One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

EV!!!

車検の時期が参りました
と、いうことでディーラーへ行ったのは2週間前のお休みのこと
代車の選択時営業サイドは代車表の上段にあるでキューブを勧めてきました
が、そこは見逃しません
その最下段には日本初のEV 日産「LIEF」があったことを

そこのところをついてみると、
「これは航続走行距離が・・・」とのことであまりお勧めできない様子
その理由が「距離」であることを知りそしてそこのところを分かっている私としては難なくかわし契約

ということでいよいよ今日がその日

d0192112_2195799.jpg


そういえばLIEFは発売直後のころ横須賀(追浜)にあるコース[GranDrive]で試乗して以来です

d0192112_2137689.jpg


その時の私のインプレッションはというと、
駆動がENGではなくモーターから来る加速の良さは当然のこと乍ら、
なによりもその遮音性に感動したという記憶が残っています

その記憶が蘇ることを期待していざ一般道へ

「・・・だれか窓開けてる?」

この一声から始まった試乗

d0192112_21363089.jpg


印象に残っている記憶とは違い、ロードノイズが可なり気になります
コース試乗時とのノイズの違いは路面状態の違いによるものだったということなのでしょうか

と、いうことで車内は他の一般車と同等にロードノイズをひろっているようです

はじめはラジオなどの音も出さないように、
というのは実はノイズの確認ではなくできるだけ電費(デンピ)を稼がなければという思いからきているのですが、
遮音性に関してはなんのことはない普通乗用車のレベルだったのですね

d0192112_2138719.jpg


最初の降車地点でのこと
ドアをしめる音ひとつとっても、
これまで私が思っていた(勝手に)この車両レベル(車幅、全長などのスペック)以上のグレードではないことがわかりました

これはあくまでも私の思いですが、
レシプロENGによる駆動のものではなく世界初のモーター駆動による電気自動車
結構開発費はかかったでしょう

d0192112_21384052.jpg


なかでもEVはENGのノイズがない分これまで以上の遮音性の向上が必要になります
なぜならエンジンのノイズがなくなったせいで、
これまで気にしていなかったその他のノイズ(ロードノイズ・風切音)だけが耳に入ってくるからです

それらを消すためには必然的にさらなる費用が必要になるのは当然のこと
しかしせいぜいライトの形状によるサイドミラーの風切り音の低減どまり

なぜならそれ以上の静寂を確保するためにはこの車のグレード(価格帯)を一段上げざるを得ません
果たしてそれでどれだけの客がこのEVに魅力を感じるのか

さて私のこの車に対する印象です

「惜しい」のひとこと

何が惜しいのかというと、
グレード(価格帯)を上げてでもこの車には遮音性を上げ車内の快適さレベルをあげて欲しかったですね

操作に関しては操舵性及び加速性などなんの不満も覚えませんでした

また内装についてもチープな印象は残っていません
シートやドア周りによるホールド感も申し分ないと思います

荷物はこの車の航続走行距離から考えると必要にして十分です

ボンネットに関しては開けることはないようです
なんせみてもせいぜいバッテリーくらいですからね

しかもその電気は通常のカバーされる範囲のみで、
実際の動力面に関しては車の下にあるのですから・・・

車検は明日には終わるのですが、
さて自分が乗ることをイメージできるかというと「アリ」ですね

条件付きで・・・

だって単純に充電満タンで3百円代
それで100㎞以上は走行できるのですよ
余った電気は環境が整っていれば家に使用可能ですし、
これはもう至れり尽くせり石川セリですね

発売当初と比較していまは航続走行距離も160㎞から200㎞に延ばし、
実用範囲が大分拡大されてきています

私のこの車に対する希望が盛り込まれたら是非購入したいと感じました

d0192112_21423032.jpg


d0192112_21393820.jpg


初期型LIEFのDC/DC CONVをみると発売直前のあの冬のころが思い出されます(笑)

by pat_mthny7205 | 2013-09-29 21:43 | iroiro | Comments(4)
2013年 09月 28日

カラヤンのベートーベン

ん~、もうだいぶ秋よりになったかというこのごろ・・・
それでも日中はまだ通して過ごしやすいと云えるほどではないですが、
一日で考えるに季節はもう移り変わっています

最近は私と下のチビ(デカ)とで盛り上がっているのが「めだか」です

d0192112_1913793.jpg


これ、わかりますか?
最初は二匹確認できて二人とも大喜びだったのですが、
翌朝には三匹、そしてその日の夕方にはいきなり八匹と
いまでは何匹か確認はできておりません

これからの季節に備え水槽の水を取り替えたおかげで新しいちいさいのが増えました

d0192112_20411265.jpg


さて、最近の楽しみはというとやはりソフトを買いあさることでしょうか

最近では二日続けて違う店に行って手にしたCDは20枚ほど
その打率は8割という結果でした

すべてのCDは聴いていませんが、
今のところ感動したのがカラヤン指揮 ベートーベン 交響曲第五番、第七番です

d0192112_2158412.jpg


家にある盤
[KARAJAN BEETHOVEN THE SYMPHONY]
の中の同名曲が同じ録音のモノなのか録音データからははっきりとしたことは不明だが、
単純に各楽章の時間は最近の盤の方が四つの楽章それぞれが約10秒ほど長くなっているようです

さてかんじんな音はというと、
五番 第三楽章冒頭でそのあたりの違いがはっきりわかります
まずは出だしの低音弦の部分はボックスものは明らかにオリジナルに比べレベルを上げており、
その割には音が混濁していて聴き取りにくくなっています
オリジナルは確かにこの部分は低く抑えられているがそれでも音は聴き取れます
また、主旋律とその他の楽器との音量バランスが絶妙で、
カラヤン先生が指揮しているオーケストラなのがうなずけますね
更にそのあとのホルンにも違いがあります
最近入手した盤がホールで鳴らしている中低域がしっかり聴こえるホルンの音に対し、
ボックスモノは耳障りな音だけが聴こえて周りの弦楽器との音量バランスがとれていません

カラヤン指揮ベルリンフィルは暫く要注意です

d0192112_21503380.jpg


きょうも昼の気温に比べ夕方以降とても涼しくなりました

虫の声も一時期より少なくなってきたように思えます
エアコンやその他の騒音がなくなり音楽に集中できる季節でもあります

by pat_mthny7205 | 2013-09-28 21:57 | iroiro | Comments(0)
2013年 09月 21日

ふかくにも・・・

みなさんはご覧になりましたでしょうか

NHK総合1
明日へ-支えあおう-「大船渡ジャズ三人衆 海を渡る」

とても感動いたしました

d0192112_1693280.jpg


fOURPLAYのアルバム
〈ESPRIT DE FOUR〉にある
〈PUT OUR HEARTS TOGETHER〉
がどのような意味のある曲なのかがわかりました

そしてVOCAL TRACKが何故に松田 聖子さんなのかも・・・

当然ですがいまこのアルバムがプレーヤーに載っています

それにしても本当に感動して思わず「平成のウミガメ」になってしまいました

みんなほんとやさしいんですよね

by pat_mthny7205 | 2013-09-21 16:10 | favorite | Comments(0)
2013年 09月 20日

まあ日記みたいなものですから・・・

昨日のネタを今日なんてもうなんというナマケモノなのでしょうか・・・

19日というとやはり中秋の名月のおはなし

d0192112_19594729.jpg


月の出は金沢区にある福浦工業団地内にいて、
海から昇ったばかりの巨大に見える(錯覚ですが)月にしばし見とれていました

このころまでは未だ台風の影響による空気澄み具合が確認され、
さらに満月による光の面積の大きさが加わりとても空が明るかったですね
(きょうはすでに空気が汚れている証拠に周りが黄色くぼやけて光っています)

家に帰ってからはすっかりそのことも忘れ、
寝る間際になって画像に残すのに気が付き慌てて撮りました

d0192112_200203.jpg


はっきり云ってその時すでに遅しで、
アルコールのせいで(苦笑)ボケボケとなってしまいました

d0192112_201042.jpg


d0192112_2012838.jpg


こうやって16日の月と比べると結構星の動きが早いのがわかります
ついでにボケ具合の比較も出来てしまいます(苦笑)

d0192112_2015889.jpg


チビすけが云っていました
満月の中秋の名月はこんどは六年後とのこと

違うことを考えてしまいますネエ・・・

by pat_mthny7205 | 2013-09-20 20:05 | iroiro | Comments(3)
2013年 09月 15日

ザンネンなことと良かったことのあった週末

久しぶりにパット・メセニーのアルバムをいろいろ聴いていたとき、
その中で果たしてどれだけのオリジナル盤があるのだろうと云うことが気になり調べてみることに・・・

彼のアルバムはCDで48タイトル、LPで12タイトルを保有

厳密にいうとすべてリーダー作ではなくゲイリー・バートンのリーダー作に参加したパットが若かりし頃の記録であったり、
売れてくればそれなりに、
ではなく彼の場合世界中から依頼が入り、
それこそすべてを購入するとなるととても大変なことになるほどの作品がありますが、
それらのうちの数えるほどの作品をも含まれることになります

そんな中からCD,LPそれぞれの盤を調べたところ、
可なりの数が〈made in japan〉であることが判明したのです

少ない中に判明した〈made in germany〉をみると、
外見では背表紙が日本語表示であっても盤の表記がオリジナルなものがあるので、
ジャズもクラシックも同じことが云えるのだということがわかりました
そうはいってもこの結果はとても残念なことで、
これからあらたにpat methenyのオリジナルを探す旅に出なければなりません

以前、中古CDショップであれこれ探していたことを思い出します

あのケースを空ける時のワクワク感が再び始まります

最後まで気力が持てが良いのですがねえ・・・

さて14日は大桟橋へ行き船に乗りました

ランチを取りながら横浜港を一周する企画となっていまして、
朝出かけるときに雨が降り出したので大丈夫かなとおもったのですが、
お昼頃には曇ってはいたけれども暑さを強く感じられる様なほどに回復したので最後まで何とか無事に楽しむことが出来ました

普段首都高からしか見られないみなとみらいの風景が、
海上から眺めることが出来たことだけでもとても貴重な体験だったのではないのでしょうか

それと20年の記念ということもあり良い思い出になったかなと無理やりこじつけなのかもしれませんが・・・

中では食事の最中にピアノとアルトサックスの演奏があり、
それなりに優雅な時間をすごすことが出来ました

アルトは女性が吹いていましたが楽器をみるとセルマーを使用していました
将来船ではなく箱の中でライブを演奏するようになるのでしょうか

まだ若そうな印象の方でしたがこれからも更に頑張ってほしいものです


d0192112_2013476.jpg

こちらからの角度は海上からしかみられません

d0192112_20182220.jpg


中央の上部にあります

d0192112_20195516.jpg


intr continental hotelのこちらからの角度でだけ拝むことが出来る女神像です

d0192112_202148.jpg


これがみなとみらい地域になりますが、



短期間のうちに可なりの面積が住居となっています

d0192112_202244100.jpg


都内だけではなく横浜も住居が高層化され中心部に進出してきています

d0192112_2026159.jpg


なにはともあれチビすけはいっぱい食べてとても満足げです

by pat_mthny7205 | 2013-09-15 20:14 | iroiro | Comments(0)
2013年 09月 03日

新しい感情

あすは記念の日なのですが、
ひとあし早くそれを祝うことになりました

d0192112_21304995.jpg


まあ仕方がないのですが子供たちはナニ(?)ってな感じではじめはわかっていない様子
それでも食後のケーキは美味しく頂いてました

d0192112_21235738.jpg


二十年を振り返ってみると
果たして居なかったのが居て、居たはずの人がいなくなって・・・

十分と云えるほどにいろいろな出来事が身の回りで起きていました

これからまたさらに20年
自分を含めた周りの変化を想像すると、これまでにはなかった寂しい気持ちがそこにはあります

そのうちのひとつに下の子供を「チビすけ」と呼べないことも・・・(笑)

ゆっくりひとつひとつ納得していくしかありません

by pat_mthny7205 | 2013-09-03 21:31 | iroiro | Comments(6)