<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 22日

インプロビゼーション⇔練習

午後帰宅した後はずっと音楽を聴いていました。

d0192112_19555267.jpg


こんな状態で更に子供の夏休みの宿題をみながらでしたのでクラシックはやめました。
ところで画像にあるワインの酸化防止用器具、
その名も「ワインフレッシュ」なるものを初めて使ってみました。

d0192112_22102829.jpg


半分ほど残して早速中の酸素を抜く作業をしましたが効果のほどは・・・

d0192112_22112016.jpg


それは次にこの残りを飲んだ時にわかるでしょう。
セットの中にはシャンパン用のキャップもありますが、
炭酸が入っているのでこちらの方がもっとわかるんでしょうね。

少し話がそれてしまいましたので元に戻しますが、
そこで今日選んだ曲はというと・・・

d0192112_1957160.jpg


DAYDREAM/日野 皓正
1980年のアルバムです。

d0192112_19595568.jpg


ミュージシャンのクレジットをみると、
スティーブ・ガット、アンソニー・ジャクソン、ルーサー・ヴァンドロス、そして当然ながらデイヴ・リーブマン。
更に良く見るとMasabumi Kikuchiの文字も。
デビューから10年以上オリジナルの曲も含めたアコースティックなジャズのスタイルでしたが、
1979年のCITY CONNECTIONという大ヒットアルバムのころからクロスオーバーの路線に転向しました。
私は当然年齢的な面からこのアルバム(というよりも当時のサントリーのコマーシャル)でこの偉大なるトランぺッターを知ることとなりました。
当時はジャズというものは知らず、そしてなぜコルネットなのかということにも疑問を持たずに、
ただひたすら「カッコいい」ということだけでこのサウンドにしびれていました。
中学生だったわたくしは当時使用していたトランペットを止めて、
それまで「小っちゃい」と全く興味を持たなかったコルネット(学校所有)に切り替えて練習したことを思い出します(笑)
ハイトーンが出なかったことが悩みのタネでしたが・・・

今日聴いたDAYDREAMはそんな時代に出された中でお気に入りのアルバムです。
何度聴いても感心させられるのはうた心のあるインプロビゼーションです。
ラッパから出てくる音のなんて美しいメロディーなのでしょう。
一般的なジャズで良く用いられる耳慣れたフレーズではなく、
彼のソロは別の主題とも感じられるメロディーに聞えるほどです。

その後はまたアコースティックなジャズで昔と変わらず、というかそれに貫禄が加わった味のある音楽を演奏していますが、
誰でも彼の一流のインプロビゼーションがわかる曲として、
[EVERYTHING/Here We Go Again]があります。

d0192112_7425243.jpg


ジャズを聴いたことがない人でも原曲となっているミーシャのEVERYTHINGは知っているかも知れません。
すばらしいです。

でもこのようなフレーズを奏でるというのはやはり練習ではなく天性のもののような気がします。
天才のソニー・ロリンズと対極にある努力家のジョン・コルトレーンのように稀に例外もあるのでしょうが、
この辺は練習で何とかなるものなのでしょうか。

彼は若かりし頃、ライブの後もひたすら練習をしていたと聞いています。
それは時には自分の意志ではなく師匠の命令で練習をさせられていたと云っていました。
でも、その後プロになってもピアニストの鈴木(コルゲン)さんが飲みに誘いに行った際、
LPレコードをかけてフレディー・ハバードのTrpを真似て吹く練習を最後までできないうちは出かけなかったこともあったと話していました。
やはりその練習があったからこそいまのというか70年代のアルバムを聴いてもわかるように、
当時(若いころ)からあの音が出せていたと考えると天性だけではなく努力も必要ということになるのでしょうね。

d0192112_21165112.jpg


いつまでもお元気でパワフルなライブを続けていただきたいと思います。

最近の出来事です。

d0192112_21195266.jpg


というかほとんど毎朝のようにリビングから正面の位置にあるアンテナの上に土鳩が止まって良い声で鳴いてくれます。
土鳩の鳴き声は幼少のころ父方の父母の家に遊びに行った際によく聞くことができました。

この鳴き声を聞くといまでも今は無き蔵造の父母の家や畑や周りの山を思い出すことが出来ます。
おかげで毎朝ありがたいことに5歳のころの自分に戻らせていただいています。

これからも毎日遊びに来てください。

by pat_mthny7205 | 2012-07-22 21:41 | iroiro | Comments(4)
2012年 07月 18日

どう乗り越えましょうか

梅雨が明けてから(それ以前からですが)というもの、
暑さがとても厳しく感じられます。
それでも東京・神奈川では30℃強程度と数字だけ見ればさほどではない気温です。

ところでここの所ほんと体力の衰えによってこの暑さに対して辛く感じるようになりました。
気象庁の百葉箱設置場所と実際の行動する場所とでは明らかに温度差があるとはいえ、
それでも自分の中にこれまでとは違う体感上の変化があるのに気づくようになりました。

4,5年ほど前まではそれほどでもなかったと記憶しています。
先日GRFさんのお宅へ向かう際に日陰を選んで歩いている自分に気づき、
あらためてそれを実感した次第です。

そうです、暑さに弱くなってきたのです。
今の自分の年齢から考えるとそれは仕方のないことかもしれませんが、
それにしても極端にダメになりましたねェ。

熱中症にかかった人が良く言う言葉は「まさか自分が・・・」らしいです。
自分も十分に気を付けなければなりません。
結構熱中症って簡単には元に戻らないらしいですから。


d0192112_2171932.jpg


ところでチューブアンプをお使いの方はこれから、というかすでにこの季節は辛いものがあります。
いまもシャワーの後この画像を撮っただけで汗びっしょりです。
「この季節だけ石のアンプを」という選択肢がある方がとてもうらやましい・・・
そうか、今の時代「暑い季節はデジタルアンプを」なんて方もいらっしゃるのでしょうか。

d0192112_21122490.jpg


いずれにせよそういう場合出てくる音は違うことになります。
音を我慢するかはたまた暑さを我慢するか・・・

自分だったらたぶんラクな方かな。

by pat_mthny7205 | 2012-07-18 21:16 | iroiro | Comments(0)
2012年 07月 15日

この先にあるもの

昨日は午前9時過ぎに珍しく家族4人で駅までの道のりを歩いて行ったのです。

d0192112_742362.jpg


鶴ヶ峰駅に着いて他の3人は横浜方向、そして私は湘南台方向のホームへとわかれたのです。
そしてまたしても掲示板。

d0192112_743145.jpg


といっても今回は前回の様な行き来の報告で終わりというわけではないのです。
それでは前回と今回とで何が違うのか。

まあ、大したことはないのですが人間いや特に大人は同じ過ちを繰り返してはいけないということです(笑)
ということで本題。

d0192112_1541377.jpg


GRF邸です。
先週、先々週とGRFさんのブログやその音を聴きに訪れた方々のブログ他で既にご存じの方も多いと思いますが、
ジャーマンフィジックス/ユニコーンのユニットを換装された結果音が劇的に変わったとのことで、
私も是非にと伺わせていただいたのである。

一連の騒動(?)は終わったとのことでおそらく私が最後のようです。
GRFさん曰く「換装後直ぐのころと今とでは大分音もこなれてきた」とのことでしたが、
それでも私が聞く限りでは上は可なりエッジの効いたはっきりした感じの音で鳴り、
下は換装前と比べるとかなりボリューム感の増した印象です。

といつもならここから何を聴かせて貰いそしてそれがどのように聞こえ云々・・・という内容に移るのですが今回は様子が違います。

何が違うのか・・・
それはシングル一発のこのSPから放出される音を聞いて少し考えさせられてしまったということです。

今回GRFさんともお話したのは、
「どんなに上手な文章で書き連ねても、
この音は一度聴いてみなければ決して分からない」 ということです。

「そんな事言ってるけれどほかのSPでも同じことじゃないの」と言われればそれはそうかもしれない。
しかし、他に類を見ないこのユニットとエンクロージャーから放たれる音はほとんどの方が想像もつかないと思われるのです。

d0192112_1532068.jpg


だってまずこのユニット。
私もこのユニットは菅野 沖彦氏の導入記で初めて知ったが、
カタチだけみてはじめは正直「胡散臭い」という印象でした。
この見たこともないカタチのユニットから出てくる音は想像したところでわかるはずもなく、
頭の中では「どんなに方式を変えても他とは全く違うような音が出るとは思えない」
という考えでありました。

d0192112_15153314.jpg


そしてエンクロージャーも。
ユニット同様、SPとはこうあるべきという既成概念を大きく覆すこの形状。
まだユニットの方が「なぜその形状なのか」が理解できるというもんです。

で、私の第一印象が変わったのはその否定的な思いが出たすぐ後。
「菅野さんが導入したということはもしかして良いんじゃない」
に変化したのです。

いわゆるオーディオを趣味とされている方々はご存じのことと思いますが、
評論家の方々とオーディオメーカーまたは代理店との関係については私も思うところがあります。
(最新号のSS誌はこれまでとは大分違っていると評判ですが)
しかしその先生方がご自分のシステムに導入される機器となると、
私はそこに本音が出ていると考えます。

そうです。
その本音のひとつがこのユニコーンなのです。

話は大分それてしまいましたが、
さてそれでは何をどのように考えさせられたのか。

タイトル「我が家のSPとユニコーンについて」
かたやドライバー+ホーン、ウーファー+エンクロージャーの構成に対してもう一方はシングル一発。
取り巻きはプリ+パワー(×3)+チャンデバに対していたってシンプルな構成。

そしてそれぞれから出てくる音は・・・

この辺については正直これ以上多くを語っても仕方がない、というよりは必要ないでしょう。

なぜならそれぞれの音は「途中」と「結果」なのだからである。
そしてその「結果」の音を聞いても今の自分を一気に飛び越えて結果に近づけることはできないのです。

簡単に言うと今の自分があり、そしてその向こうには目指す目標があります。
そこに行きつくまでにはまず真っ直ぐいける筈もなく、
ほとんどの皆さんがそうである(あった)ように私も目標とは別の横道に逸れてしまっているかもしれません。

何度も往復している道とは違い、
目的地がわかっていてもはじめて通る道を目的地に向けて真っ直ぐに行くのはなかなか難しいことです。

選択肢は沢山あります。
ありきたりな表現だがそれこそ星の数ほどです。

仮に横道にそれても(道を間違っても)それはそれで経験になります。
その経験を積まなければその先に枝分かれしている道の中から一つを選ぶことはできないんですよね。

果たしてどれが自分にとって最良の結果なのか。

わからなくってもその道程を楽しまないなんてもったいないですね。

*本日ブログにコメントをいただいている赤鬼さんがいらっしゃいました。
ご自分でCDを持参されての訪問でしたがそれを聴いてどのように思われたのでしょう。
それにしても何のお構いもしませんで大変申し訳ありません。
次回来られる際には段取りをしっかりしてお迎えしますので是非またいらしてください。

by pat_mthny7205 | 2012-07-15 18:15 | audio | Comments(5)
2012年 07月 08日

あともう少しがナカナカ・・・

d0192112_19425385.jpg

orch: Amsterdam Concertgebouw Orchestra
cond: Bernard Haitink
comp: Anton Bruckner
最近のお気に入りdisk No1です。

聴くだけではなく何度も聴いているので調整にも良く使用しています。
というより、聴いているうちに調整しているという感じですかね。

d0192112_19544214.jpg

でも良く見てみるとこの盤の裏には[SORROUND/5.0]の記載があります。
ということはマイク2本による録音ではないということなのでしょう。

RCOによる2ch録音の盤はないのでしょうか。
他のオケと指揮者の8番を聴いてもこの録音に聴きなれてしまったせいかピンときません。
まあ探すのも楽しみの一つと考えることにして・・・

最近気になることといえばホーン特有のあの音です。
ヴァイオリン、ヴィオラ、金管楽器または低音弦楽器でもの高い音の際に特に気になります。
これはホーンの受け持ちの高音を押さえつけているというか出し切れないでいる時に出る症状らしく、
Mcintosh C33のEQにより少しだけ解放してあげることで上手くいくこともありますが、
それでもまだ気になるようであればチャンデバのクロスを上げてやる微調整をしています。

でもなかなかすべてを改善することは出来ません。

そこでふと気になったのがこれが盤に入っている音だとするといつまでたってもどうにもやりようはないということ。
また、今の自分が気にしている音が果たして問題がある音なのかも気になります。

オーディオを趣味としている方々のいわゆるオフ会というもので良く耳にするのが、
いつも自分が聴いている盤を相手のシステムでかけてもらいその違いを聴くというもの。

これは持っていく側は楽しいとは思いますがかける側の心情は如何にである。

しかし、「これは使える」と思った。

自分の気にしている音が本当に何とかしなければならない音なのかを判断するにはイチバン手っ取り早いのではないか。

ただどこでも無闇やたらにお願いするのは問題である。
そんなことをしたら何が正解かわからなくなるからです。

人それぞれ違うようにシステムも違えば出す音も違います。

見極めが必要です。

ところで話は違いますが昨日の朝、下のチビ介の顔を見るとなんか変なのに気が付きました。

d0192112_20284640.jpg


口の周りが妙に黒ずんでいるのがわかるでしょうか。

d0192112_2030892.jpg


はじめは何かにかぶれでもしたのかと思いましたが本人に聞いてみても思い当たらないとのこと。

そこで今一度近くによって良く見たら「あっ」とすぐにあることに気が付きました。
黒ずんでいるところをよく見るとそこはうっ血しているではありませんか。

d0192112_20293816.jpg


それに気が付いたときに問いただしました。

「牛乳瓶みたいなものに口を付けたまま思い切り吸ったりしなかった?」と。

そうしたら答えは「うん」でした。

小さいガラスのコップでやったみたいです。
そういえば自分も小さいころやったような記憶があります。

子供なんて皆同じなのかもしれませんが、
うちの子供は顔も行動も好みもいちいち私のコピーです。

しかしアホさ加減まで似るとは・・・

by pat_mthny7205 | 2012-07-08 20:38 | audio | Comments(2)
2012年 07月 05日

いまいち調整が・・・

d0192112_22412357.jpg


昨年末から車をクリーンディーゼルENG車に変えました。

d0192112_22395317.jpg
d0192112_22403347.jpg


ということで今回はそのトランスミッションについてです。
4月くらいまではATのほかにマニュアルモードがあっても特に気にすることはなくまた使用することもなくATのDモードにて走行していました。
ところがあるときATによる1st発進の遅さに改めてこの車がディーゼルだったということに気づき、
同時に「トルクがあるので1st発進である必要がない」ということにも気づいたのです。

d0192112_22442063.jpg


ということでそれからというもの信号などで停止した際には必ずマニュアルモードの2ndにいれ待機。
はじめのうちはスタート後3rdに切り替わる前の1,750rpm/secにならないうちにATのDモードにするという操作で走っていましたが、
そのうちにマニュアルモードだけで走行するようになりました。

d0192112_224345100.jpg


はじめは1stでスタートし1,500rpm/secあたりで2ndへ。
そして1,750rpm/secで3rdまたは4thへというかたちです。

しかし最近気が付いたことがありまして、
それは3rdから4thへ変速する際の1,750rpm/sec付近までタコメーターが上がった途端、
約200rpm/sec程度回転数が下がるのです。


自分のアクセルワークのバラつきなのかとはじめは思いましたが、
意識して操作しても同様な症状が現れます。

これはなんなのか?

オーディオを聴かない日同様精神衛生上良くありませんのでディーラーへ、
の前に自分でも確認したかったのでメーカーのホームページからこの内容で問い合わせをしました。

その結果は以下となります。

「ロックアップ機構は、オートマチックトランスミッションのトルクコ
ンバーターによる流体スリップのパワー損失をなくすため機械的に直
結する機構です。走行中ロックアップ(直結)するとエンジン回転が下
るため」

このようにトルコンをカバーするためのロックアップが原因なのでしょうか。
それならば問題はありませんが・・・

ちなみにATのDモードではこのような現象は起きません。

結局、今週土曜日の朝にディーラーの方が車を取りに来て、
暫く(といっても問題がなければ1日程度であろう)時間をかけて調査することになりました。

その引き取りとなったきっかけは実際のところそれではなく別のことが原因となっています。
それはヘッドライトがONになった際にメーター周りでの表示をしなくなったことになります。

AUTOにしていると夕方のまだ明るいうちはこの表示がないとON/OFFがわからないので少し困ります。
まあ、診てもらいたい内容が二つあればこちらもあきらめて引き取りに応じる気分になるというものです。

夏休みに向けて今のうちに手を打っておいた方が良いですよね。
(でも先週点検に出したばかりなんですが・・・)

by pat_mthny7205 | 2012-07-05 22:50 | iroiro | Comments(5)