<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 23日

再び

いつからだったかは思い出せませんが、SPを3way+1の構成で鳴らしていました

きっかけはPアンプが足りなかったこと

言いわけはSツィーターでクロスを調整できるから

満足していた訳ではありません

が、策がなかったこともありついぞこれまで変化がないまま・・・

先日そんなまんねり化しつつあった日常に変化がありました

d0192112_15235286.jpg

またまたユニットがそろいました

視覚的にも良く気分が高まります

さてこれはオーディオですので音は如何かというと、

SツィーターがSP全体に及ぼした影響はかなり大きく一皮、二皮、いや五皮くらい剥けた感じ

このエラックをここまで濃く鳴らしたことはこれまでなかったですね

d0192112_15234036.jpg
原因はこれ

50W程度のこのアンプの効果はと云うと、

あまりにも迫力がありすぎて音量を抑え気味にする必要を感じたほど

アキュはクリア(味付けのない)音
(どちらをとるかは好き嫌いのちがい)

マルチを組んでいるからには高音域のノイズを抑えるのはひとつの課題

しかしオーディオブランドとしてはあらゆる意味で高い位置にあるこのメーカーは、

旧タイプでも結構なプライスタグが付けられています

わたくし個人の意見として云うならばそれと同じ路線にあるのがこのメーカー

こちらは結構こなれたプライスのためとてもありがたいですね

そもそもこのアンプを古くから使用していたこともあるので親しみもあります

ゴローさんがAccuphaseでそろっているのに対し「シスコンみたいでなんかね(苦笑)」

と云っていましたが・・・

それはそれで魅力的に感じます

他の帯域もS社でそろえてシスコンみたいにしてみようか知らん!


by pat_mthny7205 | 2014-02-23 15:39 | audio | Comments(2)
2014年 02月 08日

TABEA ZIMMERMANN

d0192112_20562111.jpg
SOLO/TABEA ZIMMERMANN

以前ノンノンさんの記事(mixi)にこのCDの紹介がありましたが、
きょう届いたらしく帰宅してドアを開けたら玄関に置いてありました

d0192112_20563855.jpg

https://www.ojihall.jp/concert/lineup/2014/20140425.html
これはたくみ深川さんの記事(mixi)で知りました

と、云うことで早速CDを聴いてみましょう

M・レーガー/無伴奏ヴィオラ組曲
この曲は多くの人が練習曲として演奏する有名な作品
しかしこれをモノにするにはとても難しく演奏者に経験が求められるとのこと

このアルバムで彼女は技術、表現力の両面でとても充実した演奏を聴かせてくれ圧倒的な格の違いを感じさせます

更にこのCDはオーディオ面でもとても面白いです
MID-HIGHのクロスを2.8kHzで設定していますが、
HIGHのレベル次第でヴィオラ独特の豊かな音色が良くも悪くもなります
これまでレベルを抑え気味にしていてなかなか思い切った設定が出来ていませんでしたが、
この作品のお蔭で一歩踏み出すことが出来ました

また、複数の楽器による演奏やピアノ独奏と違い弦楽器のSOLO演奏は音が重なりにくいため、
各ユニットの調整が出来ていない(音のつながりが良くない)SPではアラが出てしまいます

これは楽しいです

彼女の作品はこのレーベル[MYRIOS CLASSICS]から他にもリリースされています
d0192112_10075527.jpg
                                                                Sonatas for Viola & Piano Vol. 1
d0192112_10081725.jpg

                                             Sonatas for Viola & Piano Vol. 2


コンサートまでの期間これらの作品を楽しむことにしましょう







by pat_mthny7205 | 2014-02-08 10:15 | favorite | Comments(2)