙にこのメロディーに合っているように思えます。
いろいろ考えてますね

10、[ear candy]
なんといいますか・・・
これは妙に色っぽいというよりも私には相当エロティックだなあという印象の一曲です

歌詞の内容とメロディーがベストマッチ
さらに彼女の歌い方(これが色っぽくてイイ)がプラスされて、さあどうしましょう
途中ちょっと酔いがさめてしまうような歌詞があって残念ですが、全体でみるとすごくgood

タイトルからしてまたなんというか・・・

サウンド的には、2コーラス目に入る前のピアノのリフですか
ちょっとしたところですが気に入ってます

11、[地図]
これはまた珍しいテーマではないでしょうか
メロディーはひさしぶりに彼女らしいというかなんというか
楽器でのソロの際によくある「ゆびぐせ」のようなもので、じぶんにとっては顔がほころぶ瞬間です
この曲はサビが少ない音数で構成されているのためでしょうか、
さらに繰り返しが多いのも加わってちょっとくどいようなカンジも受けますが、
2コーラス目と最後のサビとのつなぎ(こういうのなんて言うんだっけ)が非常に効果的なスパイスのように感じます
d0192112_2101916.jpg

12、[片思い]
「ごめん君は悲しいのに少し 嬉しい」
さて、嬉しいのはわかるけれどそんな自分がいやになるでしょうね 
あとできっと

これも「できない」同様
「ともだちのふりをしていつつ、じつは相手に思いを寄せているヤツ」みたいな内容になりますが、
前曲と違うのは、まだ思いを相手に伝えていないところです

そして、振られた彼女を慰めていながら少し喜んでいるなんて、こいつはすきになれないタイプですね

音の面では、エレピが耳のすぐ横で鳴るような感じで思わず笑ってしまいます

以前はメロディーとともに歌詞も聴いていたのですが、そのうち歌詞の代わりにアレンジが気になるようになり、今は音質・アレンジ・メロディーの三本立てが主に気になるところです。

そのため歌詞が記憶に残っている曲は、完成度と言ってよいのかわかりませんが、聴かせる詩になっているのかなあ、と思います。

AMAZONのカスタマーレビューをみていて気付いたことがひとつ
こんかいのニューアルバムについて
「今後あまり聴かないだろう」
とコメントしているかたは、DarkOceanもお気に召さなかったようです。

私はというと
[DarkOcean]は相当気にいっており、
それに[透明]が加わりましてNo1,2になるほどのお気に入りアルバムになりそうです。

by pat_mthny7205 | 2011-03-24 20:21 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 23日

透明Ⅱ

昨日の続きです。

5,[オール]
いきなりサビ部分から始まるなかなか気持ちの良いコーラスたっぷりの出だしです
使用しているオーディオのシステムにもよると思いますが、トライアングルのような金属音が後ろに回り込むように聴こえてきます
「フツウのこと」あたりから目立って聴こえるようになったストリングスが、この曲では全面に使われております
曲と曲の間の間奏ではフルに使われており、ソロ(?)パートにも伴奏にも聴こえるGOODな旋律のアレンジ

6,[気になる人]
ユニゾンによるコーラスですが、低音のパートもtokoでしょうか
この辺がやはり彼女の持っている声質とレンジの広さがなせる技でしょう
ベースとドラムとで同じパターンで演奏する部分がありましたが、前作purpleの曲でも似たようなアレンジがありましたね

7,[できない]
この歌詞の内容は私にはすべてを理解することはできません
結論から言うと「好きでもない人と付き合うことはできない」ということになるのかな
でも、異性間での恋愛以下のつきあいが果たしてあるのか
純粋に相手に対する感情の変化はないのでしょうか
歌詞にはないけれども云われる側の気持ちはわかりますが・・・
この曲はベースの音が非常に目立ちます
それは良い意味でなのですが、音がブーミーになっておらずとてもクリアーに鳴っていて、弦が響いている感じがとても良く聴きとれます
最後に終わりの所のコーラスが最高の聴きどころではないでしょうか
しかもそのまま繰り返すのではなく、2回ほどハモッた後にフェイドアウトしていくなんてとてもセンスがいいですね

8,[キライになりたい]
一見シンプルな曲に聞こえますが、特徴的なリズムと曲のワンフレーズ(ワンコーラス)の構成が少し凝っていて、でもそれを違和感なく聴かせるところが渋いです
d0192112_20372789.jpg

残りは次回また。

by pat_mthny7205 | 2011-03-23 20:32 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 22日

透明

今日はこれまで何度か紹介していた
古内東子の「透明」について
自分なりに聴いた感想を載せてみます。
d0192112_2113954.jpg

1、「透明」
ピアノだけの出だしから始まる曲ですが、そのピアノ音にエコー(ディレイ)が効いていて曲名の澄んだイメージを表現出来ているカンジです
10小節目(多分)あたりから歌が入ってきますがAメロがおわったあたりから、まわりをとり囲まれるようなコーラスとアレンジで、あたかも広大で深い海の中へ潜っていくようなそんな印象をうけます

2、「SWALLOW」
1曲目が前に出てくるリズム音があるとは言え、ゆったりとした曲の印象ですが、
この曲でぐっとアップテンポになります。
一定のリズムで鳴るキーボードが、聴いていて良い意味で耳に残りますが、
曲自体はマイナーコ-ドでも決して暗いイメージはなく、それどころか前向きで勇気が出るような気持ちになります
全体的に曲の流れ、構成がGOOD
最後のギターのバッキングがとてもセンスが良いです。

3、「きみがわかるから」
この曲はこれまで聴いたことのないくらい(気付かないほどでしたが)、
可なり「薄め」の音量でコーラスが入っています
ユニゾンでもなくコーラスなのに、この発想は素晴らしいと思いました。

4、「DEVOTION」
前曲と比べこちらのほうはユニゾンで味付けをしているのですが、同様に可なりコーラスが「薄め」です
とはいえこのへんもやはりなければ逆に音の面で薄くなってしまうのですかね
彼女の声だからこそ、ユニゾンでも辺に分厚くならず、イメージとしては薄い絹が何層にも重なっているよう

つづきはのちほど

by pat_mthny7205 | 2011-03-22 21:02 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 10日

お気に入り

またもや、古内東子です。
d0192112_2220546.jpg

もはや間違いなくローテーションNo1のnewalbumですが、
これを聴くと気分が高揚するのがわかるのであります。

先日まで不安定だった気持ちが最近は多少落ち着いて来ているのですが、そんなときにこのCDを聴くと、なんというか不思議とわくわくしてきます。

先日のブログにも載せた
[earcandy]
は、特にそうです。

ある意味で、未だ自分自身落ち着いていないだけなのかもしれませんが・・・

d0192112_22333198.jpg

以前よく聞いていた
村上ゆき「夢で逢いましょう」
です。

タイトル曲はCMでもつかわれていましたが、
オリジナル自体があまりにも有名なのであえて説明するまでもないと思います。

その中で自分が一番好きな歌が
「港が見える丘」
です。

「夢で逢いましょう」同様オリジナルがとても有名ですが、
こちらはアレンジがオリジナルと違いピアノの弾き語り+リコーダー系のような楽器によるソロの構成になっており、しっとりと歌い上げる村上ゆきの声がとても悲しげに切なく歌詞を歌い上げており、夜ひとりで静かにしっとりと過ごしたい方には、とても合う曲かと思います。

はじめてドライバーを我がシステムに採用した際、声が飛んでくるカンジにとても感動を覚えた記憶があるアルバムです。

イチオシですかね。

by pat_mthny7205 | 2011-03-10 22:43 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 08日

気持ち

ひとこと


古内 東子 

NewAlbum

[透明]

[#10 ear candy]


良いですね

歌詞が



でも、
そこまでとは云えないけれど・・・

by pat_mthny7205 | 2011-03-08 21:59 | favorite | Comments(0)
2011年 03月 01日

everything happens to me

d0192112_2129892.jpg

KIRK LIGHTSEY TRIO WITH CHET BAKER/EVERYTHING HAPPENS TO ME

お気に入りのLPを紹介いたします。

録音は1983年3月14日です。
このころのCHETはやたらと録音をしており、何かの記事には薬代が欲しくてなんでも引き受けていたとか。
だからと云ってアルバムの出来が良くないかというと、私には大変素晴らしいと思えるものが多く、未だ手に入れていない作品があることを嬉しく思っております。
そんな私の所有している数少ない後期のCHET BAKER作品からMY FAVORITEアルバムです。

全6曲中、CHETが参加しているのは
[RAY'S IDEAS]とアルバムタイトルの[EVERYTHING HAPPENS TO ME]
の2曲のみとなります。
中でも[EVERYTHING~]はCHET作品の中でも最高傑作ではないかとさえ思えるほどです。

これはかつてフランクシナトラが唄っていたことで有名ではないかと思います。
歌詞はとても不憫に思えるほどの運がない(だけではないのかな)男のうたですが、これをCHETが唄うことにより更に切なさを帯びた内容になり、聴いていて本当に笑ってしまうほど悲しくなります。

また、何よりもワンコーラス(これが長い)ものトランペットソロは、何度聞いてもため息が出てくるインプロヴィゼーションです。
アーティストそれぞれにあると思われる、一生に一度の最高のPLAYがこの作品ではないでしょうか。

ちなみに私の所有しているアルバムは国内盤のため、ジャケットの写真がちがっています。
どちらかといえばこの国内盤の方がジャケットは良いと思うのですが、音質面を考え、何れはオリジナルを手に入れたいと考えています。

一枚のアルバムに対して参加が二曲だけと少ないようですが、この曲を聴くとそれ以上の価値が十分あると思います。

by pat_mthny7205 | 2011-03-01 22:05 | favorite | Comments(0)
2011年 02月 24日

toko Ⅱ

きょう、古内東子のnew albumが届きました。
d0192112_21474242.jpg

titleは「透明」です。
未だ何か書ける状態どころかすべて聴いておりませんので、曲やアレンジ等についての記述は避けますが、
一点だけすぐにわかることは、いままでのalbum(best盤は除く)のなかでは、いちばん音質が良いです。

これまで彼女の過去にリリースされたalbumを聴いてきましたが、音質がそれほどよろしくないように感じ残念に思えてなりませんでした。
sony⇒canionは不思議と同じような音質で、全体にどこかフィルターが掛かったような印象。
低音もはっきりした音がCDには残っておらず、自分としてはどちらかといえばタイトでクリアな低音が望ましいと感じていました
唯一、輪郭のはっきりとした彼女の声質がせめてもの救いでした。

そしていよいよavexへ移籍しどのように変わるのかなという期待を持って今度が3作目。
全体のバランスは、彼女の好みかと思われる、低音が可なり前に出ている印象を受けるのですが、それでも音質はこれまでの作品と比較して良い評価です。
 
とはいえ高音質CDの手前くらいかな。まだまだこれから変化が楽しみです。

音質が良い盤をつくるには、

イチバンに

「アーティスト本人がそこにどれだけ拘るか」

ではないのでしょうか・・・

東子ちゃん

ヨロシク!

by pat_mthny7205 | 2011-02-24 22:15 | favorite | Comments(0)