<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 29日

Eric Dolphy と 瀬戸内寂聴

我が家には瀬戸内寂聴さんの暦があります
昨年末来年の暦を決めるのにネットでいろいろ検索した結果きまったのです

七十二候(植物の成長や動物の行動、気象の変化などによって季節の移ろいを美しい言葉で表した農事暦)をはじめ忘れられかけている日本のさまざまな四季を感じられる、または思い起こさせてくれる暦になっています

ただ先に述べたそれらの言葉だけのものではなく
この方のこれまでの名言、格言が中心となっている暦です

そしてきょう6月29日のことば

d0192112_18201917.jpg
「ジャズ奏者エリック・ドルフィーの演奏を始めて聞いたとき私は心が震え涙があふれてきました」

ああこの方もドルフィーのインプロビゼーションを聴いて感動されたのかというのがわかり、
距離がぐっと近くなった思いがしました

あくまでも私の主観ではありますがジャズを聴いていなかったひとがいきなりドルフィーのアルバムを聴いて感動するというのはなかなかマイノリティーのように思えます

しかしその後の文面にもある通り当時気になっていた異性から渡されたのがそのアルバムを聴くきっかけだったとあり、
それがあったからこそその音楽を理解しようという思いがつよく、
その為感動がより一層深かったのではないかと想像します

その他詳しい内容は以下になります

「私は深い森の中で無数の小鳥に囲まれているような感じがした
湖が見え白い霧が林のこずえを流れるのが見え、せせらぎの音が聞え、森の外から角笛が聞えてきた。

五官の中で聴覚が一番弱いと自他共に認めて生きてきた。
育った環境も音楽に最も縁がなかったせいかもしれない。

小学校も女学校も音楽は「甲」がついたが、それは、他の学課があまりよく出来たので、
先生が特別でおまけをくれていたのだと思う。

コーラスの時は、なるべくヘンな調子っ外れをださない様に口だけパクパクあけていた。
 東京女子大に入って、寮生の友人がみんな音楽好きで音楽会に誘われたが、

何度いってもクラシックの音楽会は眠くてどうしようもなかった。
 これほどさように音楽嫌いと思いこんでいた私に四十歳をいくつか越えたある日、

年下の男の友人が一枚のレコードをくれた。
私は仕方なく、(その頃その人に気があったので)彼の意を迎えるため、あわててステレオを買った。

d0192112_18204478.jpg

そしてはじめてかけたのが、『ラスト・レコーディング/エリック・ドルフィー』だった。
私は、全身震えを感じ、聴き終ったら涙を流していた。なるほど、音楽とはこういうものかと思った。

私は深い森の中で無数の小鳥に囲まれているような感じがした。湖が見え、
白い霧が林のこずえを流れるのが見え、せせらぎの音が聞え、森の外から角笛が聞えてきた。

ちらっと首を出して、すぐ身をかくす子りすの黒い目があった。
私は、こもれ陽のちらちらするハンモックの中に目を閉じていた。

音楽が終ったあと、やさしい男の声が流れた。音は生れてすぎ去り、
永久に捕えることが出来ないといっているようだった。私は自分が才能なく音楽に

無縁で、一度印刷されたら、消すことの出来ない小説を書く仕事を選んだことが、
不幸のように一瞬思った。そして、音楽と恋は生れてすぐ消え、

永久に捕えられなくなる点で似ていると思ったりした。
 その時のステレオは国産の上等だった。それでも何だか不安になり、

すぐもっと上等のものに買い直した。機械が変っただけで、レコードの音が全くちがったものに
なるのに驚嘆し、私はそのレコードがすりきれるはどかけつづけた。

 ジャズならわかる。その時が私の音楽への開眼である。何と遅いめざめだろうか。
四十年も私は耳がありながらつんぼでいたのである。

 不思議なことで、いつのまにかジャズのレコードがたまるにつれ、(当分一月に二十枚くらいずつ買
った)クラシックの音楽を聞いても眠くならなくなった。特にバッハなどがとても好きになった。

 小説を書きながら、その場のバックミュージックにジャズを選んでひとり悦にいる楽しみも覚えた。
 たいてい真夜なかにひとりで聴く。疲れきっている時、ジャズは全身の細胞に

しみとおり、涙のようにかわいた躯をうるおしてくれる。
エリック・ドルフィーでジャズを覚えたせいか、その後の私の好きなジャズ曲も、静かなものが好きなようだ。

もちろん、彼の他のレコードも集めはしたが、何か決定的なことを決める時とか、心がめいった時とか
、むやみに高揚しすぎる時とかに、私はおまじないのように最もはじめに私にジャズという

より「音」を教えてくれた最初の一枚をかけることにしている。
 それから、何年かたち、私は全く思いがけないなりゆきで出家した。その時、

今東光師からいただいた私の法名ほ「寂聴」であった。私ほ電話で今師から、「寂聴はどうだい」
と聞いた瞬間、耳にあの『ラスト・レコーディング』が聞えてくる気がした。

「いただきます」と、私は弾んだ声で答えていた。
 今でも、私は尼姿で、嵯峨の寂庵の夜を、ジャズレコードをかけてひとり聞いている。

 天台宗は、仏教音楽「聲明(しょうみょう)」を大切にする。
 出家して間もなく叡山横川の行院で六十日の行をさせられた時、はじめの一ケ月は、まるで音楽学校

にいれられたかと思うように、聲明の稽古と学習で油をしぼられる。もし私がジャズを聴く習慣を
もたないまま、あそこへ入っていたら、それはもう地獄であっただろう。天台聲明は静かで美しい。

 ジャズの源も、宗教音楽にたどりつくのではないかと思いながら、私は淋しい塩梅音(えんばいおん)の
練習などをやらされていたものだ。

音がレコードにとどめられるようになったことは音楽家にとって果して幸福なことか不幸なことか、
今でも私はわからない。レコードのこの音は、絶対ナマとはちがうんだ、鏡の中の自分が決して本物の

自分ではないように。などと考えながらも、まだ開発されてまもない私の耳では、充分レコードの音に
たぶらかされながら、今も彼の出す音や彼の声にうっとりと寂かに聴きいっている。」

ここまでが寂聴さんの文面です

そこでひとつ些細なことですが・・・

はじめに記してあるアルバムのタイトルは[LAST RECORDINGS]とあります

これは「LAST DATE」なのではないかと

d0192112_18200349.jpg
(LAST RECORDINGS/DIW)

何故かというとその後こう記してあるからです

「音楽が終ったあと、やさしい男の声が流れた。音は生れてすぎ去り、
永久に捕えることが出来ないといっているようだった。」

[You Don’t Know What Love Is」

”When you hear music, after it’s over, it’s gone, in the air, you can never capture it again”

「エリック・ドルフィーでジャズを覚えたせいか、その後の私の好きなジャズ曲も、静かなものが好きなようだ」

この一行はさらにそれを裏付ける言葉になります
しかし一度ご本人に確かなところをうかがってみたいものです

ドルフィーがなくなる27日前の録音
この演奏で聴くことのできる彼のフルートはまるで、
天に命を捧げる代わりに繰り広げることが出来たインプロビゼーションのよう・・・

1964年6月29日 享年36歳 

もし興味を持たれた方は一度聴いてみてもソンはありませんよ



by pat_mthny7205 | 2014-06-29 18:25 | favorite | Comments(4)
2014年 06月 25日

いま、その時に必要なもの

と、云うことで暫くの間と云うよりも新たにチャンデバを導入してからというもの、
一昔前のコンポで鳴らしたほうがましというほどどうしようもない音しか鳴らない状態が続きました

以前DG-28導入時と違い今回は思ったような変化が得られず、
あるときには音を出すのを止めSPをホーンではないSPに変えることまで考えたほどです

そんなある日前回のブログにもある基本に帰ったSP位置の設定(調整)と同時に思い出したのが、
ゴローさんが拙宅にいらした際チャンデバを調整しながらのひと言でした

「4WAYのHIGHは最低でも10(-㏈)は欲しいよね」

これまでその言葉は頭の中に残るほど気にはなってはいましたが、
いざ実際にそのレベルにするとどうしても高音が耳について聴けたものではありませんでした

そうして先日の調整時に話は戻りますが、
中低音の上の音にアタマうちを感じたのでそれがどうしても気になりました
チャンデバを改めてじっくり見てみるとMIDとHIGHのクロスをもっと上げても良いのではないかということに気が付き、
聴感上で中音の天井が抜けるあたりまでクロスを上げていきました

その結果HIGHの範囲の中に2kHzを含めた耳障りを感じる周波数が含まれなくなったせいもあり、
思い切ってHIGHのレベルを上げても耳に刺さってくるような音がなく全く気にならなくなりました

そう、ゴローさんが云う10(-㏈)まで・・・
d0192112_00291224.jpg
グールドのCDで試聴していたのですがあまりの変わりようにおどろき、
CDをブレンデルのバッハに変えてみました

このアルバムは曲は好きでしたが音質には正直満足してはいなかったのです
しかし今日やっとこのアルバムのアナログ特有のやわらかい音の良さを感じられるようになりました

当然と云えばそうなのですがこれまでチャンデバはチャンデバ
EQはEQとそれぞれ別物として考えてあれこれやっていた未熟な自分を今更ながら感じました

Stereo Sound
#168 P212~215
PART2
私の使い方 その③ 小林悟朗
「測定すれども 機械まかせにせず」
P214
「10年前は全帯域のあちらこちらを、ちょこちょこといじっていたものが、
その後スピーカーユニットをグレードアップしたりイコライザーとチャンネルデバイダーを交互に調整したりしているうちに、中低音以上は、あえてイコライザーで調整する必要を感じないまでに追い込めた」
d0192112_00120347.jpg
○「EQカーブがほぼフラット」

○「4WAYのHIGHTを10(-㏈)」
d0192112_22125589.jpg
少しではありますが意味がちょこっとだけ分かったような気がしました




by pat_mthny7205 | 2014-06-25 00:14 | audio | Comments(0)
2014年 06月 22日

スランプ?

ここ一か月のあいだ体調不良の日が続いた後いよいよ仕事に支障をきたすようになったため、
今週キッチリと原因究明及び対策(処置)をすることになりました

結果はすぐに処置をして終わりというわけではなくゆっくり時間をかけて治していく方法のようです

その中でいくつかある原因の中に「加齢」も含まれていることを知らされました
気持ちの上ではまだまだなんて思っていても時間は確実に過ぎているようですね

イチバン現状を把握するのが遅いのは頭の中かもしれません

さてソンな状態が続いていたので家にいる時間が増えました
なのでゆっくりおオーディオの時間となりましたが何かおかしいです

おとがあちらこちらからバラバラになって聞え全くもって最低の音です

何が変なのかというよりもSP位置以外の何物でもないことは明白です

なのでこの場合わからないのはなぜ位置がずれたのかいうことですが、
まあ、理由はともかく位置ずれを確認して調整といきます

まず左右SPの違いをチェックした結果はやはり予想通り大きく違っています

基本SPの位置調整ははベースに使用しているシナアピトンの位置で調整(測定)をしています
そのベースにSPが左右同じ位置に載っているのかということについては全く疑問をもっていませんでした

予想通りというか残念ながらというべきがベースに対するSP設置位置はまるで違っていました

X軸で10mm、Y軸で5mmもです

これはおかしいな音がでるはずです
一体いつからなのか原因がわからないのではっきりとしたことは云えませんが、
じつは大分前からオーディオを聴く回数が大幅に減っていて、
音を出すときも「たまにはスィッチを入れなくちゃ」の程度でしたので気が付くはずがありません
d0192112_22150493.jpg
[x軸]
d0192112_22144702.jpg
[Y軸]W=910/SPエンクロージャー=700


DG48のスィッチをオフにした状態で一寸調整しただけでしたが、
ぼやけている中でも音像が少しずつ表れてきます
まったく音は正直で面白いものです
d0192112_22132612.jpg
そのあと左右のSP単体を測定後それぞれそのSPの特徴を生かした形で補正
左右それぞれを測定した結果を見てみたら左側71Hzにかなり大きなディップ、
そして4kHzを中心にも結構深い部分ががありました
d0192112_22123197.jpg
この部分を持ち上げたカーブでも補正を行い、
はじめのわけのわからない音はなんとか修正されました
d0192112_22124379.jpg
それにしてもDG-28で得られた(当時は)の満足感と今の不満足感(?)との違いはかなり大きいと感じています

それは以前にも似たような記事を載せたと記憶していますが、
はじめのころは何でも良く聴こえたというところが大きな要因です

少しでもわかってくると調整はとても難しく、
このDG-48があるからと云って思い通りの音を手に入れられるとは限りません
決して魔法の箱ではないのです

魔法の箱は開け方(使い方)がわからないとただの箱です

一旦開け方を知るときっと素晴らしい結果を得られると考え、
日々トライアルをかさねていかなければなりません

そういえばゴローさん曰く「測定すれども機械任せにせず」とあります
自動調整機能をまったく利用していないとのこと

これは経験ののちに備わった聞き分けの出来る耳をお持ちになっていたからに他ありませんが、

ただだからと云って機械任せにしていたらいつまでもイコライザーを使いこなすための訓練になりません
d0192112_22123197.jpg
どこをどのように上げるとまたは下げると音が変化するのかを新ためて勉強してみるということで・・・

d0192112_22121913.jpg
相変わらずグールドが面白いです

80枚入りboxが欲しいのですが高すぎですね
もともと3万円代だったのが今は12万円以上だったかと

縁があればいずれはきっと・・・





by pat_mthny7205 | 2014-06-22 22:35 | audio | Comments(0)