One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

一年経過

昨年と同じように今年も最後の日は良い天気に恵まれました。

今年はいろいろと趣味の範囲では収穫がありましたが、
その中でも特筆すべきはGRFさんとの交流でしょう。

あの方のすべての方に対する奉仕の気持ちは大変すばらしく、
今の我が家の音はGRFさんなくしてはあり得なかったと思います。
奉仕:service,ministrathion
「往々にしてその根拠となる土台には宗教的な信念や、宗教的な意味合いの神奉仕のかたちとして、神ではないもののその代わりとしての、困難な場面におかれている隣人に手を差し伸べ、できる限りの援助を与えるというケースがある。その場合の隣人とは、同じ信仰、たとえばキリスト教の信仰をもつ信徒仲間に限られることもあるし、また十字架を背負わされてゴルゴダの丘に向かう途中のイエスの額の汗をぬぐったナザレ人のように、同じ信仰を持たない人をも含めていわれることもある。」
少々話が大げさになってしまっているようですが、
実際おかげでその後の私の楽しみは何倍にも膨れ上がっていることを考えると決して間違いではないようにも思えます。

d0192112_15293442.jpg


そしてそれはSP位置の追い込みだけにとどまらず、
今のシステムの核となっているPioneer N-50の導入のきっかけにもなったのです。

来年の今日はどんな振り返りが出来るのか今から楽しみです。

さて今年の冬休みは横浜のvafanさんのように年末になってCDがたくさん届けられましたので、
しばらくはこれで十分かと思います。

d0192112_1530023.jpg


さて、あしたは早起きして恒例の初売りに出かけます。
朝外に立っているのは寒いだろうなあ・・・

でも、ガンバロ。

*今月PCをVAIOへ換装してからN-50⇒オーディオの再生音が出ないと騒いでおりましたが、
おかげさまで昨晩再チャレンジの結果出るようになりました。

>私もVAIO(OSはVISTA)を数年使っています。
これまで3種のUSB-DACをつなぎましたが、いずれも
すんなり認識できているので、ちょっとしたことだとは
思うのですが。

vafanさんの仰る通りちょっとしたことでした。
ご心配かけました。

もうすぐ日が落ちます。
d0192112_16291630.jpg

d0192112_16294419.jpg

d0192112_1630672.jpg

d0192112_16303215.jpg

d0192112_16305389.jpg

d0192112_16311755.jpg

d0192112_16315093.jpg

d0192112_1632116.jpg

d0192112_16324337.jpg

d0192112_16331513.jpg

d0192112_16333966.jpg

今年も西の方角に向かって飛んでいく旅客機をとらえることが出来ました。
(ちょっと小さいですが中央右の光の点がそれです)


来年も今年同様あらゆる面で懸命に努力する必要があります。
それは自分や家族の為だけのことではなくもっと視野を広くしていかなければなりません。
今後自分の身のまわりの変化も含めはやい速度で環境が変わっていくことは必至です。
そしてそれらにいかに早く対応することが出来るかが問われます

昔の人と今の人との内容は違いますが、
苦労の度合いは今も大変ですね。

あまり偉そうなことは言えませんが・・・

by pat_mthny7205 | 2011-12-31 15:29 | audio | Comments(2)
2011年 12月 25日

冬休みにしたいこと

ここのところめっきり冬らしく感じる天気が続いているようです。
西高東低の冬型の気圧配置とはいえ一か月前まではとても冬とは思えないほどの気温の高さでした。
それが最近ではやっと気温が低めで、
晴れていてもやはりしっかり着込んでいないと外を歩けないようなそんな毎日です。

私ごとですがあれから早くも一か月が経とうとしています。
当時よりはだいぶ気持ちの面では楽になっている気がしているのですが、
それでもふとした折りに「まだそうでもないのかな」と感じる時があります。

言葉や文字ではよく見聞きする内容ですが、
「どこを探してもどこにもいないさみしさ」というのはきっと気持ちの上では理解はしていてもまだどこかにいるような気がしてならないところから来ているのでしょう。
昨年よりもさらにひとつ齢をとった顔は見ることは出来ないんですね。

そういえば先日PCを探しに家電量販店へ行った際に聞いた話。
外付けのHDDの価格が上昇したままということですが理由はタイの洪水が原因とのこと。
どの部分がタイで製造されているのかは忘れてしまいましたが、
市場で流通されているもののほとんどがタイ製のため各社在庫はあるのに値上げをしているようです。

当日ついでに購入しようと考えていたのですが店員の「もう少し待ったほうがよろしいかと・・・」というアドバイスに従いました。
時期的には一か月以内に元の価格に戻るとの説明でしたが、
先日別の方にその話をしたところ、
すでに「テラ」ものが1万円を切っている情報を得ました。

と、いうことはこの冬休みにHDDにリッピングしたものをためるいいチャンスですね。
来週木曜から休みに入ります。
早速行ってみましょうかね。

っとその前にN-50のセッティングを完璧にしなくては・・・

by pat_mthny7205 | 2011-12-25 22:00 | iroiro | Comments(0)
2011年 12月 24日

12/24

今週は気が付けば朝の目覚ましを止める自分に、
「また朝かぁ」という気持ちになってばかりの毎日でした。
23日もいつも通り仕事に出かけましたがなんとなく残務処理も少なかったので早く家路につくことができました。
帰りがけに夕方電話をもらった自転車屋へ寄り、
頼んでおいた自転車のバッテリーを引き取りました。
これは数年前に奥さんのために購入したモーターアシストの自転車のものですが、
大分前からバッテリーの劣化からくる蓄電能力の低下により半年くらい前からバッテリ-すらも載せずに使用しいていたようです。
通勤や子供の学童保育へのお迎えなどの重要な足となっている自転車なので、
少しでも楽にしてあげなければという思いからこれを購入。
一日早いクリスマスプレゼントってところですかね。

今年は子供たちにも大分早い日(先週の土曜日)にプレゼントをあげました。
理由は下の子どもが自転車がほしいと云っていたので、
いつもなら子供たちにプレゼントにほしいモノを確認後一旦店から離れ自分だけが再度店舗に戻り同じものを購入。
こっそり車に忍ばせその後何事もなかったように合流するということをしいていたのですが、
そのプレゼントが自転車となると話は別です。

「いくらサンタさんでも自転車は持ってくることは出来ないからね」
ということで普通に購入しホイッってカンジでした。
同じくお姉ちゃんにもです。  

で、翌日の日曜日に今年何度目かになる自転車の練習だったのですが、
今回見事にこれまでできなかったペダルをこぐ行為をしても前に進むことができるようになりました。

さて私ですが特にプレゼントなど期待せずにいたのですが、
今日メダカのヒーターを買うために出かけた際奥さんが眼鏡を買ってくれました。
ありがたいです。

朝から出かけいろいろなものの買い物をし帰宅をしたのは夕方でした。
自分にはプレゼントなど何もないものと思っていたので自分でクラシックのBoxCDを頼んでいたもののうちの一つが夕方になってとどきました。

発売されてから大分経っているので我ながらちょっと遅かったかなと思いつつ入っているCDの詳細は確認せずにオーダーをかけました。。
改めて中身を見たのですが、
以前から興味のあったアーティストや楽曲や歴史的評価の高いアルバムがたくさん入っていてとてもうれしい気持ちになりました。

以前のGRFさんのブログで「一枚に換算するととても安いが、聴きたくないものも入っている」とのBoxに対する内容がありました。
確かにそうなのですが今回のこのBoxに限っては自分にとって当たりです。

d0192112_21233968.jpg


それにしても私の最近のモーツァルト好き度はこれまで拒絶していた反動の為か(意味がよくわかりませんが・・・)ますます上昇していきとどまることを知りません。
だんだんと聴いていくにつれて何がこれほどまでに自分を引き付けるのかということを考えるようになり自分なりの今の結論に達しました。
それはひとことで云うと日本の演歌のような中毒性のある音楽に原因があるということ。

演歌といえば一つのコードに決まったフレーズが数パターンあり、
それらのどれかをチョイスして組み合わせても違和感のない一曲が完成します。
そのようにしてできた曲は演歌が好きな人から言わせると「ここでこのフレーズがっ」というところで思った通りのメロディーラインがこれまた独特のビブラートの利いた声で歌われるところに喜びを感じるようです。

モーツァルトも演歌同様独特な手癖のようなメロディーで、
一小節も聴けばすぐにモーツァルトの曲とわかるものが多くあります。
私はある時期からこのモーツァルト節の魅力にとり憑かれたようです。

以前はあれほどまでに良さがわからなかったのになぜなのか。
これも食べ物の好みが年を取るにつれて変わってくるようなものと一緒なのでしょうか。

でもこれは知らないままで終わっていたらとても後悔していただろうことは想像に難くありません。
歳をとるということはこういうところも良いのですね。

さて明後日は納車の日です。
久しぶりに車で好きな曲を聴くことができます。
そういえば今回選んだ車は結構車内が静かとのうわさを聞きます。
クラシックを聴くには打ってつけですね。

by pat_mthny7205 | 2011-12-24 21:49 | audio | Comments(0)
2011年 12月 17日

自分って・・・

自分の周りにはたくさんの人がいて、
そしてそれぞれの人がそれまで経験したことによる知識を得そして常識の範囲をひろげていきます。

さて、いま私の知識とは如何程かということになると、
若い時を思い出してみますと若い時ほど人並と考え、
齢をとるにつれそれは人よりも劣ると考えます。

再び果たして今の自分の常識はどれほどのものなのか?

いま自分が思うに謙遜ではなく本心で歳相応とはいえないですね・・・

人間が生きていくうえで必要なことまた必要ではないことを経験していくことすべてがその人をつくっていくことになり、
最終的にすべての経験がその人にとって必要なことになるのだろうと考えます。
今自分がしなければならないことすべてがどうもこれまで必要と感じなかったことらしく、
知る機会があったかもしれないことが知識として記憶されておらず大変苦労をしています。

単純に考えればこれもまた知識を得るための経験なのでしょうか?

最後にひとこと、
PCオーディオが再生できないヨ~

by pat_mthny7205 | 2011-12-17 02:06 | iroiro | Comments(5)
2011年 12月 11日

具合が・・・その2

一昨日前にネットを見ていたら突然画面の操作ができなくなりました。
いわゆるハングアップというやつですね。
その際どこがというわけではありませんがいつもと具合が違うような気がして少し嫌な予感がしました。
面倒なので強制終了をして少したってから再度スウィッチを入れたところ、
OSが見つからないとの文字が・・・

サービスに確認しましたが修理しても新品を購入するくらいの費用が掛かるとのことでした。

PCがない状態のままでいるわけにはいかないため本日量販店へ。
いろんなメーカーのノートPCを見ましたが店員さんおすすめのものにはなりませんでした。

d0192112_20562166.jpg


仕事では使用していますがプライベートでは初めてです。

d0192112_20572490.jpg


というわけで今月はなんか油断できません。

これからいよいよ年末突入です。
より一層あわただしくなりますので気を付けなければいけませんね。

by pat_mthny7205 | 2011-12-11 20:11 | iroiro | Comments(1)
2011年 12月 08日

具合が・・・

ひさしぶりに我が家へ帰りましたが当然のことながらその間オーディオの電源は入れることはありませんでしたので、
それは私にとってわずかな楽しみのひとつでした。

帰ってきた当日は夜の10時前くらいでしたのでスィッチすらも入れずその翌日に音を出しました。

やはり良いですね。

気持ちにゆとりがある時に音楽を聴くのが理想ですが、
このように気持ちを落ち着かせたい時にもやはりとても効果があります。

しかしそれから数分すると異音がしてきました。

そうです。

忘れていたのですがSONYのチャンデバ、
11月中旬ころからTA-D88が原因と思われる接触不良のような、またはアースが外れているような音が出ていたのです。

考えてみれば年末になると何かしらの調子が悪くなるようです。
去年はCDプレーヤーでそして今年はこれと。

「修理に出すか?いや、これくらい自分で何とかならないかな・・・」
考えた末にこの症状の原因と思われる個所だけでもみて確認が出来るようであればその後の判断が出来ると思い分解してみることにしました。

d0192112_9324531.jpg


異音がした際、R側input部分(画像最左部)を動かすと症状が消えます。

d0192112_9344641.jpg


アース周りが原因なのかと思いましたが
RCAケーブルの差し込み口の樹脂製カバーがプラグ部外径の規制をしているようになっており、
外径の大きいプラグの場合は無理をして差し込んでいることに気付いたのです。

d0192112_10245290.jpg


差し込み不良でもこのような不具合が出るので、
とりあえずそのカバーを取り外して仮接続し音を出してみました。

なんかやはりそれが原因だったのか全く異音が出なくなりました。

カバーは無くなりましたが差し込み口がそれにより固定されているわけではなく、
内側にある固定された金属プレートに基盤ごとビス止めされているのでそれほど不安定にはなっていません。
そんな理由から特に支障がないのでカバーは外したままで使用することにしました。

d0192112_10252073.jpg


とはいえ原因がはっきりした後の解決という訳ではありませんので今でも再発に対する不安はありますが、
今のところ何の問題もなく音楽を楽しんでいます。

そういえば亡くなった父がその昔聖歌隊に所属していて、
決して余裕があったわけでもないのに、
昭和40年代初めにDIATONE(だったような・・・)のチューナー内蔵アナログプレーヤー+スピーカーを購入し上の姉二人をシステムの前に正座させた状態でクラシックを聴かせていたことを思い出しました。

今父親の遺影がオーディオシステムがあるリビングに置いてあります。

私の音を聴いてどんな感想を抱いているのかな?

聞いてみたいようなそうでもないような・・・

d0192112_10413851.jpg


先月末の三日月(四日月?)です。
月に対して右側にスペースをとるのはよく見かけますが、
なんせ偏屈なもので・・・

by pat_mthny7205 | 2011-12-08 10:54 | audio | Comments(2)
2011年 12月 07日

順番

先月26日から実家へ行っていました。

d0192112_10322066.jpg


d0192112_10323774.jpg


d0192112_10333454.jpg


d0192112_1034015.jpg


d0192112_10343329.jpg


d0192112_10345346.jpg


その日から今日までの間はいろいろ教えられることがあり今後の自分のあり方について考えさせられることばかりでした。
その中で特に反省をしそして考えさせられたのがご先祖についてです。

私の場合父が4歳の時に亡くなりましたので、その後は母親ひとりだけでした。
しかし兄姉がおりましたので小さい頃はそれほどさみしい思いはしていなかったように思えます。

家族が多いので誰かしらお墓参りはできていたのですが、
ことそれ以外の法要の行事は、お墓までの距離が遠いからということを理由に何もしていませんでした。
では自宅に遺影をおいて毎日手を合わせていたのかというとそれもしていません。

これまで私は日常生活の中にご先祖に対して感謝をする時間をつくっていなかったのです。

11月30日午前5時42分
母が亡くなりました。

母は父と同じお墓に入るので、
これまで何もしていなかったお寺へ連絡を取り住職へあいさつに伺いました。

その時に住職にいわれたことです。

「もっとご先祖を大事にしなさい」

厳しい口調でした。
私はそれを聞いてこれまでのしてきたこと(何もしなかったこと)に対しての情けなさと同時に申し訳なさ。
そしてその様なお言葉をかけていただいた住職に対してのありがたさとで涙が溢れてきて止まりませんでした。

その日の夜姉兄の前でこれから私たちのするべきことを話し、
最後には皆で協力し合ってお墓を守ることへの気持ちを確認することが出来ました。

d0192112_10362061.jpg


d0192112_10365456.jpg


d0192112_10371549.jpg


PCを置いているところから左側を見ると、仏様と4代ほど前からのご先祖の遺影、そして戒名が飾られています。
現時点でお仏壇を導入することは難しいのでとりあえず左SPの後方にあるアナログレコードを収納している棚の上がその場所です。

昨日から朝と夕食事には何もわからないままですが手を合わせるようにしています。
でもこれが出来るようになったのはすべて亡くなった母のおかげです。

親から子へ最後に教えてもらったとても大事なことです。

d0192112_10382999.jpg


本当にありがとうございました。

by pat_mthny7205 | 2011-12-07 10:05 | Comments(0)