<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 28日

toko furuuchi 176.4kHz

リビングにオーディオを設置せざるを得ない身の私にとって、
家に家族が誰もいない時間というのはとても貴重であります

今日の午前中がそんな貴重な時間というわけで、
朝から電源を入れておいてスタンバイしておりました

ここ最近のKORG AUDIO GATEによるコンバート後の音にとても感動しているわけですが、
そういえばボーカルものを聴いていなかったので久しぶりに日本人モノをチョイス

d0192112_10222622.jpg


先ずはいつもの 村上ゆき 夢で逢いましょう から
「港が見える丘」

いつも合わせているボリュームの位置では音がボヤけて聞えたので、
少しずつ絞っていったら思いのほか下がったところで丁度良く感じられました
大体9時と10時の中間だったのが8時チョイ過ぎでも不足なく聴こえてきます

ボーカルとピアノの音量バランスがあっていないのが気になりますが、
そのような録音の可能性もあるのでその辺は無視
ツィーターのきつさを調整してもそれぞれの音がつぶれて聞えることなくなかなか良好です

d0192112_10224862.png


つぎに平原綾香 ODESSEY から
「明日」
前半そして中盤と音の変化にこれまでと大きな違いはなくこんなものだろうと思いながら聴いていましたが、
後半になってからのE BASSがなかなかのものです
曲自体スローなのでベース音も弦が大きく歪むほ指ではじくようなドンとくる迫力のある音ではありません
由紀さおりの「夜明けのスキャット」的なノリですかね
そんな楽曲なので正直これまでベース音は一度も気にして聴いたことがなかったのですが、
これまでとの違いはライブな部屋での音としっかりとしたデッドな部屋による音ほどの差があります
「こういう風に鳴るかあ」的な感動ですね

d0192112_1023542.jpg


つぎに中島美嘉 BEST から
「STARS」
2001年リリース(当時18才)ものではなく2005年にボーカルだけ入れなおしたバージョンのようですが、
これははっきり云って違いがわからなかったですね
なんででしょう…
楽曲及び楽器の構成など自分の好みとしては結構上位に入るのですが、
音の深みや奥行き感など期待していただけにガッカリです
録音の問題なのかわかりませんがオリジナルも聴いてみようか知らん
この曲を感動できるほどの音で聴いてみたいものです

d0192112_10241124.jpg


さいごはこれ
古内東子 Distance から
「逢いたいから」

ん~、困りましたねェ
やはりこの頃のアルバムというかSONY時代がダメなんでしょう
せっかく良い曲を創っていたころ(私的には彼女はキャニオンまで)なのにザンネンです
全体がベタッとしていながらなぜかボーカルだけは高域をかなりあげすぎで耳障り

彼女の声をあのようなカタチにしたら台無しです
アルバム SLOW DOWN , Distanceはミキシングエンジニアは同じ方々の様です
とてもまじめに取り組んだとは思えません

3rdは違う方でボーカルこそ聴きやすくなったとはいえ全体的につまらない仕上がりです

d0192112_11513367.jpg


とあきらめかけていたとき4thがやってくれました
Strength
これは海外での録音、ミックスダウン及びマスタリングですが、
そんな情報は抜きにしても誰が聴いても一聴して素晴らしさがわかるアルバムに仕上がっています

ピアノ独特の音の広がりや奥行き感などばっちり入っています
なにより彼女の声が雑味がなくとても素直で魅力的に聴こえるのが最高ですね
名前はRay Bardaniという方の様で調べてみたらそれなりに知っているアルバムを手がけていたようです
とそこまで調べていたらアルバム最後の曲で聴いたことのあるアルトサックスの音

クレジットにはやはりDavid Sanbornとありました
お金かかってるなあなんて感心しながら他のミュージシャンを見てみると、
Trp:Randy Brecker
T Sax:Michael Brecker
そして 
Piano:Bob James
因みにE Guitarには4名参加していたようですが、
そのうちの2名がDavid SpinozzaとChuck Loebでした

'95といいますから可なり有名になっていた頃です
気合の入り方が違いますね

どうでも良いことですが古内東子の棚は1stからずぅ~っと来て「透明」で終わっています
いまの感じでは今後は購入してまで聴くことはないでしょう
長年アーティストをやっていたら楽曲の雰囲気や歌詞など変化して当然ですが、
歌唱力やその他が今の状況では受け入れられません
過去の作品を聴きなおすとそのあたりははっきりわかりますね

とはいえまだこうして過去のアルバムを聴いても十分楽しめるので、
今後手持ちが増えなくても問題はありませんね

それに彼女の棚が一列いっぱいなのでそんな意味でも丁度良いのかも(笑)

by pat_mthny7205 | 2013-06-28 10:16 | audio | Comments(1)
2013年 06月 16日

・・・の日

d0192112_13124882.jpg


こんなものを貰いました
いつものワインにラベルを貼ったものになりますが、
まあなんとも手作り感がないというかなんというか・・・

なぁんて云って結局ありがたいんですけど・・・

いつまでもこんなのに付き合ってくれるとうれしいですね

これってやっぱり今日のうちにいただいた方が良いのか知らん

だったら急いで昨日の残り飲んじゃわないと!

by pat_mthny7205 | 2013-06-16 13:14 | iroiro | Comments(2)
2013年 06月 15日

続・久しぶりのオーディオの日

先日事務所で図面確認していた時のこと
記載内容をチェックしていたのですが、
あるとき突然目の前にあるノイズが表れてきました
聞え方は「ジー」です

手を止めたままで音の発信源を探したらどうも頭上の蛍光灯のようです
それにしても面白いように音が目の前から発信されているように聞こえてくるのには驚きました

図面サイズはA0ですがそれを1/4に畳んだ程度
それをまた更に半分にしたら先ほどのように音が目の前に表れません
というか上手く見つけられなかっただけなのでしょう
また元のサイズにしていろいろ角度を変えてみたら上手く見つかりました

そこであることに気づいたのですが、
そのノイズが目の前にあらわれるか否かの角度差は二けたもないと思われます
その僅かな差がここまではっきりと確認できるのならばオーディオでも当然のことだろう

と、いうことで家でも実行してみることにしてみました
使用する音はというと、
あるSP製造販売を行っている会社のメール配信登録をしているのですが、
1,2か月前だったか送信されたメールにこのようなリンクを貼っていたのです

「多機能 高精度 テスト信号発生ソフト」
http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/wg/wg.html

確認はしていなかったのですが、
たぶんこんなようなソフトなんだろうということは分かっていたのでこの度初めてダウンロードしてみました

d0192112_1819746.jpg


内容はサイン波、パルスまたホワイト、ピンクノイズなど様々な音の発信が出来るというもの
特にサイン波を出してみるとY軸(奥行き)で音が聞こえる場所と聞こえない場所とがはっきりと確認できてとても面白いです

またVUメーターで左右のバランスも確認できるので、
これまでのセッティング及びリスニングポジションによる音の聞こえ方がどうだったのかがわかります

左右の調整はチャンデバ、そして聴取ポイントは各周波数のサイン波を下から順に出して耳で確認です

上に上がるにつれ波が細かくなってくるのでポイントがシビアになってきます
途中で音が消えてしまったらまた最初(31.5Hz)に戻りやり直しです

今考えると上から下に下がる形でチェックしていけば良かったのでしょうが、
作業が楽しかったのと下の周波数が聞いていて心地よいのとが気が付かなかった理由でしょう

今日のところは遊び半分でしたが次回はSPを動かしての調整と行きたいところです

なんとか新しい機器を導入しないうちに改善したいところ

それでもどうしようもなければ・・・
ってところでしょうか

by pat_mthny7205 | 2013-06-15 18:10 | audio | Comments(0)
2013年 06月 09日

健康に良いこと

六月も既に三分の一
最近の話題はというと身近なところではこの五月晴れでしょうね
でも、この時期こんな暑かったかなという、
正直わからないのでなんとも云えませんがなんか違うような気がしてなりません

最近休日の日にはジョギングをしています
巷で何かと話題の自転車も良いのですが坐骨神経痛の身には無理というもの
それでも今では子供の自転車の練習も兼ねているので欠かせなくなってきています
というか最近では走りたくなってしまうという方に変化してきているようです

距離は大体5㎞ほどはあるでしょうか
気の利いた(タイマー付)腕時計など持っていませんのであくまでも勘です
10㎞/h程度のスピードで時間が約30分
今日のタイムがまさにそれです
時間はその日の具合によって結構バラつきます
右の膝関節と左の股関節がどうも良くありません

それでもはじめのころは数十メートル走っただけで痛みが出たことを考えれば大分良くなっています
走った後のあちこちに出た炎症も今では皆無です
その辺からもこれは止めるわけにはいきません

ということで梅雨の時期はどうしようか考えていました
カッパでも着て走るしかないのかなとも思っていたのですが、
いざふたを開けてみればこの良く晴れたそしてとても暑い毎日

決して苦情を申しているわけではありません
雨の中を走るよりはずっと良いんですから

良く走った後は最近では冷たく感じられるワインをいただいて音楽でも・・・
と思ったらチビすけが「チキチキマシーン猛レース」(Wacky Races)を見だしました

d0192112_15234429.gif


そういえばこれに登場するキャラクター「ケンケン」(Muttley)の生みの親は日系の方なんですよね

d0192112_15203913.gif


生まれも育ちもアメリカのようですがご両親が広島の方だとか・・・

私が生まれたころにはアニメーションの世界で活躍されていたみたいです

5,6年前にお亡くなりになったようですが、
いまでも我が家のチビすけのように気に入って楽しんでいる子供がいる

何かを後世に残すというのはとても大事なことなんですね

by pat_mthny7205 | 2013-06-09 15:27 | iroiro | Comments(2)