One's Sound

shigy65.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 03月 21日

今月(春)の宮川くん

ジャズピアニスト兼オルガニスト

宮川 純 のライブスケジュールです

横浜的な注目LIVE

4/25(金)
横浜 Motion Blue
noon(Vo) 10th anniversary tour ~Full Moon~
宮川純(Pf) ゲスト:類家心平(Tp)

noonの声は良いですものね

更に類家のtrpときたら良くないわけがありません

つづいてのおすすめ

3/11(火)
東京 南青山 Body & Soul
The Okazaki Brothers Quintet
岡崎好郎(Tp) 岡崎正典(Ts) 楠井五月(B) 大坂昌彦(Ds) 宮川純(Pf)

d0192112_21551172.jpg
d0192112_22104722.png
岡崎⇔大坂の組み合わせはgroovyなライブを聴かせてくれるでしょう

なんといっても大坂昌彦は最高です

この日はPianoトリオではなくフロントが二管なので汗かいちゃいますねえ(笑)

今日の二俣川ライブ 最高でしたよ!




by pat_mthny7205 | 2014-03-21 22:11 | concert | Comments(0)
2014年 03月 20日

もういちど

2011年8月半ばのこと
我が家のイコライザーが外された音を聴いたときのことは今でも鮮明に記憶に残っています

はじめてDigital-EQをあいだにいれて聴いた音はその変化のありようにとてもおどろいたのでしたが、
いざそれを外したらそれはさらにその時を上回るほどの衝撃ものでした

EQをいれたときは確かにあの自由自在に音質を操ることが出来ることをいいことに、
低音がききそして高音がはっきり聞こえるのがとても嬉しく過剰な設定をしていたような気がします

いわゆるドンシャリだったのかなと・・・

過去のGRFさんにいただいたコメントを見直すと、
「イコライザーは録音に対してではなくルームアコースティックに対して活用されるべき・・・」とあります
当時使用していた機器の「音場補正」なる機能をきちんと理解していたならば、
もっと良い使い方で良い音が出来あがっていたのだろうと今更ながらに感じます

さてDigital EQを使用していた方といえば私の中ではやはりゴローさんです

訪問時EQのことについて訊きました

「EQカーブは低音部を若干落とした程度ですよ」
一軒家に引っ越すまえの住宅にStereoSoundの菅野沖彦さんが訪問されたときとほとんど変わりがないとのことでした

聴かせていただいたその音はとても自然ではあるけれども、
やはり当時に抱いた「生音以上の音」という印象が強いですね

これは各ユニット、パワーアンプそしてEQのセッティングが上手く調和した結果でしょう

このなかでのパワーアンプの役割はというとノイズの少なさです
弱音の際ノイズが大きければクリアには聴こえません

PM2.5が舞っているなかで視界を確保しにくいのに似ています(苦笑)

とくに聴き取りにくくなる帯域は高音ですから全体に及ぼす影響は大きいはずです

そして特に絶大な効果を表すのがDigital EQではないかと考えます
何しろユニットの能力を最大限に引き出すことが出来るのが良いですね

d0192112_22025948.jpg

上手な使い方(?)が出来ればこれはとても素晴らしく、
わたくしの場合一度手放しましたが今の感覚でもう一度使用してみたいと思いました

「いまだったらまえよりももっとうまく使える」

性能も向上していますから期待できそうです

そのひとつとして以前使用していたEQでフラットの音を出した時はというと、
見た目そのままの平坦な音というか高・低音が出すぎたキンキンとした音でした

しかし今回はゴローさんのカーブのように低音を少し絞り、
高音も同様軽く下げてあげただけでも可なりの音質向上をはかることが出来ます
StereoSoundにあった「三つ山特性」などは不要です

まえといまとではいったい何が違うのでしょうか

単に違っているのは自分だけなのかもしれませんが・・・

d0192112_22031104.jpg

まあ慌てずゆっくりやっていくことにしましょう


by pat_mthny7205 | 2014-03-20 22:39 | audio | Comments(0)
2014年 03月 09日

頑張った!かナ?

そういえば先日TVの天気予報で長期予報の知らせをみたのですが、
たしか3月の気温は例年より寒いと云っていたような

当日はその予報通り朝からとても底冷えのする寒さでした
2か月前からこの日は出かける予定が決まっていましたが、
その前日には家を出る時間を6時半に決めていました
果たして我が家はいつも通り(苦笑)その時間を少々オーバーしそうで、
更に嫌な予感がしたのもあり私はさっさと身支度をして車へ行きました

さてその悪い予感は的中したのです
それはFRガラスの霜のこと

イグニッションを回しengをかけたら外気温表示が-1°になっているではありませんか
いつもならばここでデフ(defroster)を全開にして多少融け始めたとみるやワイパー全快!といくところ、
この日はワイパーをやめて「タウエル」をつかって手でゴシゴシッ!

その理由は先日の豪雪続きでワイパーを酷使してしまっていたようで、
先週ディーラーの点検でワイパーゴムの交換(エアフィルターも)を勧められ交換したばかりだったからです 

ここでまたワイパーでゴリゴリやったら楽なのでしょうけれどもその代わりにゴムがボロボロ・・・

手は冷たくはなってもひたすらゴシゴシしました(厳)

それでも車で16号線から新横浜へ向かう環状線に入ったころにはその日の天気がとても心地良いのに気が付き、
そして目的地に着き車を降りたときには、
風がとても弱く外を歩いていても春の予感を十分に感ずることが出来ました

連れと子供は横浜線小机駅で車を降り自分だけ新横傍のコインパーキングへ

d0192112_22285543.jpg

目的地までは自分ひとり徒歩でゆっくり向かいました

d0192112_22293020.jpg
d0192112_22294522.jpg
d0192112_22300061.jpg
d0192112_22301595.jpg
その行く先はマリノスのホーム

d0192112_22305543.jpg
d0192112_22311109.jpg

その日はこのようなイベントが開催されました

あくまでも自主参加なので当然出たい人だけが出ることになっているんですね

うちのチビすけの出番は全体で見ても早い方でしたが、
先に述べたように風が弱かったおかげでこの場に4時間半いてもさほど辛さは感じられませんでした

駅伝ということのようですがチビすけは第三走者

手を振っていますがこの時前走者がすぐそこまで来ています

d0192112_22312711.jpg
そしていよいよ走り始めました

d0192112_22314069.jpg

d0192112_22315151.jpg

さて、肝心な走りはというと、

d0192112_22321089.jpg
スタート後すぐに競技場の外へ出て行ったので正確なところは分かりませんが、
思ったより競技場へ再び戻ってきた時間が早く感じられました



観覧席にいた自分のところへ戻ってきたチビすけに訊いたところ、
「うんッ、何人か抜いた!!」と教えてくれました

d0192112_22322709.jpg

なんともはや頼れる存在になった感がある一方で愛おしい感じも・・・
ご飯を食べるときなかなか決まらないところもありますがこんな面を見ることが出来ました

d0192112_22324637.jpg

解散となったのはお昼を少し過ぎたあたり
駐車場までは必然的におひるはどうする?ということ

結果そのまま駐車場横のラーメン博物館

連れと娘は北海道の「すみれ」

d0192112_22325899.jpg

そして私とチビすけは「かもめ食堂」

d0192112_22331041.jpg

「こむらさき」も行きたかったなぁ~

でも、それだけのためにここへ来ることはないでしょうねえ

だって高いんですもん

まっ、いずれということで・・・






by pat_mthny7205 | 2014-03-09 22:44 | iroiro | Comments(2)