<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

雨の月曜日

今日は朝から天気が悪く夕方になると体感温度が非常に低く感じられました。
先程家に帰ったのですが、エアコンのリモコンで外の気温を確認したところ3℃とのこと。
「いや~それはないんじゃない」てな感じで、きっとマイナスになっているだろうと予測しておりましたが、見事に外れました。

今日は仕事で厚木方面へ行きましたが、愛甲石田近辺まではみぞれだったのに、とある大手自動車メーカーの所有する山道に入ったとたん粒が大きくなり、敷地内に入ったらそれは雪になっていました。
中には猿の親子(親②子①)がいるのですが、寒い時はどうも車の下や人気のない建物の中、また設備の放熱で暖をとっているらしいです。
でも、猿も少子化なのですね。

しかし今日は寒すぎます。

こんな日は花粉の飛散量が少ないので、家の奥さんも快適ではないかと思います。
そんな日は我が家はみんなにこにこ笑顔の日かな。

よかった、よかった。

by pat_mthny7205 | 2011-02-28 19:29 | iroiro | Comments(0)
2011年 02月 27日

なんとなく

今日はSPの配置替えをしました。
d0192112_1834866.jpg

以前は床板の上にじかに置いおり、移動の際にはいちいちバラしていたので至難の業というか、間違いに気づいても一度セットしたら次にやる気を起こすまで暫くはそのままで我慢していました。

でもその後安物ですが板を買って、丸ノコで切ったものを下に敷いてからは移動が数段楽になりました。

今回はただ内振りを廃止しただけで調整はしていません。
ツィーターはさすがに内振りにしないとぼやけたカンジになるので向きは変更しました。
この結果SPからのリスニングポイントは下がり、そして音の広がり感は良くなった感じが致します。

この変更の後聴いたのはやはり古内東子のnewalbum「透明」です。

やはりこのアルバムは全体に低音が前に出ており、通常セレクトしているイコライジングのメモリーAではブーミーな音になってしまいます。
ですからAとは低音のバランス(40Hzから180Hzを落としている)を変えたCにしてタイトな低音に近づけて再生する事にしました。

さて本日聴いて「んっ?」と気になった曲。
まだありません。
真剣に聴いてないせいなのか・・・
なかなか集中できる時間をつくるのは難しいことです。

でも、[SWALLOW]は曲の雰囲気がイイ感じです。

暫くはへヴィーローテーションにいれて聴いていくアルバムなので、ゆっくりかみ締めて感じていきたいCDです。

休みはあっという間に時間が過ぎていきますね。
時間のスピードは本当に一定なのでしょうか。
ときどき疑問を持ったりします。

むかし経験した、お互い黙っているのに早く過ぎる時間がなつかしいです。

by pat_mthny7205 | 2011-02-27 18:43 | iroiro | Comments(0)
2011年 02月 26日

いよいよ・・・

来ました。
ここ横浜市旭区にもいやな花粉がたくさん飛んできました。

私は特別異常はございませんが、我が家の奥さんが「めのかゆみ」と「はなみず」と「くしゃみ」に耐えられない状態のようです。

家に帰ったらすぐにシャワーを浴び、花粉を出来る限りまき散らさない対策をとっているため、そのあとはどこにも出かけられない状態になります。

これは例年では五月の連休前まで続きます。
そのため「長い冬がおわっていよいよ春が」といっても我が家には春はありません。
まあ、これも仕方がないことと私も子供たちも諦めている次第です。

私は家にいてゆっくりできるのでまんざらでもないのですが・・・ 

by pat_mthny7205 | 2011-02-26 21:28 | iroiro | Comments(0)
2011年 02月 25日

風がつよかった日

ずっと寒くて、今週のはじめには車のフロントガラスが凍っていたという日もあったのに、
d0192112_22182031.jpg

昨日少し暖かく、今日はだいぶあたたかく、そしてどんどんと風が強くなってきたと思っていたら、気温が20度に届いたとのこと。
そして今は、けっこう寒い。
昼間あれだけ暖かったせいかもしれませんが、それにしても対応に忙しい毎日です。

それよりも今週は何と言っても一週間が長い。
なぜか非常に長く感じたのですが、水曜の朝起きた瞬間
「今日は金曜日だ」
と一瞬思ったくらい・・・

自分の中の時間の経過をはかる感覚がおかしくなっていたのでしょうか。

それだけに今日はとてもうれしくて、過ごし方がゆったりとしているのが自分でもわかったくらいです。


今日はオーディオはお休みです。
その代わり明日、いやあさってたくさんというか、ゆっくりしようかなと思っています。
d0192112_22204050.jpg

もっと古内東子を聴かなければ・・・

by pat_mthny7205 | 2011-02-25 22:20 | iroiro | Comments(0)
2011年 02月 24日

toko Ⅱ

きょう、古内東子のnew albumが届きました。
d0192112_21474242.jpg

titleは「透明」です。
未だ何か書ける状態どころかすべて聴いておりませんので、曲やアレンジ等についての記述は避けますが、
一点だけすぐにわかることは、いままでのalbum(best盤は除く)のなかでは、いちばん音質が良いです。

これまで彼女の過去にリリースされたalbumを聴いてきましたが、音質がそれほどよろしくないように感じ残念に思えてなりませんでした。
sony⇒canionは不思議と同じような音質で、全体にどこかフィルターが掛かったような印象。
低音もはっきりした音がCDには残っておらず、自分としてはどちらかといえばタイトでクリアな低音が望ましいと感じていました
唯一、輪郭のはっきりとした彼女の声質がせめてもの救いでした。

そしていよいよavexへ移籍しどのように変わるのかなという期待を持って今度が3作目。
全体のバランスは、彼女の好みかと思われる、低音が可なり前に出ている印象を受けるのですが、それでも音質はこれまでの作品と比較して良い評価です。
 
とはいえ高音質CDの手前くらいかな。まだまだこれから変化が楽しみです。

音質が良い盤をつくるには、

イチバンに

「アーティスト本人がそこにどれだけ拘るか」

ではないのでしょうか・・・

東子ちゃん

ヨロシク!

by pat_mthny7205 | 2011-02-24 22:15 | favorite | Comments(0)
2011年 02月 23日

28Hz

DG-28で音場補正の話です。
自動で3回の測定及び補正後、大体1,2回は更に精度を上げるために補正の追加を行っております。
いつも31,5Hzまでは必ず出るのですが、28Hzが出たり出なかったりと疑問に思っています。
出るときと出ないときとでまわりは何一つ変わっていないのに、なぜ違いのが出るのでしょうか。

また、28Hzが出た時のレベルは-5㏈前後までになるので、はっきりと耳で確認できます。
このVOICING EQでそれぞれの測定の違いが出た場合、聴感上の影響があるのでしょうか。
(28Hzが出なかった場合は、ソフトをかけても31,5Hz以下は出ないようになっているのか)

出るユニット/箱のはずなのに不思議です。

d0192112_2205157.jpg

最近、夜にそんなことを考えはじめるとなかなか眠れなくて・・・

by pat_mthny7205 | 2011-02-23 22:06 | audio | Comments(0)
2011年 02月 22日

じわじわと・・・

d0192112_21324678.jpg

久しぶりに家の中から朝日を見たような気がします。
d0192112_21353730.jpg

今月の5日はこんなところから朝日が出ていました。
家を出る時刻が6時25分ころで、その時間は未だ暗いとつい最近まで思っていましたが、今日は既に6時過ぎには朝日が顔を出しておりました。

朝からこのような良い天気だったので、134号線を鎌倉滑川交差点から大磯方面へ向かったのですが、いつもなら空いている道が今日はやけに交通量が多く、軽い渋滞がおきていました。

そんな中我が家の高校合格娘は卒業遠足(?)とやらでディズニーランドへ行ってきました。
最後まで楽しめたようで、帰ったら母親にずっと今日の出来事を話していたそうです。

太陽が西に沈む時刻も近頃では大分遅くなり、暗くなってきた気がしたのは5時半ころでした。

確実に少しずつ春が近づいて来ているようです。

by pat_mthny7205 | 2011-02-22 21:53 | iroiro | Comments(0)
2011年 02月 20日

どなたかいらっしゃいませんか

d0192112_1523574.jpg

以前使用していたCD PLAYERのVRDS20ですが、これは昨年の年末に突然トレーが開かなくなったので、代わりのSONY CDP-X5000を購入してからは箱に入ったまま別の部屋で眠っております。
はたしてこれをどうしようかその当時はいろいろ考えました。
とりあえず修理してからオークションにでも出品しようか、それともそのまま中古販売店に買ってもらおうか等々。
ある修理業者に修理費の見積もりを依頼したが、その返事が来ないのでそのままになっておりました。

まあ、別にそのままでも良いとは思っておりましたが、改めて置き場を見てみると結構な場所をとっていたので、そろそろモノを動かすことに致しました。

で、オークションも良いのですが、このPLAYERは現状では使用できないことと、正面パネルに打痕の修正跡が残っているためなかなか欲しい人は出てこないだろうという予測から、ブログにて販売情報を載せようと考えました。
これなら売れなくてもいつまでも情報が載せられるので楽ちんです。

OUTPUTの種類は下記のとおりです。
d0192112_1527590.jpg

DIGITAL:TOS/ST COAXIALの3種類
d0192112_152888.jpg

ANALOG:バランス/アンバランスの2種類
付属品:リモコン
*インシュレーターは御座いません。

現状トレーはOPEN/CLOSEを押しても動作はしませんが、何やら中で音は致します。
VRDS機能のCDを上部から押さえつける部分がOPENの際も下りているせいではないかと考えております。

また、正面パネルの打痕は、W:3~4mm D:1~2mm程度となります。

中古の相場です.
ある店舗では¥79,800-(定価¥250,000)
となっております。
修理費と打痕を考慮して・・・
¥30,000- でいかがなものでしょうか。

どなたかいらっしゃいませんか。

by pat_mthny7205 | 2011-02-20 15:42 | audio | Comments(0)
2011年 02月 19日

賛成・反対

私の家には、Accuphase DG-28(VOICING EQUALIZER)があります。
この単体が我がシステムに組まれてからというもの聴く音楽が劇的に変化し、確実に感動を与えてくれ、今ではこれなしではオーディオを楽しむことが出来ないようになりました。
d0192112_22315851.jpg

そもそもオーディオを趣味としている方々の中で、これ若しくは同様の機能を持ったEQを使用している人は少数派ではないでしょうか。
なぜそのように思うのかと申しますと、それはEQ拒否の方が結構いらっしゃるとの記事を読んだからです。

先日ネットを見ていて、ある方のブログにこのような内容を見つけました。
「ヴォイシィングイコライザーで音場補正した結果、かなりの効果を確認出来た。~第三者にはEQをOFFにした音しか聴かせていない。なぜなら、ONの音は否定されるから・・・」
このような記事を読んで思ったことは、
「EQの何を否定しているのか」
です。

昔から言われている、「音質の劣化」と云う意見は果たしてどれくらいいるのだろうか。
それよりも自分が今思うのは、オーディオを趣味としている人は何のためにそれを続けているのかということです。

EQを使用せず、自分の耳を頼りに長い間努力をして追い込んでいき、満足またはそれに近い結果を残すことができた人にとって、EQ(音場補正機能付)ONでならす音を良しとしない(努力をしていない)気持ちはわからないでもありません。
中には、EQを使用しない派でもEQを否定しない人はいるかもしれませんが・・・

でも私が思うに、高レベルでのSPのセッティングが可能な人はかなりの少数派ではないのでしょうか。
自分が持っているシステムの能力を最大限に引き出すというのは難易度が高く、なかなか多数の方から良い評価が得られる音を出すということは容易なことではないと思います。
(何も人に評価してもらわなくても、自分が良ければいいのだと云う人はこの内容を無視してください)

そういう私も出来ていないものの一人ですが、音場補正をしてオーディオがある部屋に最適なイコライジィングをした音が自分のものになるということは、見方を変えると、すぐに気に入った音で音楽を聴くことができるということになり、これは大変素晴らしいことだと思います。

ただ、我が家にDG-28があってその恩恵を受けているといっても、決して努力が全くないというわけではありません。
EQカーブの問題、SPの設置場所の問題等々それなりにやることがあって、それなりにすぐには上手くいかないものです。
だから、これは良い音で音楽を聴きながら更に良い音にする調整をしていく楽しみはあります。

今では安価で音場補正が出来るモノが販売されていますので、気になっている方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか

by pat_mthny7205 | 2011-02-19 22:32 | audio | Comments(0)
2011年 02月 17日

SONY

d0192112_2128387.jpg

CD PLAYER SONY CDP-X5000です。
前にブログで取り上げたのですが、その後の感想とでも申しましょうか。

我が家に来て一ヶ月半になります。
使い勝手としては、大分慣れてきたせいかソフトの入れ替え等の作業はスムーズに出来ております。
肝心の音ですが、以前のプレーヤーのVRDS20から変えた当初が一番的確な印象だと思います。
それは「SONYなのに色づけされた音」のような表現だったと記憶しています。
私のSONYに対する印象はCLEAR(といってもそこそこ)でした。
だからと言って全体が変わったのか、若しくはこのプレーヤーだけがそうなのか・・・

そういえばVRDS20の前に使用していたものもSONYでした。
その時のまわりの機器は表現力に乏しく、CD PLAYERの特徴はこうだったとは説明できません。
でも、あえて言うと「くせがない」、違う言い方では「特徴がない」といった感じでした。

それでもSONYというブランドには抵抗はなく、SACDの1号機はいまだに欲しいと思っています。
3年ほど前でしたか、CDP-X5000が欲しい時期がありまして、オークションに参加した経験がありますが、当時は出せば売れるの人気機種で、私などには入手は到底出来そうもありませんでした。
で、この製品は、購入したショップのホームページにアップされてから2~3か月くらいは売れずにいたのです。
私も何度かその画像を見ては「前はあれだけ欲しくても変えなかったのに何で残っているんだろう」などと余計な心配をしておりましたが、そんな中とうとう我が家のプレーヤーのトレーが空かなくなり、年末年始のお休みを音楽なしですごさなければならない強迫観念にとらわれ、結果、気が付いたら購入しておりました。

この単体のリモコンは専用のものではないものがついておりました。
それは、SONYのミュージックカレンダー対応ではなかったのです。
はっきり言ってこの機能は大変扱いやすく、購入の意思を示してから我が家に来るまでそのことを思い出していたのですが、中を見てがっかり。
が、以前使っていたプレーヤーを売る時、たしかリモコンをつけることを忘れていたのを思い出し、必死になって探した結果、物置の奥にそれを発見しました。

購入してみると不思議なもので、いろいろな情報が目に入ってきます。
その中で気になるのが、「本体操作ボタンが壊れやすい」です。
この部分は先程のリモコンがあるのであまり使わないだろうと思っておりましたが、これも結構使いやすく、比較的使用してしまっています。

出来る限りリモコンを使った方が良いのでしょうか・・・

と、本日はどうでもよい昔のことでした。

あっ、今日初めてインチキ鍼を腰回りに4か所さしました。
あまり実感はございませんでした。

by pat_mthny7205 | 2011-02-17 22:00 | audio | Comments(0)