<   2011年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

梅雨明け?

d0192112_1315773.jpg
d0192112_1321151.jpg

(cpにて撮影)

午前11時過ぎ。
横浜市内(戸塚警察近辺)は急に晴れ間が見え始めました。

なんか梅雨明けみたいですね。(きっと違うと思います)

天気予報ではこんなに晴れるお話はなかったような気がしますが・・・

下のチビすけの運動会が28日に雨で中止になり明日31日に延期となりました。
明日もこんなカンジで晴れるかな。
(少々風が強いのが気になりますが・・・)

by pat_mthny7205 | 2011-05-30 13:07 | iroiro | Comments(0)
2011年 05月 29日

残ってたので・・・

d0192112_15531428.jpg
d0192112_15534963.jpg
d0192112_15541657.jpg
d0192112_15544921.jpg

連休中の画像です。

by pat_mthny7205 | 2011-05-29 15:57 | iroiro | Comments(0)
2011年 05月 28日

明日は・・・

いよいよやってきました。
じめじめした季節ですが家の中の湿度が一気に上がったようです。

早速ドライにしたら確かに湿度面では快適になって来ても、
今日のように気温が上がらないととても寒くてじっとしていると肩がこって来てしまいます。
その対策として寝室から掛け布団を持ってきてゴロっと横になったらうとうとしてしまいます。

家にいても不快ですし、だからといって外へ出かける気にもならないしでつまんないですね。

明日は上の子供の誕生日です。
でも、学校の宿泊訓練とかで朝から出かけてしまいます。

まあ、風邪をひいて帰って来ないようにしてもらいたいです。

16歳の誕生日おめでとう!

by pat_mthny7205 | 2011-05-28 22:18 | iroiro | Comments(0)
2011年 05月 27日

EQ

きのうの続きのようになるかもしれませんが・・・
SPのセッティングを正確に行うということはそのSPの性格とそれが置かれている部屋とリスニングポイントにおける関係を一致させることになるのではないかと勝手に思っているのですが、
それはリスニングポイント以外で聴くことによりリスニングポイントでは聴くことが出来る音が聴こえなくなってしまうことが起きてしまうことからわかるように、それぞれの整合性をとることは必要な事になります。

そこでそれらが完全に一致した場合は私には想像付きませんが、
きっとそうでない場合と比較するまでもなく良いだけでは表現に物足りなさを感じるほどの素晴らしい音を聴かせてくれることでしょう。
(想像してますが・・・)

で我が家で活躍しているDG-28ですが、
これはポン置きのSPでも音を格段に向上させてくれると思っていますが、
SPのセッティングを追い込んだ場合はさらにもっと音に磨き(古いですね)がかかるのでしょうか。

逆にベストな位置にあるSPの場合は音場補正後のEQ/ONと同レベルのためさほど変化は感じられないのでしょうか。

d0192112_22242578.jpg


このセッティングについてですが以前ブログにも載せましたが、
我が家の場合SPの設置位置から見ると部屋の形状がシンメトリーではないため、
頑張って合わせてもきっと左右のSPの位置は見た目が悪いくらい非対称になってしまうような気がしているのです。

そんな予感がするほどの部屋なので、自力で位置合わせをしようとしても果たして出来るのかどうか・・・

考えれば考えるほど何もしていないうちからいろんなことが問題になってきます。

d0192112_22251491.jpg


あらかじめ想定しておくことは必要ですが、
この件に関してはかえって何もできなくなりそうな気がしております。

by pat_mthny7205 | 2011-05-27 22:25 | audio | Comments(0)
2011年 05月 26日

市販or

d0192112_19104033.jpg

運動会の季節です。
(去年の画像です) 
とはいえ昔はこの時期ではなかったはず。
いつからなのでしょう。
今年は下のチビの運動会が今週の28日土曜日です。
でも天気予報では雨が降るとのこと・・・どうも台風の影響のようですね。

きっかけは梅雨前線らしいですが、
ことしもまたイヤな季節がやってまいります。
なにしろ家の中の湿度が高くなるので、
それが大なり小なりオーディオに影響を与えると思うとそれだけで憂鬱になります。

ところで今更なのかどうかわかりませんが・・・
一般に市販されているSPいわゆるSPシステムと、
チャンデバを駆使しさまざまなユニットやドライバーを組み合わせたSPとを比較した場合,
EQを使用しないでそのままでならして良い音が出るのはやはり市販されているSPの方なのでしょうか。

我が家のSPをEQ/OFFとONとの比較を例えると、
ON:重厚で奥行きがあり、また少々硬めなので沈み込みにくが疲れにくくリラックスできるないドイツ製のソファー
OFF:パイプいす

「ホーンSPをマルチでならすのは大変難しく試行錯誤しながらもチャレンジしたが、
結局断念して今ではマルチをやめ他のSPを使用している」

という文句をときどき記事で見かけることがあります。
これはSPのセッティング、アンプのトーンコントロールまたはグラフィックEQだけで調製した方の意見なのでしょうか。

そこで「難しい」という文句に注目したい。
難しいということから決して納得しているのではないことがわかります。
ですからこの場合はSPから出てくる音が気に入らないということになります。

では、何に対してまたは何と比較して気に入らないというのでしょう。
その基準は何なのでしょうか。

そのような方はきっと(想像ですが)市販のそれなりの音質で鳴るSPを使用した後にマルチにトライしたので、
その音よりも上を目指してチャレンジした結果なかなかうまくいかず不満に感じたのだと思います。

ではなぜ私はいまだにマルチを続けているのか?

そもそもマルチアンプなんていうのは、本来(?)ある程度のキャリアの持ち主が手を染めるシステムであり、
私のような経験不足の人間が組んでいるという話はあまり聞きません。
私の場合いまのSPの前は市販の古い4ウェイを使用していました。
そこから一歩進んで、中高音をドライバー+ホーンにしたのですが、
もともとのクロスオーバーネットワークを使っていたせいか、
いま思い出しても当時の音に対して感動こそあれ不満はなかったように記憶しています。

で、いまの組合せになる前にチャンデバで振り分けるようになったのですがその後も特に不満はありません。

それはさらにDG-28を導入したのが原因で、更に不満が出るどころか逆に大変満足するようになったからです。

要するに私の場合はDG-28に助けられたわけで、
もしこのような機能のEQがなかったらきっと挫折していたと思います。
だってOFFにするとパイプいすなのですから・・・

d0192112_2222053.jpg

ACCUPHASEのこのシリーズはいまDF-48まで来ていますが、
この機能のすばらしさをどれほどの方が体験しているのか。
EQを通すことは音質の劣化につながると考えている方は昔よりは減っているような気がします。
だからといってすぐこれらの機種を導入するとは限りません。
その原因の一つに新品でも中古でもとても高いからだと思います。

でもわたくしはいちどこれを体験したいま、もう二度と手放せなくなってしまいました。
音場補正機能が充実して音質劣化がなくそして安価なモノが出てくれることを待ち望んでいます。

by pat_mthny7205 | 2011-05-26 19:34 | audio | Comments(0)
2011年 05月 25日

これからのお休み

ブログに載せている内容に「これからすること」または「しようと考えていること」があります。
でも実際に実行していることは実行していないことに比べ少ないように思います。
あえて過去のブログを見直してみるつもりはありませんが多分当たっているでしょう。

では、なぜできないのか。
いろいろ事情はありますが、
1番の理由はシステムがある場所がリビングだからではないでしょうか。

いま問題としているSPのセッティングなどは調整後試聴をする必要があり、
最後まで同じ集中力、同じ感覚を維持する必要があります。
また、作業中当然のことですが余計な物音は出してはいけません。

そんないわば自分勝手な状況を長時間続けることを家族に強いることなど出来ません。
ではいったい何時・・・

ということで、
最近ちまたではいったいどうなるのかが話題に上っている例のニュースについてです。

国内の自動車メーカーで構成する日本自動車工業会(自工会)は11日、夏の電力不足に対応するため、土曜日と日曜日に各社の工場を稼働し、木曜日と金曜日を休みとする方針を決めたことを明らかにした。電力需要が少ない土日に生産し、平日に電力消費が集中するのを避ける。

 全国の工場で7~9月の3カ月間実施する。約450社の自動車部品メーカーでつくる自動車部品工業会も、自工会と足並みをそろえる。部品メーカーは各地の自動車工場と取引があり、部品供給に支障がないようにする。

 政府は今夏、ピーク時の電力消費を東京電力や東北電力管内で15%削減する目標を掲げている。自工会はさらに電力の使用量を減らすため、業界ごとに交代で土日以外に工場を休みとする輪番制導入を他業界に呼びかけている。

《共同通信社の記事抜粋》

d0192112_21434220.jpg

私の勤めている会社の親会社にあたる企業が自動車メーカーなのですが、
本日、未確定ではありますがほぼ決まりとの連絡を受けました。

当初から量産工場は木金を休みにするという方針でしたが、
私の通っている場所は試作部署のため決定するまでには時間がかかったということです。

ということでこれが実施されると家族みんなが学校や仕事の時にお休みです。
この時期こそこれまで出来なかった数々の課題をクリアするべきです。
それまでどんな課題があったのかをまとめておきます。

しかし反面正直言いまして家族と休みが合わないと、
これまでみんな一緒だった我が家の行動に上手くいかないことが出てくると思われます。
そしてその負担が母親にきて、それが結局子供たちにも来ないとは限りません。
これはまずいです。

今年の夏は極力自分が動いて出来る限り家族の負担を減らすように頑張らなければ・・・
何れにせよ今年はいろいろな面で「耐える夏」になりそうです。

頑張らないと乗り越えられそうにありませんが、
倒れて起き上がれない様ではいけませんので体調管理には気をつけていきたいとおもいます。

by pat_mthny7205 | 2011-05-25 21:05 | iroiro | Comments(0)
2011年 05月 24日

回復

きのう、そして一昨日と体調不良のためブログを更新していませんでした。
はじめ寒気がしたかとおもったらお次は腹痛です。
この腹痛がかなりの激痛で、不定期にその波がやってくるのです。

我が家の奥さんが激痛に耐えている私を見て
「子供は産めないね」とひとこと。

いつもならすかさず返しているところですがさすがにそれは出来ず、
くやしさに対しても耐えなければならないそんな状態でした。

それでもやさしい面は持っているようで、
シャワーを浴びたわたくしに「きょうは早く寝なさい」といい、
毎夜の洗濯物を干す手伝いもせずに寝ることが出来ました。

日、月と二日間は夜の9時半には布団に入っていたので、
そのせいもあり本日は大分調子が良いようです。

そうしたらあろうことか今度は奥さんが「なんか調子がヘンだ」と笑いながら言っておりました。
今日は出来る限りみんなで協力をしててきぱきと用事をすまし、
家族みんなで9時代を目標に寝られるようにがんばります。

そんなカンジなので本日のブログは一回休みみたいな内容でおしまいです。

by pat_mthny7205 | 2011-05-24 19:07 | iroiro | Comments(0)
2011年 05月 21日

問題発生

2~3日まえから右の肩に違和感を憶えていたのですが、
今朝目覚めていつもの行動をとった際にそれまでの嫌な予感が現実となってしまいました。
そうです。
「~肩」と言われている症状です。

既に40台半ばを過ぎたいま「~」の個所に当てはまる数字は
「50」
が相応しいのでありましょうか。

どの程度かというと、
「胸のあたりまでしか上がらず、それ以上はあれこれ関節の角度を変えてあげるようにしながらなんとかクリア」
というような状態です。

これについてはなぜかそれほどショックを受けていないのが現状で、
それよりもこれからしようと考えていたことが出来なくなったことの方が残念に思えてなりません。

それはSP下ボードの変更です。

問題点は以下になります。

①リビングが2Fになっているためボードを担いで上がって来ることが出来ない

②エンクロージャー上に設置してあるEX-150を上げ下ろしする事が出来ない
(ドライバーを外しても28キロほどの重量)
d0192112_181857100.jpg


まだ2週間以上も先の話ですが、来月に入るとお客さんが来ます。
それまでに何とか成れば良いのですが。

でも「~肩」というのは長い人で2,3年なんて話を聞いたことがあります。

2週間、1ヵ月なんてとてもかなわぬ願いなのでしょうか・・・
GRFさんからのアドバイスの効果がいつになったら得られるのかな。

とてもつらいですがここはじっとガマンするしかありませんね。

by pat_mthny7205 | 2011-05-21 18:25 | audio | Comments(2)
2011年 05月 20日

どちらが主役?

クラシックを本気で聴くようになって日の浅い私にとってまだまだわからないことだらけではありますが、
いま、またしても聴いているお気に入りのCD
d0192112_2212331.jpg

Helene Grimaud ベートーベン ピアノ協奏曲第5番を聴いていてふと疑問に思ったことがあります。

クラシックで交響曲の場合表現の仕方を含め主導権は指揮者にありますが、
協奏曲、この場合はピアノになりますが主導権はどちらなのでしょうか。

現時点で自分は、
どちらかといえばピアニストにあるのではないかなと思っています。
とはいえ指揮者の表現に対するこだわりというのも大事なことです。

もしかするとピアノの演奏がある部分に対してはオケがピアニストに合わせ、
それ以外のオケだけの部分は指揮者の自由みたいなものなのか?

またもう一つの疑問も主導権のことなのですが、
オーケストラのみによるコンサートの曲選びは主に指揮者にあると想像がつきますが、
その指揮者が協奏曲をやりたいと思った場合はいったいどうなるのか?

ひょっとして場合によってはピアニストが指揮者に対して要望を出すようなこともあるのでしょうか。

それにしてもここまでクラシックが好ましく思えるようになったのははじめてです。
といってもCDやLPを全く持っていなかったかというと決してそうではないのです。

ではどんなモノを持っていたかといいますと、
ラベルやドビュッシーのピアノソナタや管弦楽。
シュッツやバードの宗教曲(合唱)。
バッハのオルガンやグールドの演奏したもの等々。

今思えばすごく範囲が小さく極端な選び方や聴き方(好み)をしていたと思います。
そんな私が飛躍的にクラシックを聴くようになったきっかけは、

d0192112_222857.jpg

ブラームスやフォーレのレクイエムです。

もともと声楽は声によるハーモニーが気に入っていたので好んで聴いていました。
(とはいってもオペラなどは入っていませんが・・・)
上記のレクイエムはそこにオーケストラが伴奏またはメロディーを奏でているわけで、
何度か聴いているうちにオーケストラの音(音色)の素晴らしさにさらに感動させられるようになったということです。

そこから交響曲にたいして興味を持ち始め、
そしてもともと好きだったピアノと交響楽団による協奏曲へとすすんできたというわけです。

いまでも記憶に残っていることがあるのですが、
「ピアノソナタは聴いても、交響曲は多分聴かないなぁ」
なんて思っていた時期がありました。

「わからないのに否定する」
これは今思うに若いころの私の良くない部分です。
 
反省反省。

by pat_mthny7205 | 2011-05-20 21:36 | favorite | Comments(0)
2011年 05月 19日

残響音

今日ボードを見てみたのですがやはり「アピトン」の文字は見当たりませんでした。
探すところが違うんですかね。

MDFは900(910?)×1800で厚さが数種類ありました。
ねらいどころは18ミリ、21ミリ、24ミリあたりです。
本当にこれで良いのか心配なのですが、
オーディオボードでMDF材を使用したものがあったような記憶があります。
ま、多分大丈夫でしょう。
ところが今週我が家の奥様があれこれと用事を言ってきました。

果たして週末に入れることが出来るのでしょうか。

突然ですが我が家はライブです。
決してデッドではありません。

よくショップで聴く音は周りからくる広範囲からの音ではなく、
明らかにこのSPから出てますというような音の出方で、
ある意味はっきりした音ではあります。

正直言いましてこのような音にはとても魅力を感じます。

いま私の好んで聴いている音楽のジャンルは、
一番にクラシック
二番にジャズ
三番にその他となっていて、
割合はそれぞれ4割、3割、3割のようなカンジになっています。

車で聴く交響曲にも感動を覚えるほどで、
最近のクラシックを聴く時間とソフトの増える割合には他の追随を許さぬほどの勢いがあります。

先程のデッドな音ですがこれはジャズが合う部屋の音響です。
クラシックは残響音がライブな方が良いと思います。

また、これから部屋の音響について調整をしようという場合は、
間違いなくライブな方が手を出しやすいはずです。

そんなことから、
ずっと魅力を感じ、もっとデッドな部屋をつくりたいと思っていた夢は今の私には必要のないことになっていることに気付きました。

経験は多い方が良いのだろうとは思いますが、
部屋の音づくりに関しては他のことと違い元に戻すことは大変で、
ましてや我が家ではリビングを使用しているのでさらに困難になってしまいます。

しかし最低限の消音または拡散による音の調整はしてみたいと思います。

d0192112_21385725.jpg

(いつも見ている方からの向き)

d0192112_213930100.jpg

(オーディオを背にした場合の向き)

d0192112_21424029.jpg

(リビングとキッチンとの天井のつなぎというか高い位置にある壁
                                 ・・・この部分の音の影響は?)

by pat_mthny7205 | 2011-05-19 20:33 | audio | Comments(0)