One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:iroiro( 180 )


2016年 04月 17日

旬のもの

毎年この季節になると筍をいただいている取引先の方から連絡がありました
「今年は良いのが採れたので来ませんか?」
行ってみるととても立派な(撮るのを忘れてしまった)筍を四つもいただきました
d0192112_16282584.jpg
翌日の食卓は美味しそうなのがたくさん!

とりあえずはシンプルな味付けからはじまり、
角煮やたけのこご飯とまだまだ続きそうです

味ですか?
もちろんとてもやわらかくて美味しかったです


by pat_mthny7205 | 2016-04-17 16:28 | iroiro | Comments(2)
2016年 03月 29日

Zeit-Photo Salon

d0192112_23120802.jpg
先日画廊経営の石原悦郎氏がお亡くなりになられました

この方は日本で初めて個人でフォトギャラリーを創設した方です

先月私が訪問することにしていたお宅の方から、お約束の時間を遅らせていただきたい旨連絡が入りました
お話しを聞かせていただきましたら石原さんの告別式へ行っていたとのことです

その方は石原さんがギャラリーを開く前からのご友人同士だったとのことですが、
レコードを愛するもの同士(石原さんはSPレコード)という共通の趣味でつながっていたようです

お会いしてから暫く石原さんとの思い出を聞かせていただいたのですが、
そのお話しを聞きながらふとあることを考えていました

それは今後石原さんの名前でその方の携帯が鳴ることはないんだという至極当然のことです

私の場合お二方のように古いお付き合いではありませんが、
いまでも私の携帯に入っている小林悟郎さんからの携帯の番号を見たときに同じようなことを考えます

あんなことも訊きたかった、こんな話もしたかったなどいったん思い出すといまだにいろいろ考えてしまいますが、
それでもこれは決して後ろ向きなことではありません

「亡くなった人のことを忘れないことも供養の一つ」なんてききますので逆に良いことと思っています
d0192112_22481321.jpg
そういえば最近ゴローさんから頂いたこのソフトで我が家のシステムの音を聴いていません

当時から比べれば結構体力が付きましたでしょ!




 



by pat_mthny7205 | 2016-03-29 22:50 | iroiro | Comments(0)
2015年 11月 04日

11月4日午後5時半すぎ

今日は朝からとても良い天気でした
気温も風がなかったせいか高く感じ、
昨日が冷え込んだ一日だったのでさらに過ごしやすく思える日でした

外出先から帰社してすぐに構内での仕事を終え事務所へ入るときふと空を見上げたら、
僅かに明るさの残る空にこちらへ向かってくる飛行機が目に入りました

するとそのすぐあとその飛行機よりも1.5倍から2倍程度の光が急に現れたのです

その光の軌道は手前から奥の方向に直線ののちに放物線を描くような、
スプーンを横から見たような進み方でした

放物線が終わったところでその光は消えてしまいましたが、
時間にして2秒、いや1.5秒あったかどうか

できればもう少し早くみられたら、というか情報量が多かったならと残念に思います

もちろんここに載せる画像などもありませんが、
なんとなく日記のように残しておくことにした次第です

いやはやまだまだ面白いことがありますねえ

by pat_mthny7205 | 2015-11-04 21:55 | iroiro | Comments(2)
2015年 09月 27日

十五夜お月さん

d0192112_22132312.jpg
6時43分



d0192112_22133370.jpg
8時03分

中秋の名月のこの日に月見団子は供えませんし薄も用意しませんが、
鑑賞することだけはいまだに欠かさず・・・

鈴虫ほかの演出は毎年用意してくれているのですけれどね


by pat_mthny7205 | 2015-09-27 22:20 | iroiro | Comments(4)
2015年 07月 04日

パン屋さん

考えてみるとたぶんタイア交換(スタッドレス→ラジアル)後からなので3月ころでしょうか
車の走行時に感じる異音がずっと気になっていましたがその原因が結構ぞっとする内容でした

ラジアルタイアそのものの交換時期がとうに過ぎていたのは知っていながらついぞここまで乗っていたのですが、
先に述べた異音が最近特に気になるようになってきたのでいよいよというかやっと交換したのです
d0192112_16530091.jpg
外したタイアのパターン部を見てみるとところどころブロック部に亀裂が入っているのが確認されました

音の聴こえ方については気温が低い時より高い時の方が音がはっきり聴こえていたで、
温度が高い時にゴムが薄いところで凸形状に盛り上がっていたのではないかと思われます

原因はこれにほぼ間違いないでしょう
d0192112_16531530.jpg
交換後はもちろん異音が消えハンドリングも抵抗が減ったおかげで楽に回せるようになりました
ケチと横着はいけません
d0192112_15283765.jpg
そのあとは予定まで少し時間があったので遠くからでもわざわざ買いに来る人が多い、
あの元石川の美味しいパン屋「ベッカライ徳多郎 」へ行きました

朝から並ぶとのうわさ通り午後二時すぎでも駐車場は待ち状態
しかしそのパンを食べてみればそれも納得

実は翌朝のパンを買うつもりで入ったのですが、
ちょうどその日朝食しか食べていなかったのでお昼用にもカレーパンを買いました
d0192112_15284519.jpg
車に戻って早速食してみたらなんとまあ美味いこと
パンと餅の中間のような触感と少し辛めで独特のスパイスが効いたカレーの味はこれまで食べたことがありません
d0192112_15282487.jpg
もちろん人気のミルクフランスも買い翌朝食べましたが、
牛乳の味が濃いソフトクリームがフランスパンの中に入っているようでこちらも美味しかったです

買ったのはたった三種類なのでまた近いうちに行きたいと云いたいのですが、
残念なことにパンを買うために我が家からわざわざここまで来るのは少し遠いですね

また機会があったらですね

楽しみはとっておきましょう


by pat_mthny7205 | 2015-07-04 15:54 | iroiro | Comments(2)
2015年 05月 31日

これでおわり

きのうは我が家のチビ(?)すけの運動会
六年生ですから最後になります

ことしの見どころはチビが応援団長で騎馬戦の大将というところです
d0192112_09194821.jpg
騎馬戦最後の大将どうしの戦いは快勝しました
d0192112_09201055.jpg
さらにこれまで二度しか勝ったことのない全体の勝負にも大差をつけて優勝しました
d0192112_09202396.jpg
表彰の際は応援団長が代表でトロフィーを受け取り満面の笑みです

よかった、よかった (笑)

そして今回で家族総出の応援は最終回になると思われます
d0192112_09195905.jpg本当に来年から行かなくていいんですか?

いずれにせよ六年間お疲れさま


by pat_mthny7205 | 2015-05-31 10:18 | iroiro | Comments(2)
2015年 03月 15日

3月14日

昨年から予定していながら実現していなかったのが横浜のvafanさんとの交流ですが、
先週土曜にやっとお宅訪問となりました

前回から構成も一部変更となっていますのでそれがどのように音に表れているのか楽しみでした
近くのレストランで昼食をとりながら昨年末私の身の回りに起きたあれこれをネタにお話
お互い同い年ということもあり、
ここまで生きていればなにかあってもおかしくはないという結論で終わり、
その後家にお邪魔をし早速音出しです

全体の流れとしては女性ボ-カル(和洋)、ジャズ、クラシックとここまで音源はCD
そして残り一時間は歌謡曲やクラシックをアナログ盤で聴かせてもらいました

まず初めのボーカルものの第一音で前回訪問時と明らかにそしてがらりと音が変わったのがわかりました

どのように変わったのか? の前にシステムの変化点について

大きくは下記のふたつ
1、SP位置の変更
2、イコライザーの導入


1、「SP幅方向の縮小」
d0192112_17233905.jpg
試聴しながら耳で聴いて調整したようです
d0192112_17383069.jpg
こちらはR側SPです
中心が床のマーキング位置にあったとのことで150ミリは内側に寄ったようです

d0192112_17332321.jpg
角度が違うのでわかりにくいかもしれませんがこれは前回訪問時のセッティングです
AITがSPの陰に隠れていないところからもわかるでしょう

変更前と後とで聴き比べても音場感が薄れるようなことがなく、
更に狭めた方がボーカルが中心に濃く現れるようになったそうなので結果これで落ち着いたとのことです




2、「べリンガーDEQ-2496導入」
d0192112_17235062.jpg
調整内容は音場補正だけで、
耳で聞いてピーク部だけを抑える程度にとどめているようです
あくまでもご本人の耳だけに頼った調整なのでまさにvafanさん好みの音になります

それらの結果SPから出てきた音はまず低音のボリュームがとても豊かです
なにしろボリューム(アッテネーター)が低めに抑えられているにもかかわらずたっぷりとしていてブレーキが利いています

さらにボーカルはvafanさんが仰る通り以前よりも中心に濃くまとまっていて、
先に述べた低音と相まってとてもワクワクする音に仕上がっています

イコライザによる調整は1のSP位置の調整前に実施したとのことですので、
いまの位置で更に調整をしたら今後更に良くなることでしょう

しかしながら調整をしているご本人はもちろんその変化の大きさには気が付いていないようで、
この辺りは大変面白いですね

いまvafanさんのジャンルの割合はクラシック4割、ジャズ3割、残りその他とのことですが、
お聞かせいただいたジャンルの中でわたくしが気に入ったのはポップス(歌謡曲、ボーカルもの)でした

その中で先日私のブログで紹介した松田聖子の「瞳はダイアモンド」
vafanさんがこちらの楽曲をファイル化したCDとデジタルリマスターのアナログ盤両方をかけてくれました
そこで聴いた限りはアナログ盤音源がとても自分の耳にはスッっと入ってきてとても馴染みよく感じられました

やはり70年から80年の歌謡曲に強いvafanさん
ご本人も気が付かないうちにこの辺りの楽曲が良く聞えるセッティングになっていたのかもしれません

vafanさんお手持ちの貴重なアナログ盤をあれこれ聴かせていただいてとても楽しい時間をすごすことが出来ました








by pat_mthny7205 | 2015-03-15 17:54 | iroiro | Comments(5)
2015年 02月 14日

螺子

先日購入した家具はうまいことCDの背表紙(?)が上に来るように収納でき、
また、良質な木材を使用したアンティークな雰囲気が漂うデザインでとても気に入っています
d0192112_16244413.jpg
それぞれの角は面取りを施してはいますがC面(chamfer)のように直角面に対して45°などの角度をつけた面を入れる様なものではなく角が丸くなっていてとても良い雰囲気を出しています

その家具をみていて気が付いたことが「ねじ」です
d0192112_16270557.jpg
この家具に唯一取り付けられている金具が引き出し部の取っ手です
取り付けられている金具ねじすべてに [-](マイナス)が使用されています

そういえば古い家具に [+](プラス)ねじはすこしちがうように思えます
さてこのねじの意味するものは何なのか調べてみたところ興味深いことがわかりました

もともと世の中のねじは1930年代のアメリカでプラスのねじが考えられるまでマイナスしかなかったようです

マイナスねじは気を付けてまわさないと角をなめてしまったりするので使いづらいものです
そこである人物によりプラスねじが考え出され、
その使いやすさはあっという間に世界中に広まったとのこと

それを知ってから改めてこの家具をみてみるととても80年以上も前の家具とは思えません
d0192112_16242765.jpg
それぞれの角部は使用感を出すためにペーパーをかけて丸みを出しているのでしょう
このマイナスねじはこだわりがあるがゆえに使用されたものですね

この家具を造った職人は全体のフォルムを崩さず見事に時代をも表現させています
d0192112_16245422.jpg
この引き出しの取っ手には収納品の表示をするための隙間があります

このままの状態でも良いですがいつか良い雰囲気の紙を手に入れることが出来た日にはトライしてみましょうか


by pat_mthny7205 | 2015-02-14 16:32 | iroiro | Comments(2)
2015年 02月 08日

我が家の画伯

小学校からのプリントにお宅の子供の作品がギャラリーに展示されますよ的な内容と場所が記載されていました

場所は紅葉坂の県立音楽堂からわきにそれた道の先です

その日は県立音楽堂の駐車場へ車をいれ少し遠回りとなる伊勢山皇大神宮のある山を経由して行きました
d0192112_19214677.jpg
「横浜市民ギャラリー」http://ycag.yafjp.org/がそれです



そこには小・中・高の生徒がそれぞれ設けられたテーマをもとにイメージを膨らませてつくられた絵画や造形などの中から選ばれた作品が展示されていました

早速案内をみて五年生の作品のあるフロアへ

目的の絵画をいち早く見つけたのは本人です

d0192112_19215829.jpg

これを作ったじきは年末だったようで同級生の子供の作品は雪だるまやクリスマスツリーなど冬をイメージした作品が多かった中、
どうすればこのような前衛的なものになるのだろうかと考えました

学校の授業の中でつくられたもので、課題は三色または四色の版画をつくるというシンプルなもの
d0192112_19221051.jpg
d0192112_19222181.jpg
時間としては授業時間で六時間を要したそうです

このような作品になった理由を訊いたところどうも好きなアニメーションの中のハナシからきているようで、
地球上に落ちた隕石の影響で破壊されたのちに再生される世界をイメージしたとのこと

タイトルはドヴォルザークの「新世界」からそのまま失敬したそうです

どうして先生はこれを選んだのでしょうか

因みに出展されている中から特に気に入った作品(勝手に)です
d0192112_19223476.jpg
d0192112_19225761.jpg
d0192112_19224663.jpg

お昼は関内にある鰻屋「わかな」へ行きました
d0192112_21024366.jpg
ここでいつも重ではなく丼ぶりを頼みます

理由は丼ぶりを手に持つこともおいしいからとたくさん口の中に頬張ることもできないほどの熱さですが、
こちらの方がとても美味しく感じるからなのです

こちらへ来るお客さんの殆どが丼ぶりです

そのアツアツの丼ぶりが届いたので先に山椒をわたしました
とても良い香りのする山椒をかけているのを見ているうちにあることに気が付きその手をとめました

なにも知らないときっとご飯が熱いせいで舌をやけどしているのかと勘違いしてしまうくらいなのですが、
実はここの山椒はとても辛く舌やくちびるがびりびりとしびれてしまうのです

辛いのがそれほど得意ではない連れのためにかわいそうなので私のうな丼と交換してあげました

しかし辛いとはいえこの山椒は鰻の味が変わってしまうようなことはありません
いつものように美味しい食事をすることが出来ました

帰宅して暫くして頼んでいた物が宅配便で届けられました
d0192112_20443965.jpg
それは最近収まりきれなくなってきたCDを収納するための家具です

オークションで二点出品されていて先に出されていたのは天板や脚部をはじめキズが目立つもの
もう一つは比較的きれいなものです

キズが多いほうが既に入札されていましたのできっともう一方と比べると安価だろうと思い込み私も参加

寝る前に余裕をもって自動入札金額をいれて就寝
翌朝観てみると500円差で他の方が落としていました

悔しかったですねェ(苦笑)

さてそれではもう一方の方はと確認すると入札者がなく0円のまま
最低落札価格アリとのことも考慮すると更に高そうな印象だったのですが、
諦めずにしかし適当に入札額をいれたら「あなたが最高落札価格者」とのこと

意外とあっさりクリアしてしまったのです

が、しかしこれは先のものより程度が良いのできっと競るだろうと覚悟をし最終日を待ちました
しかし意に反してだれも入らずしかもキズあり品よりも安値で落札
こんなこともあるのだなあ思いと手続きを済ませました

さて玄関まで届いたのは良いのですが材がマホガニーとのことで大変重くとても持てるものではありません

すべての引き出しをはずして軽くしてもまだまだ重く、
それでもなんとか二階へ持ち上げたときはまだ完治していない血管が切れてしまいそうでドキドキしました(苦笑)
d0192112_20450721.jpg
クラシックだけをこれまでのラックからこちらへ移動しましたがまだ余裕はあります

上に載せた真空管ラジオもマッチしてとても気分が良いものです

さてオイルステンを塗り重ねたようにみえるそれは良く見るとネットに載っていた画像の商品とは若干木目が違うようです

しかしものは悪くないというので良しとしましょう

久しぶりに良いものを手に入れました

d0192112_19232124.jpg
最後に美術館から紅葉坂へ向かう帰り道、いつのまにか子供がうしろから撮っていたようです
これは見ようによってはわきを抱えられた病人と云えなくもなさそう・・・

ではありませんかね?


by pat_mthny7205 | 2015-02-08 20:55 | iroiro | Comments(2)
2015年 01月 27日

ほんのわずかの時間

ある夜リビングで家族と話をしていたら隣り合わせている洗面所を何かが浮遊しているのが目に入りました
いったい何なのかと気になり電気をつけてみたら何やら細くて小さいものがふわふわと飛んでいるのです

パッと見たときすぐにそれが何か気が付き下の子供を呼びました

糸トンボです

さかのぼること二、三日前
めだかの水槽の中にヤゴと思われる生き物を見つけました
d0192112_21274207.jpg
それを考えるとこのトンボは孵化したばかりと思われます
水槽の水が暖かかったのでこんな時期でもトンボになれたのでしょう

私はリビングの高い天井で飛ばしてあげようとおもったのですがそこは奥様が断固拒否
子供と二人で考えた挙句いったんメッシュのふたをした透明な容器に確保したところで就寝

そしてその翌日横浜は朝からとても天気が良くきのうとは逆にぐんぐんと気温が上がっていきました

暖かいとはいえとんぼが生きていくことが出来る気温ではありません
だからと云ってせっかく生まれてきたのに小さい入れ物の中で命を落とすのはもっとかわいそうな気がしたのです

こどもは「春まで家に置いておけないの?」と残念がっていましたが、
きちんと説明をした後二階の窓を開けそこで容器のメッシュをはずしました

とんぼはすこし経って飛びはじめ、やがて行方がわからなくなりました

決して空高くとは云えませんが羽ばたいてゆっくりといなくなりました


by pat_mthny7205 | 2015-01-27 21:30 | iroiro | Comments(0)