<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

おじゃま致しました

早朝3時すぎころ子供がトイレへ起きだしたのに気が付いたときのことです。
「そういえば何時に出かければ約束の時間に遅れずに済むのだろう」といったん考えはじめたら、
もうそのあとは眠くてもすぐには寝られません。

結局家族の一人が7時過ぎに起きてくれたので一緒に布団から出てそのまま準備です。
以前から今日は自分だけに予定があったのでほかの家族は留守番です。
目的地は車で一時間弱のところになります。

d0192112_2042437.jpg


東名は良く利用しますが横浜インターから上り方向は久しぶりです。
更に川崎インターで降りるのは約20年ぶりで、当時も今日と同じく登戸方面へ行っていました。

途中専修大学手前の道路が変わっていていたせいもありどこを走っているのかわからない状態でしたが、
それを過ぎると20年前と同じ狭い道路のままで一気に記憶がよみがえりました。

d0192112_2048478.jpg


そして多摩川を渡り東京に入りました。

d0192112_20495650.jpg


この辺りは桜の木がとても多く、
もう少し前に来ていたらさぞかし綺麗だったのだろうことは想像に難くありません。

d0192112_20521811.jpg


ある家の花ですが色といい大きさといいそして全体の形のバランスが目を引きます。
ほかにもこのような塀に同種の花がある家があり「これはなんという花なのだろう」と気になりました。
また同時にどのようにしてこの花が直立の壁に付いているのかも。

さてソンなコンなで目的地に到着したのが約束よりも大分早い時間です。
渋滞も想定し早く家を出たのですが最後までスムーズな移動ができた結果カーナビの予定通り一時間弱で着きました。

その後家に入る前にわたくしの車で近くまでお昼を食べに行きました。

d0192112_218783.jpg


聞くところによるとこちらはお客様が来られた際によく利用するというお蕎麦屋さんです。
実は最近特にお蕎麦が好物に感じており、
今回訪問したお宅へ伺える機会があったときは是非とも連れて行ってもらいたいと思っていた処です。

こちらで食べたおろしそばはとても美味しく、
GRFさんお気に入りの蕎麦屋さんもそうであったように近所にうまい蕎麦屋があることは大事なことですね。

暫くそのお蕎麦屋さんで昼食をとりながらあれこれお話をしたあといよいよご自宅へ。

d0192112_21161149.jpg


雑誌等で何度も拝見していたオーディオルームです。

d0192112_22222416.jpg


部屋のサイズは3:2の長方形タイプで15畳強とのことです。
SPは短辺の壁側へセットされいましたがリスニングポジションはSPの幅とほぼ同寸の三角形になっていました。

画像からもわかるとおりパワーアンプ+チャンデバ(DF-35)はL/RSPの間にありますが、
その他システムの大半がソファーの背面(SP対面)にセットされています。

d0192112_22233239.jpg


CDの再生はデジタルのままパワーアンプまで繋がっていて、メイン(?)となるAccuphaseの構成はGOTO SPで鳴らしています。

d0192112_21555335.jpg


一曲目です。
Feathers./Jeanette Lindstrom Steve Dobrogosz
Both Sides,Now
ジョニ・ミッチェルで有名です。
これはピアノ伴奏のみの女性ボーカルのアルバムです。

先ずはピアノの前奏からなのですが・・・

最初の一音で格の違いを見せつけられた感じです。
中低音の再生音の素晴らしさは生音以上の心地よさがあります。

これは最後にわかったのですがこのSPの能力は空間の再生も可能だということです。
B&Wの音もGOTO SPに似ているのですが、
目線から上の空間の広がりはGOTOのほうがとても魅力的で、
特に無音部の再生というものが音楽を聴くうえで大事な部分だということが分かったほどです。

2chから5.1chまでの映像と音楽を拝見し、
途中途中でわたくしの様な受け手側は全く知らないお話も聞かせていただきました。
知ることと知らないでいるということそれぞれの必要性を感じました(笑)

d0192112_6313797.jpg


最後はとても優しい音を出すピアノでビル・エバンス、モーツァルト、バッハ、シューマンなどの曲を小林さん自らの演奏で聴かせていただきました。
それはまるで蕎麦を食した後の蕎麦湯のように最後にふさわしい〆のようでした。

わたくしはその音を耳の奥に残したまま小林邸を後にしました。

小林さん本日は大変楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございます。
また、機会がありましたら遊びに行かせていただきたいと思います。

最後にお優しそうな奥様にもよろしくお伝えください。

by pat_mthny7205 | 2012-04-30 22:20 | audio | Comments(2)
2012年 04月 29日

なんてことはない連休二日目

連休二日目

チビすけの学童保育による毎年恒例のイベントで旭区の大池公園へ行きました。
いや、行きましたではなく送っていきました。

腰の具合を考慮し今年は父親の参加はなしです。
とはいえ、最寄りの駅からは離れているため車で送迎です。

送った後は一旦戻りご近所の方と今年の花や畑の野菜の苗などの長話。
その後家に入って少し経ったかと思ったら奥様からCPに着信。

30分以内に公園へ戻らなければならないことになり急いで元の場所へお迎えに。
車の運転をしながらつくってもらっていたおにぎり(塩むすびとシャケ各1個)を食べてました。

帰宅後はチビすけの自転車の練習です。

d0192112_174548.jpg

d0192112_1753043.jpg


いつになく真剣です。

d0192112_176529.jpg


d0192112_1784196.jpg

d0192112_1791786.jpg


まだフラついています。

あまり細かく教習するよりも繰り返し練習した方が良いと考え、
見て見ぬふりをし私はその辺りを観察です。
d0192112_17122074.jpg

d0192112_1712444.jpg

d0192112_17124864.jpg
d0192112_1713356.jpg

d0192112_17141211.jpg

d0192112_17143457.jpg

d0192112_17145796.jpg

d0192112_17152231.jpg

d0192112_17154893.jpg

d0192112_1716848.jpg


d0192112_17164787.jpg

d0192112_1717499.jpg

d0192112_17172163.jpg

d0192112_17173668.jpg

d0192112_17175724.jpg

d0192112_1718185.jpg

d0192112_17184840.jpg

d0192112_1719611.jpg

d0192112_17192356.jpg

d0192112_17193944.jpg

d0192112_17195499.jpg

d0192112_17201092.jpg

d0192112_17202642.jpg

d0192112_17204223.jpg

d0192112_1721285.jpg

d0192112_17212699.jpg

d0192112_17215450.jpg

d0192112_17221158.jpg

d0192112_17224415.jpg

d0192112_17234037.jpg

d0192112_1724978.jpg

d0192112_1726341.jpg

d0192112_17264085.jpg

d0192112_17271561.jpg

d0192112_17274375.jpg

d0192112_17283939.jpg

d0192112_17291351.jpg

d0192112_1729347.jpg

d0192112_17295817.jpg

近所には意外にも画になる場所があることに気付きました。

それと同時にうちのチビ介は運動オンチなのかということにも・・・

by pat_mthny7205 | 2012-04-29 17:40 | Comments(3)
2012年 04月 28日

またしても連休

d0192112_20563675.jpg


朝起きて見た空は昨日聞いた天気予報の内容とは違い意外な感じをうけた曇り空でしたが、
そのうち晴れるだろうとそれはそのくらいにしました。

最近続けて音楽を聴く機会が少ないのですが、今日もまた時間がとれるとは思わないままそれでもいつもの休暇と比べると早めとなるスウィッチを入れました。

今日から6日までの連休は2日まで予定はあってもその後は何もありません。
まあ休みだからと言って無理に予定を入れる必要などは全くなく、
逆に急な用事にも対応できるようにそのままにしておくのも良いのではないでしょうか。
結果何もなくてもそれはそれで結構なのですが。

昨年の下期(10月以降)から仕事が忙しくなり年度末となる3月4月も例年になく仕事の話が入ってきてとてもありがたい日々が続いております。
しかしそんな状況でもリーマン以前のような気持ちにはなれず、気持ちの中にはいつも不安がつきまとっているような状態です。

そんな不安定な中でもこれまでと比べると安心できる要素が少しだけあり、多少リラックスした精神状態での初めての連休となります。

さて話はちょっとそれますが、人間余裕ができるとロクなことを考えません。
世の中のニュースを聞いてそれは常に思っているのですが、最近そのようなロクなことを考えていない自分がいるのです。

深みに嵌る前にやめといたほうが・・・、というか自分ではそこまでコントロール出来ないほどになるとは思えないので、たぶん問題はないのではないかなとそれほど危機感はないようです。

さてそんなことを考えながらというわけではありませんが、買い物して昼食をとったあとある方のお見舞いに下のチビ介と一緒に鎌倉の病院へ行ってきました。
帰宅時間は5時過ぎころでそこからやっと音出しです。

d0192112_20562814.jpg


改めて左右のバランス調整をしてみました。
これまでは左右SPのセンター付近に立った時に聞こえるモノラルの音を、動かずにただじっとして確認していたのです。
しかしこれがなかなかちょうど良いところを聞き出すのが難しいのです。
ところが今日なんとなくアタマの位置を左右に4、50ミリ程動かしてみると、これまでよりもずっとそのバランスの違いがはっきりわかるのです。
そしてその違いをチャンデバのレベルにて調整したのですが、0.1㏈の違いでも変化があるのがはっきりわかるのでした。

d0192112_20571648.jpg


Accuphase DF-35の前に使用していたSONY TA-D88は左右のレベル調整がここまでシビアに追い込むことはできず、目盛を一つ動かしても聴感上まったくわかりませんでした。
このあたりの変化がわかるようになったのはデジタル音源をデジタルのままで調整ができるようになったのが大きな要因となっているのではないかと考えます。

これは面白いですね。

最近のお気に入りはブルックナー交響曲第8番で、先日購入したハイティンク指揮 RCOのライブ盤です。
本日できる範囲での調整をしてから聴いてみましたら、X-Y方向だけの平たんで混じったような音ではなくZ方向も再現されて各楽器の音の位置が更にわかるようになったという印象を受けました。

このような再生ができるようになってもそこには未だ物足りなさが残っているような気もしています。

やらないとできない。時間はかけないと先には進みません。
でも今日のように結果が出るとなんでも楽しく思えるので次もまた間をあけずにやろうという気になります。

最後になりますが、先週の25日に軽いギックリ腰をやってしまい、そして昨日その原因ともなった10キロ前後の同じ製品を同じ数だけ納品したものですから更によろしくありません。

明日はゆっくり静養してそれ以降のお休みの予定に備えることにしましょう。

by pat_mthny7205 | 2012-04-28 20:57 | iroiro | Comments(0)
2012年 04月 15日

久しぶりのオーディオの日

d0192112_2110301.jpg


今日の午後は久しぶりにオーディオの調整です。
LUCID AD9624がKさんのおかげで我が家へやってきてからじっくり聴く機会がなかったので朝から楽しみにしていました。
さて、まずはじめにかけたCDはBernard Haitink/RCO Bruckner Synphony No8から第2楽章 スケルツォです。
もちろんこのAD9624が入って全く音楽を聴いていなかったわけではないので音は耳に残っていましたが、
一番気になっていたのは高音部です。
JBL2426Jの特徴なのでしょうが何しろきつめの音が目立ちます。
金管楽器の音にその性格がよく現れます。
以前は単純にAccuphase DF-35やMcintosh C33のレベルを絞って音が変化する場所を探したのですが、
そのままの状態で本日再度聴いてみたらやはりその印象は変わっていませんでした。

そこで今度はSPの前に立ってどの帯域でその不快な音が鳴っているのかとそれぞれのSP(とはいっても高音なので高音か中音しかありませんが)に耳を近づけEX150の場合はアタマを突っ込んでよくよく聴いてみたら
その音はJBLではなくエールのホーンから出ているのがわかりました。
そこでチャンデバのクロスを調整

d0192112_20414050.jpg


d0192112_2055545.jpg


調整前2,800Hzを3,150Hzへ変更した結果YLの高音範囲が広がりました。

d0192112_219429.jpg


そのため金管の音も二つのホーンの音から出ていたのが一つのホーンの音へまとまり違和感がなくなりました。

そして次はサンプリングレートの変更による音の変化の確認です。

d0192112_2130061.jpg


AD9624は32kHz 44.1kHz 48kHz 88.2kHz 96kHzの中から選択ができるのですが、
Kさんがいらした時から96kHz/24bitに合わせたままです。

操作は[source]のレバーを下に下げるごとに数値が上がっていくという方法です。
やはりこの部分の調整は他のレートと比較し96kHz/24bitの音がやわらかく滑らかな音で鳴ってくれます。
思えば昨年まではオーケストラの弦の音はシャープでクリアな音が最も良いと思っていた時がありましたが、
デジタル機器の導入なくしてこの辺の改善ははかれませんね。

そうなると我が家のPioneer N-50との関係はどのようになるのか。
N-50にはHi-bit32というサウンドモードがあります。
これは16bitから24bitまでの音声を32bitへ再量子化しダイナミックレンジの拡大を行うというものです。 

更にPureAudioというモードもあり、
これはDSPを通さず最短経路での音声出力によりノイズを減らして原音に忠実な再生を行うというもの。

LUCID AD9624を96kHz/24bitのままそれらを何度か切り替えて音の変化を聴いてみたところ、
32bitよりもPureModeのほうが確実にレンジが広がり更に音が柔らかになります。

個人的にはPureModeのほうが好みですかね。

その後久しぶりにこれです。

d0192112_21272866.jpg


[Pat Metheny / Secret Story]
彼のギターの音は特徴があるのでどこで聴いてもわかるのですが、
これまで聴いてきた音とは若干違い今日の調整後の音は少し音が細くなったがそれでいて他の音に負けてしまうわけではなく逆に音量部分が全体とバランスがとれたようになりました。

最後はこのLUCID AD9624とともに我が家にいらしたKさんのおみやげです。

d0192112_21535311.jpg


収録されているのは、シロフォン(かなり大型らしい)+グロッケンや三味線、和太鼓(大・小)、大勢の子供たちの声、弦楽器などなど。
いずれもSPの能力により出たりでなかったりと上から下までかなり広い帯域の音が入っています。
それぞれの音は結構ハードで、
Kさんのつけたタイトルは「体育会系 音源/まとめ CD-R」です。

Kさん、少しずつおとが「自然な音」になってきましたよ。

by pat_mthny7205 | 2012-04-15 21:38 | audio | Comments(0)
2012年 04月 11日

これからのこと

最近の話題の一つとして日本国内の原発を再稼働させるべきか否かという内容のものがあります。
そしてその中でよく耳にすることは、
現時点で稼働しているのは北海道の泊原発一基のみということ。

さて、今年も寒くて長かった冬が終わりを告げ、続く春も大分暖かい日が多くなってきています。
全国的に今年の冬は例年に比べかなり寒かったようですが、そんな年の夏はとても暑すぎたりするのでしょうか。

昨年の夏は電力の需給に不安を持ちながら、それでも企業から一般家庭まで強制的にまたは自主的に節電をした結果(?)なんとか大きな問題(供給不足による停電)にはならずに済んだように記憶しています。

しかし今年はどうでしょう。
前年と比較して供給側の力不足は目に見えているように思えます。
なのに夏に向けての政府の対策は何も聞こえてきません。

昨年、自動車業界が7月から9月までの3か月間休日を土日から木金へ変更をする決定をしたのは5月の連休明け以降だったと思います。
しかしそれはなかなか決まらなかったということも覚えていますので、
そのような計画があることはそれよりももっと前からちらほらと耳に入っていたはずです。
そうすると昨年の今頃はもうすでに話は出ていたことになりますが、
今日の時点でそのようなことは全く聞きません。

本当に大丈夫なのでしょうか。
現在すべての原発が停止している状態では供給能力は昨年の今頃の10%程度とのこと。

昨年の計画停電も含め一連の騒動はそもそもそこまで騒ぎ立てる必要がなかったともいわれていますが、
今年はそうともいっていられないような気がします。

必要な時とそうではないときとの対応がなんかずれています。

そして被災地の復興やごみ処理の問題、また福島原発の今後数十年単位での解決しない問題。

被災地の方だけではなく被災地以外の方もそれらのことがまだ現実問題として全くと言ってよいほど解決していないということは知っていることでしょう。、

まだまだすべての方が通常の生活に戻ることができるのには10年以上の年月が必要と言われています。
そのためには暫くは自分も含め普段の生活の中に、もう一つの何かを加える必要があると思うのです。

by pat_mthny7205 | 2012-04-11 22:51 | iroiro | Comments(0)
2012年 04月 08日

何とか無事に

土曜日帰ったのは朝の3時くらいでした。
それでもその日は子供のバスケの試合を観に行く約束をしていたので7時過ぎには起きました。

はっきりいって食欲はゼロでしたがシチューと紅茶だけを口にし8時前には家を出て一路山梨へ。
横浜を出るときには気温はそれほど低いようには感じませんでしたが目的地について車を降りるとそこは未だ冬の寒さです。

d0192112_18414587.jpg


よく見ると会場のまわりは雪がしっかり残っている状態でした。

そこはかなり大きい公園の中にある施設のひとつなのですが、
外にあるトイレの水は凍結防止のため水が流れっぱなしでした。

10時前には現地についたのですが始めの試合は午後1時20分。
下の子どもはだいぶ暇を持て余していたので公園内をぶらぶら。

d0192112_18422438.jpg

d0192112_18424978.jpg

d0192112_18431436.jpg


その時それまでもたげていた頭を何気なくあげて前を見てみると、
そこにはいつも見慣れているサイズの3倍はあろうかと思える富士山がありました。
完璧見上げなければ観ることが出来ないほどの近い距離と高さです。
ここまで近いと少し恐怖感を感じてしまいました。

昼は近くのうどん屋です。

d0192112_184482.jpg

d0192112_18443622.jpg

d0192112_1845636.jpg


子供はざるうどんセット(小どんぶり付)親二人は釜揚げうどん(天ぷら付)です。

d0192112_1847539.jpg

d0192112_18472636.jpg

d0192112_19363248.jpg

d0192112_18475270.jpg


一生懸命ゴマをすっています。

d0192112_18492992.jpg


そのうち子供があることに気が付きました。

d0192112_18501691.jpg


それはうどん屋の2Fにありました。

d0192112_1851453.jpg

d0192112_1852555.jpg

d0192112_18524044.jpg


富士山の写真がたくさんあります。
よく見るとそれぞれの写真にあった額に入って販売しているようです。
写真家の名前はロッキー田中さんという方のようです。

さすが富士山を見続けてきた方らしく素晴らしい写真ばかりです。

d0192112_1856448.jpg

子供もDVDに釘付けです。

d0192112_19331865.jpg


試合は一勝もできない結果に終わってしまいましたが、
本人はやりきったと思えたのか結構満足しているみたいで安心です。
まだ始まったばかりなんで結果からいろいろ学んで更に練習すれば次はきっと良い結果が得られると思います。
「がんばれっ」てところですかね。

さてその日の帰りは東名で事故渋滞に会い、横浜インターを降りてから家に帰る前に明日の朝食の買い物やらのためにあちらこちら。
そのあとはみんな疲れたので外で食事をとることになり、
結局家についたのは7時を過ぎていました。

さすがに全身バテバテで風呂に入ったらもう起きていられません。
でも最後に洗濯物の手伝いをしてから就寝です。
9時でした。

そんな感じだったのでオーディオはなしでした。

そして今日8日(土)はというとまたしても朝から買い物、昼食そして帰宅をしたのですが、
下の子どもが今年は3年生なので交通安全教室で全員自転車に乗ることになります。
最後の練習をしたのはもう一か月以上も前のこと。
まだまだしっかり乗りこなせていないチビすけなので練習をするつもりでいましたが、
あろうことか自転車の鍵が見当たりません。
結局車に自転車を載せてかぎを取り換えることに・・・

店の中は客がたくさんいて待っていたら何時になるのかわからないほどでしたので、
終わったら電話をくれるようにお願いしてすぐに帰宅。
結局電話連絡があったのは6時ころでした。
練習はまた来週です。

d0192112_19432987.jpg

d0192112_19434927.jpg


昨日家についたら私宛に郵便物が届いていました。
Kさんのブログを拝見していてこのCDのことを知りました。

その他にチャンデバが使用できないときにもCDが届いていました。

きょうはそれらを中心に聴いていました。

その時気付いたのはやはり高音部のホーン特有の音です。
耳触りといえばそうなのですが今はC33の10kHz部を9時の位置まで絞っています。
因みにDF-35のレベルは-10.5。スロープは48db/octです。
他はどうなのかというと低音がこれまでになく下まで出てきましたね。
今回機器の変更による音の変化は大きく、
良い意味で期待を裏切られました。
これは変更によるものだけではなくやはりKさんの調整が効いているのでしょう。

ありがたいことです。

by pat_mthny7205 | 2012-04-08 18:33 | iroiro | Comments(4)
2012年 04月 03日

再始動 その二

これまで使用していたTA-D88と比べDF-35は調整の幅がとても広いです。
TA-D88は各ユニットによるクロスオーバーの調整になりますが、
3段階の切り替えというようにいわゆるかゆいところに手が届きません。
その他は各周波数帯域のレベル調整のみとなります。

それにくらべDF-35は59にも及ぶカットオフ周波数、スロープ、各周波数帯域のユニットによる左右のレベル調整、タイムアライメント調整、位相切り替えなど豊富な調整幅となっています。
そもそも今回の購入理由としてホーンの上の帯域のカットオフ周波数を切り替えたかったこともあります。
これまでのTA-D88では下が5,000Hzしかなかったのでそれで再生していたが、
これを2,800Hzにダウンさせたことによりホーン単体で聴く音は余計な音のないとても違和感のない鳴りに方なりました。

また、今回Kさんに調整いただいているときに好みの音を聴かれた際にもガラッと音が変化したので、
これは奥が深いなと思ったりもしました。

d0192112_21142859.jpg


それに加えて今回はAD CONVが入りましたので、
これからの自分にたくさんの楽しい(苦しい)時間が約束されたようなものだというような気がします。

Kさん
これから少しずつ自分好みの音に近づけていこうと思います。
途中なにかわからないことがありましたら相談にのってください。
(とかいってそれもある意味楽しいことだと思うので実際相談をするかといえば・・・)
この度は本当にありがとうございました。

話変わって先月末からこの時期になると朝(7時から7時15分の間)の通勤路を限定のルートにシフトしてこちらへ来ていますが、
その理由はこれを観るためなんです。

d0192112_21264612.jpg


この辺は横浜市の泉区になるのかと思います。
ここの寺の枝垂桜はとても見事で、枝の下に入ると空が一面の桜になるのです。

d0192112_21272475.jpg


d0192112_21284074.jpg

d0192112_21291563.jpg

d0192112_21343061.jpg

d0192112_2135415.jpg

d0192112_21305386.jpg


まだ蕾の木もあるので楽しみはこれからです。

d0192112_21315819.jpg


個人的にはこの木もとても好きです。

d0192112_21324275.jpg


おまけです。きれいですね。

d0192112_21354887.jpg


by pat_mthny7205 | 2012-04-03 21:15 | audio | Comments(4)
2012年 04月 02日

再始動 

週末にお客様がいらっしゃいました。
その方は私がこの度DF-35を購入したのにもかかわらず音が出せていないのをブログで拝見し、
GRFさん経由でコンタクトをとってこられたのが始まりでした。

そしてスケジュール調整後早々に我が家へいらしてくださいました。
今回のきっかけとなった音が出ないというそもそもの原因は、
Accuphase DF-35の入力部が同軸とHS-LINKしかなかったからになります。

チャンデバへ行くにはボリュームコントロールの機能があるプリアンプを通してからになりますが、
それがデジタルインプット限定の同軸とHS-LINKです。
HS-LINKはAccuphaseブランド限定(DC-300/330)と2つの選択肢の内1個は全く何もできない状態です。
そしてもう一つの同軸は当然のことながらアウトプットもデジタルの同軸ではなければならず、
Mcintosh C33ではどうしようもできません。

カタログにははじめ同軸のインプットもAccuphaseのプリでなければ接続できないようなことが書いてあったのを見たので,
現状のシステムで使用するにはAI2-U1意外に方法はないものと考えていました。

しかし我が家のオーディオが鳴らないのを知って訪れてくれた方はAccuphaseを知り尽くしている方なのですが、
その方は間に別ブランドのADconvをいれるアドバイスをしてきたのです。

ということはつまりAccuphaseブランド以外は使用できないまたは他のブランドでは使用できないとは書いていないというだけのことらしい。

考えてみればよくあることである。

お名前はKさんです。

小田急線でいらっしゃいましたので大和駅までお迎えに行きました。

昼頃でしたので途中そばを食べて腹ごしらえをした後に我が家へ到着。

早速ここで我が家の音を聴いていただくのが通常の流れになります。
が、いまはどう転んでも音なんか出やしません。

以前、我が家のエール音響製EX-150をブログでご覧になった時聴いてみたいとのご要望を伺ったのですが、
運悪くその直前にツィーターが故障して音が出ない状態でしたので断らせていただいたことがありました。

そしていよいよ我が家にいらした今回はというと、
システム自体が音が出ないという以前よりも更に良くない状況です。
そんな中来ていただき早速接続です。

d0192112_22232059.jpg


AD CONVはLucid AD9642という機種です。

久しぶりのせいなのか注目のEX-150からうまく音が出なくてはじめからバタバタしていましたが、
それも結局はケーブル不良ということで大事にはならず何とか音出し成功。

その後少しずつDF-35の調整です。

d0192112_2224972.jpg


タイムアライメントだけは音が出なくても大体のところで出来ますので設定ずみです。
それ以外のところをお持ちになられていたCDをかけながら調整です。

調整と試聴を何度となく繰り返しました。

d0192112_22254515.jpg


CDはショパン 12の練習曲/マウリツィオ・ポリーニです。

d0192112_22444687.jpg


その後CDを変えていき(ジェニファー・ウォーンズ/ハンター、STEREOSOUNDの菅野氏のリファレンス他)
荒どり~微調整まで短時間でこなしていきました。

d0192112_22263337.jpg


Kさんは理論上プラスアルファの段階までの調整どまりの様でしたが、
自分では短時間にこの様な集中力で調整できないのでやはりプロは違うなという一言です。

続く

by pat_mthny7205 | 2012-04-02 22:41 | audio | Comments(2)